≪ゴルフ≫正しいテークバックの上げ方

ゴルフをプレーするのに、まず最初にゴルフクラブを振るためのスイングの始動であるテークバックをしなければなりませんね。
この、テークバック、ナイスショットを打つためには、実は凄く大切なのですが、何かスムーズに出来る方法やポイントはあるのでしょうか。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回は、アドレスからトップまでの上げ方についてお話したいと思います。
まず、アドレスをします。
アドレスからどのように上げて行けば良いかと言いますと、このようにアドレスをして、ここからまず、時計の針に例えます。
背中に時計があると仮定して、順番にゆっくり上げて行きたいと思います。
まず、アドレスの位置というのは12時6時という中心にあります。
そこから、まっすぐ真横に上げます。
この時というのは、腕が7時です。
7時、真横にまっすぐ7時。
次に8時、腕が8時。
腕が8時になった時にシャフトは地面と平行で、なおかつ飛球方向と平行です。
そして、このフェースの面は、正面を向いてます。
若干前傾している分、フェースは被ります。
ここが8時の位置です。
もう一度やります。
6時、7時、8時ですね。
ここから次は9時です。
9時まで行きますと、6時、7時、8時、腕が9時。
9時まで手が上がった時にここのボールとグリップとヘッド、これが一直線になる位置まで上げて行きます。
6時、7時、8時、9時です。
この時に、ボールと手とヘッド、クラブヘッドが一直線。
このまま、少し身体を入れると、腕が10時まで行きます。
この位置で、トップの位置は完成です。
これをスムーズに一度やってみます。
6時から10時まで行きます。
このような形で上げてゆくと、正しいトップの位置が出来ると思います。
だいたい多くの方に見られる欠点は、バックスイングからトップまでの間に、ここからこのように身体が伸び上がる人がたくさんいらっしゃいます。
このように伸び上がると、アウトサイドインに軌道が下りてきたり、このようになると反対に身体が起きて、スライスの原因になります。
このようになるので、この位置から頭が上がらずに、体重は下へ下へ、地面の方向に体重がかかることが重要なポイントになります。
皆さんも是非一度、お試し下さい。

2015年6月23日 ≪ゴルフ≫正しいテークバックの上げ方 はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法