コースでシャンクが出てしまった時の即席の直し方、すぐ直ってしまう方法

ゴルフの上級者も初心者も問わず悩まされるのがシャンクです。
一度シャンクが出ると、止まらなくなる厄介なシロモノです。
どうにか一回で止める方法はないものでしょうか。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日は、コースでシャンクが出てしまった時の即席の直し方、すぐ直ってしまう方法を皆さんにご紹介したいと思います。
まず皆さん、シャンクってどうやって出るかはご存知でしょうか?
シャンクというのは人によっては先に当たるとか、ネックに当たるとか色々なことを言うのですが、この、ネックですね、シャンク打ったあとウェッジを見てみて下さい。
多分、この辺り、この辺りにボールの跡が付いているはずです。
つまり、フェースではなくてネック、ネックでボールを打ってしまうのが原因なのです。
それはスイングの何が原因かというと、アドレスした手の位置にインパクトの時に手が戻って来ない。
アドレスよりも手が身体から離れたところに戻ってきた時になり易いのですね。
ですから、アドレスした位置に手が戻ってくれば、何の問題もありません。
そのためには二つの方法があります。
その打ち方をご説明したいと思います。
まず、アドレスをして、どうやってシャンクになるかというとこの、アドレスの状態よりも手が外へ来た時にネックに当たってシャンクになるのですね。
こういう状態、なぜそういうことが起こるかというと、右の膝が早く前へ出てしまうとアドレスした位置よりも外へ行ってしまうことがあるのですね。
ですから、即席でシャンクを直す一つの方法としては、いつものアドレスをした状態から右のつま先を外側に向けます。
この状態で普通に打ってみてください。
まず、この状態だと右の膝が前へ出ることがないので、手が自分のアドレスした位置に戻りやすいです。
では、もう一つの方法です。
もう一つの方法は、通常フェースの真ん中でボールを構えてアドレスしますが、フェースの先、トウではなくて、トウよりも少し離したところにボールをアドレスして、ここで通常のアドレスですね。
このアドレスから、いま、トウの先に外したボールを打ってください。
そうすると、手が少しぐらい外へ出ていって、ちょうどボールに合うということですね。
そのままだと先に当たってしまうので、必ずそういう時は右サイドが動いてくれてボールをちゃんと捉えてくれるはずです。
この状態のアドレスから打ってみてください。
必ず右サイドが正確に動いてボールをちゃんと上げてくれます。
この二つの方法があります。
私は、お勧めするのは後者の方ですね。
ボールを先の方でアドレスして打ってみて下さい。
また、それがどうも違和感があるようでしたら、普通のアドレスから右足のつま先を後ろに開いて、それでスイングしてみて下さい。
この二つの方法、どちらかをおやりになれば必ず、一回でもうシャンクは止まってしまいます。
是非試してみて下さい。

2015年5月30日 コースでシャンクが出てしまった時の即席の直し方、すぐ直ってしまう方法 はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法