ダウンスイングの力みのない正しい入り方とは?

ゴルフでは目から入る景色や、気持ちが逸ってしまうと力んでしまいます。
そして結果は良くないことが多いです。
力まずにダウンスイングに入るには、どうすれば良いのでしょう。
これを参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ダウンスイングの入り方についてです。
ダウンスイングの入り方は、まず、色々ありますね。
身体を回して左足に踏み込んだりとか、右足を蹴るとか、腰を切ってゆくとか色々あります。
本日の場合は本当に力を入れない為の方法、ですから最初は打ってる感じがしないかもしれませんが、まず、バックスイングで身体でクラブをしっかり、身体を右に向けていただいて、手はあまり曲げず、垂直くらいにしていきます。
で、垂直くらいにしていただいて、クラブが垂直になるとですね、手元のだいたい上の状態にヘッドがありますので、だいたいこう、あまり女性の方でも支えられるくらいの重さになると思います。
これが少しこう、倒れて行くとですね、まあ手とか腕に重さを感じるようになり、重さを感じるようになるとまず、腕が力んできますので、ダウンスイングで力が入ってしまうという原理になってます。
ですから、気をつける事は垂直くらいの体勢から、そのまま垂直にしたままこのクラブが、こうやって落ちる重さ、この垂直に重力で落ちる重さを利用して、手にはクラブは引っかかってはいるのですけど、それを、クラブに手元を下げてもらうような形。
自分で下げに行くのではなくて、腕とクラブが重力でこう、下げられるようなイメージ、そうすると、だいたいクラブ、この時点で身体を最初に回してしまうと手が前に出たりとか、クラブがこう倒れたりするので、ボールに戻りにくくなってしまうのですが、いわゆるインサイドに下ろすというような動きは上手く自然にクラブの重みが手を動かしてくれる、重いので手を動かしてくれる、で、インサイドから入ってくる。
そのまま身体を右に向けてバックスイングしているので、そのまま右向きを、左向きに、今のように変えてゆく。
と、いうのが一応、ダウンスイングの力が入らず、重力で落として頂いて、向きを変える。
これをまず、ゆっくりやってもらう、というのが大事になります。
上げて、落ちたので向きを変える、みたいな形でやっていただくと力みのないダウンスイングが判ると思いますので、是非試してやってみて下さい。

2015年7月17日 ダウンスイングの力みのない正しい入り方とは? はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法