【初心者向けゴルフレッスン】ウェッジを使ったアプローチショット(アプローチの打ち方編)

ゴルフ初心者の方が良い当たりをして、グリーンの近くまでボールを運べたのに、アプローチがうまく行かずにグリーンオーバーしたり、ざっくりダフッたりしては楽しさも半減してしまいます。
スコアを縮めるためにはアプローチの打ち方も研究しておきたいですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日は、アプローチの構えをレッスンで直していきたいと思います。
まずはアドレスなのですけれど、先ほどのアドレス、7番アイアンくらいのアドレスと一緒の構えでアプローチをしていたのですね。
今日はまず、アドレスを直すということで、アプローチの構えというのは、基本的に今日やるのは10ヤードくらいのアプローチなのですけれども、ほぼ、足と足がくっつくくらい右足が左足によって行く、というのが10ヤードくらいのアプローチなのですけれども、ちょっと右足を寄せてもらっていってもいいですか?
この時に、基本的につま先の前にボールがあるような感じがすると思うのですけれども、7番アイアンの時と一緒で、左足のかかとからヘッド1個分というのは実は変わらないんです。
で、このままちょっと左足に重心がかかるような感じで構えてみましょうか。
で、バックスイングも、例えばここら辺まで上げて、上げたと同様左も同じ分だけふり幅は行くという感じでちょっと打ってみましょう。
そうですね。
そのような感じでアプローチは打って行きましょう。

2015年5月23日 【初心者向けゴルフレッスン】ウェッジを使ったアプローチショット(アプローチの打ち方編) はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法