バックスイングでの腕の使い方は振り上げない!!

ゴルフでは、バックスイングでの身体と腕の関係について、様々な考え方があるようです。
常に同じタイミングで、確実にボールをヒットすることが出来るようになるにはバックスイングでの腕の使い方を、どのように練習すればよいのでしょうか、とても気になります。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
バックスイングでの身体の回し方と、腕の関係についてです。
よく腕をこう、縦に振るというか縦に上げる、そして身体は横に回す、のような理論があるのですが、やはりいろいろ組み合わせて、手を返す、腕を上げる、身体を回す、みたいなことを全部組み合わせてやると、ゴルフのスイングってかなり、やはり複雑になってしまいますので、まずは、基本的には身体を回しただけでクラブを動かすというイメージの元で打って頂いたほうが、簡単だと思います。
で、ゴルフクラブをこう、このようにアドレスの状態で持っていると、腰の高さに、前傾なしだとなります。
その時に、身体を右、左と回してゆくと、当たり前なのですが、地面と平行に、このように動いてゆきます。
これを前傾して頂くとどうなるかというと、関係はこのように変わっていなくても、前傾すると、大体この辺まではクラブを、身体の回転だけでクラブをこの高さまで上げることが出来ます。
あとは、大体皆さんがよく言っているコックといって、手首が少し曲がる角度が、ほんのわずかです。
こういう風に折ったりしなくてもですね、少し手首がヘッドの重みというか、少し軽く曲げるような形で少しだけ向きを変えて、この辺まで上がるのに、少しクラブを垂直に立てる。
このくらいの動作でも、バックスイングはほぼ完了だと思って頂ければ良いので、ほとんど腕をこう、上げたり下げたりというのはしなくて大丈夫です。
身体の向きだけで、クラブが意外と高いところまで上がりますので、そこまで上げて、あとは向きだけでこのようにボールを打って行くことは大切になります。
向きだけで上げる。
自分でこのように振り上げたりすると、こうやって振り下ろすような動きだったり、回せるのにこう、手を下から入れたり、というのが出てきてしまいますので、まずは向きを変えることで、クラブは意外と高い位置に上がってくれるというのが理解できて、そしてそれを上手く実行できると、あまりストレスなくスイングすることが出来ると思いますので、腕はまず振り上げないで、身体をしっかり向きを変えて、身体を入れ替えて打つ、ということを気をつけてやってみて下さい。

2015年7月5日 バックスイングでの腕の使い方は振り上げない!! はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法