ゴルフ スライス修正法 インサイドアウト編 – 今井純太郎

ゴルファーなら一度は経験するプッシュスライスやシャンク。
ゴルフをするのがイヤになったり、怖くてクラブを振れなくなったりもします。
そんなプッシュスライスやシャンクを防ぐ方法があるとしたら気になりますね。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
今回は、インサイドアウトに行って目標より右に出てスライスが多い方、またはシャンクなど出てしまう方、そういう方の修正方法をお伝えしたいと思います。
まずひとつはバックスイングですが、バックスイングでよくクラブをこちらに引く、また、体重移動をしないといけないのでこのままバックスイングをして肩が落ちてしまう。
そうしますと身体が回転運動ではなく、こういう運動になってしまうので、上下の運動ですね、そうすると、クラブがこうありますと身体が揺れるとこのようにインサイドから落ちてきやすくなります。
と、いうことで、まずバックスイングで左肩が落ちないように、または腰が横にスエーしないように、ということをチェックしてもらうことをお勧めします。
もうひとつは、今度、トップに行ったとき、トップまで行ったとします。
その状態から、ボールというのは下にあるので、このようにトップに行った時点ではクラブは上にあります。
下のものを上から打とうとしますと、どうしても上から下、上から下の動作になり、この肩が極端に上がってくるという状態になります。
と、いうことで綺麗にバックスイングが出来たとしてみても、そのまま下にあるボールを上から打とうとして、ってなりますと、クラブは当然上から下に動くとこう、インに入りますので、もうひとつのチェックポイントはトップからダウンスイングでこの肩が上がらないように、このようにならないように、これが、このままスーッと、同じ状態で下りてくる。
このような練習をすることをお勧めします。
最後にもう一つ、インサイドに入るとはどういうことかと言いますと、いろいろと連結しているのですが、インに入る腕を意識することも出来ます。
クラブがインサイドに入るということは、腕が浮きます。
こうなると極端にインからアウトに行き、先ほども言ったようにシャンクになってしまったりします。
と、いうことでもう一つ気をつけたいのは、この腕がトップから胸に、胸から離れないように胸にそのまま付いたまま行く。
こうなりますと、トップから腕が離れず、胸に付けようと思いますとインからは下りずに、しっかりとこう、下りてくるようになります。
と、いうことで、この3つのポイント、バックスイングでは腰が移動する、肩が落ちる、こういうことが無いように。
また、トップから、上から下に打とうとして肩が上がり過ぎないように。
そしてもう一つは、このまま腕が身体から離れないように。
それらの感じをチェックしてもらうと、インサイドアウトでプッシュスライス、シャンクなどが修正されてきますので、皆さん、一度試してみて下さい。

2015年6月9日 ゴルフ スライス修正法 インサイドアウト編 – 今井純太郎 はコメントを受け付けていません。 スライスの直し方