初心者専用ゴルフスイングの基本【ボール位置】

ゴルフでいつも悩むのがボールの位置です。
ドライバーからウェッジまで、ボールの位置は同じにするのか、違うのか。
はたまた左足寄りが良いのか、右足寄りが良いのか悩みますね。
何か良い解決方法はないのでしょうか。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ボールに位置についてです。
ボールの位置は、やはりクラブを身体の真ん中に置くので、ボールは左のかかと付近、このあたりにどのクラブ、サンドウェッジだったりフェアウェーウッド問わず、だいたいこのかかと付近にあるといいです。
何でか、というと本当はゴルフは身体の正面で打たなくてはいけません。
しかし、身体が右から左回転しています。
と、いうことは、重心もわずかですが右に動いてそれが左に少しだけ身体を回すことによって動いています。
ですから実際のインパクトの時の身体の正面というのは、アドレスで構えた時より少し、わずかに左のラインになります。
ですからニュートラルなポジションとしては、身体の少し左、左のかかと付近にボールを置いておくことで、身体の真正面でクラブが打てるという状況になります。
ですから、本来、右に置くとかというのは応用で、短いのは右とか言うのはここでこう、当てやすかったりとか、低い球を打つというような状況に使うので、基本的には練習場などであまり右とかに置かずにこの左に置いて、回転して打って行くという事が大切になります。
右に置いて、練習場のマットなどで練習していると、こう、刺した動きでもある程度マットで滑ってしまいますので、よく練習場のマットでは滑るからあまり簡単、難しい、みたいな話になってくるのですけれど、左に置いて滑っている分には芝の上でもある程度滑って行きますので、右に置いて叩き込んで、マットのおかげで滑っている人は芝の上に行くとガスッと刺さって進みませんが、左に置いて、回転してこう、クラブが滑っている人に関してはコースに行っても同じように少しダフり気味に入っても、回転とともにボールをクラブが運んでくれますので、基本的な、ニュートラルな場所というか、基本的な位置は、少し身体の左側、場所でいうと左かかとの付近のあたりにボールを置いた方が自然です、というお話でした。

2015年7月4日 初心者専用ゴルフスイングの基本【ボール位置】 はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法