右手に力が無意識に入ってしまう、右手の力を抜くには?【安藤秀&コンバインドプレーン】

インパクトの瞬間のプロゴルファーのスイング写真を見て、それを真似てみようとしたことはありませんか?
でも、それで上手く打てたでしょうか?
今回はその中でも特に右手の使い方について、私たちの誤解を解いてくれます。
必見ですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回も、プロゴルファーの連続写真の形の一瞬、その一瞬を真似することによるスイング学習の落とし穴について説明して行きます。
今回のテーマは、インパクトの瞬間の右手の形です。
それでは解説して行きます。
インパクトの瞬間、プロゴルファーのインパクトはほとんどこうなってますよね。
このときのこの右手の形、この右手の形を真似したいと思っている方は多いと思います。
そして、この右手はボールを押すように使われている、というふうに感じている方は多いと思います。
そしてそのように真似て、このようなインパクトをイメージしている方は多いのではないですか?
しかし、実際はこの形はその用によって作られたわけではありません。
この、当たる瞬間のこの形は、トップオブスイングからクラブが下ろされてくる、これによって引き付けられた右腕が身体の回転でここに運ばれている。
つまり、この時の右手には、こちらの方向への力は加わっていないのです。
こちらに下ろした右腕が、身体の回転でここに運ばれている。
ちょうど重い扉をグーッと開ける時に、右手を身体に引き付けて腰で開ける。
いいですか?
右手を身体に引き付けて、腰で開ける。
このような形になっているのです。
ですから、インパクトのこの瞬間の、この形には右手はこちらの方向には力は加えていないのです。
ですから、この形を無理に作ろうとして、このような形をイメージしてスイング練習してしまうと、左肘がこういう向きになった場合はボールは右方向にぐるっと曲がってしまいます。
そして、当たる瞬間に、左手がこのような動きをした場合には、左に出て左に曲がる、通称ダッグフックというようなボールになってしまいます。
いいですか?もう一度言います。
インパクトの時の、この右腕の形は、トップオブスイングから引き下ろされた右手が、回転でここに運ばれた形なのです。
いいですか、ここのところを頭に入れて練習してみて下さい。
いかがでしたか?
プロゴルファーのインパクトの時のこの右腕には、クラブを目標方向に押したり、ボールを潰すようにする力は一切含まれておりません。
プロゴルファーのインパクトは確かにそういう風に見えますけれども、今回説明したことを頭に入れて、インパクトの形を練習してみて下さい。

2015年6月6日 右手に力が無意識に入ってしまう、右手の力を抜くには?【安藤秀&コンバインドプレーン】 はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法