飛ばすゴルフ 体の軸を中心にコンパクトに鋭く回転する方法

ゴルフでは、身体の軸を保ってコンパクトに振ると飛距離が出ます。
その回転に、鋭さが加わればさらに飛距離は伸びますね。
では、どのように練習すればコンパクトに、鋭くクラブを振ることが出来るのか知りたいですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日はクラブを丸く振るということについてもう一度説明したいと思います。
どんなところから出てきて、どんなところへ振りぬくのか、身体の使い方など説明したいと思います。
ちょっとバックスイングしてみて下さい。
肩と腰の捻転差を変えずに腰とひざから戻してくると、胸はまだこっち向いてますね。
グリップエンド、こんなとこ向いています。
右ひじ曲がったまま左手の甲を出して下さい。
この、手の平こっちね、こちらに引っ張ると背中回りますね。
ほら、これで円運動です。
もう一回。もう一回やります。
右ひじ曲がったまま、左の背中を引っ張ると円運動になりました。
もう一回上げてください。
このときによくやるのが、グリップエンドを前に出しちゃう人がいるのですが、これはもう絶対にアウトサイドインになります。
はい、戻って。
これはもう、絶対ここから動かす気持ちないです。
腰からね、はい、そうすると右腰真横に来ますね。
グリップエンド右向いてます。
このときにですね、このシャフトのここ根元、元調子、ここですね。
ここにキックポイント感じるんですね。
ちょっと膝当ててみてください。
4時半の方向からだとピーンと回りますね?
もう一回やってみて。
はい、それが3時だったらどうですか。
3時だと勢いがないですよね?
勢いが止まっちゃうんですよね。
もう一回バックスイングしてみて下さい。
はい、腰から。
このときに、今、膝を当ててクラブを丸く振りましたけれども、ここで、このグリップエンドというものが、引き手になりますよね?
すぐに左腰を指します。
ここから左腰を指して下さい。
そうすると身体に引きつけるようになって右肘が曲がります。
これがよく、ここから前方に押し出してしまう人がいます。
これだったらフェース開いちゃうんですよね。
これは、ダメです。
もう一回やってみてください。
先ほどのキックポイントを感じて、膝がここに当たっています。
その要領で左腰をクッと指すんです。
こうすると、円軌道になりますよね?
はい、それと、もう一回バックスイングして下さい。
これ、クルリンチョですね。
はい、下ろしてきます。
右手人差し指がこんな感じでクルリンチョ。
見てください、この角度。
完全にこれ、皆さんから言うと下から入っているように思いませんか?
実は違うんですよね、これ。
身体の近いところで振れば振れるほど切れて行きます。
ね、クルリンチョ。
はい、クルリンチョ。
そうですね。
そうしたら、ループドリルありますね?
ちょっとやってみましょう。
ループドリル、これなんかもう、かなりこの、インサイドから切り込んでこないと打てません。
ここにキックポイント感じて、そのまま鋭く左へピッとね。
じゃあ、打ってみましょう。
はい、上げる。
はい、普通のスイングね。
ループドリルやってみましょう。
上げて、ね。
これなんかもう、シャフトがかなり身体に巻きつくように下りてこないと打てませんよ。
グリップが前に出て、ね。
是非皆さん、このクラブを丸く振るということを理解して頂きたいと思います。

2015年6月22日 飛ばすゴルフ 体の軸を中心にコンパクトに鋭く回転する方法 はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法