飛ばすゴルフ 腰の切れでハーフショットの練習

ゴルフではよく、腰を切れと言われます。
腰を切れといわれても、実際にどうすれば良いのか、どのような練習をすれば良いのかよく判らないのではないでしょうか。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日はね、腰のキレで打つ、ですね。
いま、ハーフショットですよ、ハーフショットを腰の切れでスパーンと打ちます。
はい、ナイス。
もう、ライン出し、アゲインスト。
最高の打ち方ですね。
腰のキレで打つ為の身体の使い方、教えましょう。
こういった板を土踏まず間に挟んだり、膝との間にボールを挟んだりしてね、内腿を鍛えるんですね。
内腿を鍛えると、この捻転差を使えます。
例えば大きなドアを両手で挟んで左に回す。
こっちね、左に回して。
このときに使うんですよ、内腿。
もう一回。
はい、回して、切る、そうそう。
これね、内腿が使えないと身体が流れます。
内腿がだらだらしていると身体が流れちゃうんですね。
ですからしっかりこれ、挟みます。
その時に、腰の使い方も大事です。
これ、ベンホーガンも言ってますけれど、ここに、ゴムバンドが接着されて後ろの壁と繋がっています。
そのゴムバンドを、引っ張る。
はい、こういう使い方ね。
これ、全く腰を置いておいて身体を捻るなんて出来ません。
窮屈になって打てませんから。
これを引っ張る感覚プラス、太ももを硬くして下さい。
これがね、流れちゃダメです、右ひざが伸びてもダメ。
絶対ここは動きません。
しっかりこれ挟んでると出来ますから。
オッケー、この使い方ですね。
あと、今この板、注目して頂きたいのですけど、これね、エイトフィギュア出ましたね。
これ挟んでみてこれイメージしています。
こう来て、右のズボンのこの線上まで、人差し指でこう、なぞってその内側をクルンと回る、こういう使い方をすると内腿も、腰の切れも使えるのですね。
はいじゃ、ちょっと挟んで。
その時に、上半身と下半身の、捻転差を作ることが大事ね。
その時に、腰からスタートし、そうそう、もう一回。
スムーズにやってみましょう。
振っちゃっていい、振っちゃって、そうそうそう、もう一回。
この使い方見てください。なぞっていってそうそうそうそう、一瞬ね、この上半身の、回してみて、肩よりも腰が先に動くんですね、これ。
そうすると、これ見てください、カパッと割れるような感じ、もう一回。
上げて、そう、ここ、振り遅れるんですね。
ちょっとね、振り遅れるというか肩が遅れて来るんですね。
ここがパカッて開く感じね、右のこの辺、袖口のところがカパって開く感じです。
そうすると腰が先に行って、上半身、肩が遅れてくる感じが出来ますね。
スパーンともう一回、捻って、なぞってやってみて。
右手で、スパーンとね、その感じでじゃあ、打ってみましょうか。
これよくやっているんですよ。
今回、夏合宿でも是非これやりたいと思います。
じゃ、もう一回打ってくれる?
しっかりね、土踏まずで挟んで、あのベルトを引っ張る。
その、エイトフィギュアでクルッと。いいです。
もう一回やってみようか。
はい、オッケー、ありがとう。
是非、この練習やってみてください。

2015年7月7日 飛ばすゴルフ 腰の切れでハーフショットの練習 はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法