⑥「ドライバーのボールの位置!」 GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」

ゴルフでは、ドライバーとアイアンのボールの位置は同じなのか、違うのかで多くの初心者ゴルファーが悩んでいるようです。
でも、実はそれぞれのクラブの特性を知れば、解決してしまうかもしれません。
ドライバーでボールが上がらない、という悩みがある人には良いヒントになるかもしれません。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回は、ドライバーのボールの位置。
まずですね、そもそもアイアンです。
アイアンとドライバーの違い、大きな違いがひとつあります。
アイアンというのは、円を描いてきて、上がり際でボールを捉えると思っている方が非常に多いです。
ボールの先に跡が付くのです。
と、言うことは、ボールの手前に最低点というのが来るのではないということです。
最低点の手前でボールを拾うことが出来るので、アイアンはナイスショットが生まれるのです。
ただ、ドライバーはですね、この、角度が無いので最低点の手前でボールを捉えてしまうと壁になって、余計ボールが上がらない状態になってしまいます。
ですので、角度がない分、ドライバーというのはボールをですね、若干左めに置く。
つまりは足の幅が広くなるということです。
ボールの位置をズラす必要はあまりないですけれども、若干左寄りにはなってきます。
なので、ドライバーのイメージ、入射角ですね、アイアンと同じようにガッコンと打つわけではなくて、構えました、すると大体自分の身体の中心というのはおへその前ですから、構えた、おへそのところで一旦、円が落ちて上がるよ、の時に当たるのでナイスショット、クリーンショットが生まれるのです。
上がり際でボールを当てて行く事によって、ボールが楽に上がります。
それ、今から打つのですか?
はい。
ドライバーはこう、長いので、前傾が浅くなるにしても、もうほとんど棒立ちなので、これ、飛びそうにも見えないでしょ?
少し不安かもしれないのですけれど。
これぐらい?
もっともっともっと、グッと。オッケー
へえ?
はい、どうぞ。
ほらー。ナイスショット。
ありがとうございます。
嘘は言いません。

2015年7月6日 ⑥「ドライバーのボールの位置!」 GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」 はコメントを受け付けていません。 ドライバースイングの基本