「だふる」原因の3つのポイントとは?

ゴルフの初心者が必ず悩むのがダフりです。
せっかくナイスショットを打ったのに、次のショットが大ダフりでもったいないことをした経験は誰にもあると思います。
では、ダフる原因とはどこにあるのでしょう。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
初心者がダフってしまう、3つのポイントについてです。
右手がダフって痛くなってしまっているという事だったので、ご質問の通り右手がダフって痛くなってしまっている人のために、まず、姿勢を必ず真っ直ぐ、ゴルフって右手の方が下にあって、普通に構えると右に傾きやすいです。
で、さらにボールを上げたかったりとか、雑誌とかに書いてあるハンドファーストっていって、手を前に出す意識を持っていえると、こういう風にハンドファーストにするっていうより、手は前に出て、身体だけ前に出てこういう形で構えている方っていうのがまず、結構多いです。
ですからまずは、正面にしっかりと真っ直ぐ立って頂いて、まっすぐクラブを置く。
グリップはフックグリップとか、こう、ウィークとか色々な握り方があるのですが、まず左右対称にクラブを挟むというか、左右均等な割合で摑んでいるような形で左右対称ぐらいの気持ちでまずは基本的に立って頂く。
基本的にまっすぐのイメージで立って頂くというのが、まずひとつ大事です。
こういう風になっていると最初の姿勢から手前にダフるようなイメージになってしまいますので、まずは真っ直ぐ、鏡など見ながら姿勢をまず正すということが、まずひとつ大事です。
で、ふたつめには今度はバックスイングです。
バックスイングに入るときに、この骨盤の位置が左に動いて回転してしまう人は、クラブの落ちる場所って自分の身体の真ん中に落ちますので、身体の真ん中がズレる分だけ戻ってこれないと手前に落ちてしまいます。
ですから、バックスイングの状態で、骨盤の位置が、多少ズレてもいいのですけど、なるべくズレないようにして身体を回して行く。
これが大事になります。
動かずに身体を回す。
これが大事になります。
そして3つめは、クラブを振り上げない、という事ですね。
クラブを上に振り上げて行くというよりは、まずはテークバックから地面を擦る様な形でクラブヘッドがしっかり低いところから上がっていって、身体が回ったから高い位置に移動しているという感覚で打つことが大事です。
自分で持ち上げればやはりこう、上から下に落として行くという動きが強くなってしまいますので、クラブが低く長く動いて、身体を回した円で戻ってくるような形でブーンと振って頂くことが大切です。
その3つを気をつけて打てば、大体ボールが当たって、ダフったりトップしたりというのは無くなります。
ですから、軸を真っ直ぐ、そして左右バランスを取った構えから身体をこう、流れですね、流れを起こさないようなイメージで、あとは低く長く上げて行って頂いて、回転でボールを打って行く。
この3つをまず意識して練習してみて下さい。

2015年5月19日 「だふる」原因の3つのポイントとは? はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法