スライスしないテークバック

ゴルフをする上で、なかなか厄介なのがスライスです。
そのスライスが、テークバックの上げ方に工夫を加えるだけで直るとしたら嬉しいですね。
どのような方法なのでしょうか。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
今回紹介するのは、スライスをなくす為のテークバックを紹介していきたいと思います。
スライスをなくす為のテークバックなど、聞いたことがないと思われる方も多いと思います。
が、しかし、スイング軌道で、ダウンスイングの時にスイング軌道がカットスイングからインパクトに入るときに、このようにカットスイングで入ってしまう方は、テークバックの上げる方向が大きく影響していると思います。
それでは紹介していきたいと思います。
それではまず、スライスの原因となるスイング軌道から紹介していきたいと思います。
このようにボールにアドレスした場合、両肩とボールを結ぶこのラインですね、プレーンに対して、ダウンスイングでこのプレーンを追い越してしまって、このようにアウトサイドからインパクト、このようにインパクトしてしまうものがスライスのいちばんの原因となります。
もっとも、スライスをなくす為にはこのラインよりインサイドからインパクトしてゆく事によってボールにドロー回転、フック回転をかけることによってスライスをなくすのですが、この、インサイドからの軌道を作るために練習をする方をよく見ますが、練習されている方を見ると、よく、インサイドを意識しすぎてテークバックでもインサイドに上げようとされている方が多いと思います。
このようにインサイドにテークバックをしてしまうと、このように右ひじと身体に空間が無くて窮屈な状態になります。
この状態でトップを上げてしまうとクラブが下りるところがないので、身体が開いてからインパクト、いわゆるやっぱりカットスイングになってしまうので、テークバックをインサイドに上げすぎるということが、逆に悪循環、カットスイングを作ってしまう原因になります。
ですので今回紹介したいのは、テークバックではインサイドではなくアウトサイドに上げて、ここにクラブの、ダウンスイングの時にクラブが落ちてくるふところを作るというのをポイントとして紹介したいと思います。
それでは、アウトサイドにテークバックを上げると、どのような点でメリットがあるのか紹介していきたいと思います。
テークバックで、アウトサイドに上げるということは、グリップが身体から遠く、大きなトップを作れる、というメリットがあります。
また、このお腹の前ですね、右ひじの下、ここにふところというのですが、テークバックした際、アウトサイドに上げた場合、ここが広くなる。
ここを広くすることによって、ダウンスイングで身体に右ひじが付いてインサイド、という形でヘッドスピードも上がる。
なので、今回はインサイドにテークバックした場合と、アウトサイドにテークバックした場合の違いを打ち比べてみたいと思います。
みて頂いた通り、テークバックの上げる方向を変えるだけで、ダウンスイングの方向が、カットスイングがインサイドに直すことがわかりました。
皆さんもいちど、試してみて下さい。
本日はこれで終了となります。
ありがとうございました。

2015年6月20日 スライスしないテークバック はコメントを受け付けていません。 スライスの直し方