初心者は2つの形のアプローチを覚えれば100切りを狙えます。

初心者ゴルファーにとってやはりアプローチは難しいようです。
距離感は?打ち方は?
ゴルフコースに出たときの為にぜひとも覚えておきたいですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
初心者の人が覚えたいアプローチについてです。
初心者の人がまず覚えたいアプローチというのが、基本的に何も手で合わせないで、身体のこのように向きを、右、左と変えていって、クラブがこの、身体の正面にある状態からそのまま右向き、左向きでボールを打っていって、カップに寄せられるようにしてゆくことが大切です。
二種類必要なのは、腰の高さのアプローチと、あと、頭くらいの高さのアプローチ、この二種類があれば、グリーン周りの大体の距離、打てると思います。
腰ぐらいでだいたい20ヤード付近のアプローチ、このように、腰の高さから腰の高さ、このあたりがだいたい10ヤード、20ヤード付近のアプローチになります。
次に頭の高さ、頭から頭、頭から頭、これでだいたい30ヤード、40ヤードの距離を打つことが出来ます。
ですからあまり色々やらずにこの二種類で、同じクラブでこの二種類の振り幅を練習して頂くことで、意外とアプローチの距離が安定してきます。
いちばん良くないのは感じで合わせ、最初に合わせばっかりやってしまう。
強かったから弱く、弱くだったからちょっと強くっていうのを繰り返してしまいますので、まずはフォームで、腰の高さだったらこのくらい飛ぶ、頭の高さだったらこのくらい飛ぶ、という感覚を一回自分で判っていただくということが大切になります。
その中で弱めとか強めというのが出てくると思いますので、まずはこの、腰の高さのアプローチ、そしてヘッドが頭の高さのアプローチ、この二つを練習してみて下さい。
そして二つの振り幅の時の注意点が、この必ず、フェースの向きと自分の傾いた前傾がこう、後ろから見たときだいたい同じくらいに、腰の位置でも頭の位置でもだいたいこのように斜めになっている、前傾と同じような形になっている状態をキープして頂いて、なるべく打つようにしましょう。
そしてクラブの方向はこの身体の幅の中くらいにこう、入れるようにします。
こっちに来過ぎたりするとフェースが開いてしまいますので、身体の中になるべく入れてスイングする。
それを気を付けてやってみて下さい。

2015年5月23日 初心者は2つの形のアプローチを覚えれば100切りを狙えます。 はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法