ゴルフ上達練習法!! プロゴルフコーチが教えるバーディ スイング ドライバー アプローチ アイアンの丸秘レッスン!!

プロのスイングを見ていると、腰から始まる豪快なスイングで打って行くプロが多いですね。
あんな風に打ってみたいと思って真似しても上手くゆきません。
上手く行かない原因と、私達が気持ちよく打てる方法をここでは教えてくれています。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
実際にプロのスイングとか見ますと、スローモーションや連続写真で見ると、トップのポジションからダウンスイングの始動時に腰からスイングをスタートしているという選手が多くいます。
実際、トップのポジションからプロのスイングというのは手からでも肩からでもなく腰からスイングをスタートしている人っていうのが多くいらっしゃいます。
トップのポジションから、腰からダウンスイングをスタートしても、プロの選手は肩と腕が遅れを取らずにしっかり腰に付いていけてる状態なのです。
で、アマチュア選手がそれを真似て、トップのポジションから腰から行こうとすると、腰だけが行ってしまいやすくなります。
そうすると、肩も腕も腰に付いて行けず、腰だけターゲット方向に移動して肩と腰が遅れた状態でインパクトしてしまいます。
これは絶対にいけません。
プロ選手は確かにトップのポジションから、腰からダウンスイングをスタートさせているのですが、そのあと肩と腕が腰に遅れをとらずしっかり付いて行きます。
石川遼選手などはトップのポジションから思い切り腰から行きます。
そのあとしっかり肩と腕も腰に付いて行きます。
インパクトの瞬間などはもう身体が、腰が思い切り回っている状態なのですが、肩と腕が遅れをとらずしっかり付いて行っています。
なので球筋が安定しています。
アマチュア選手は絶対にこれを真似ないで下さい。
トップのポジションから腰から行こうとして、腕と肩が遅れをとると球筋は絶対に安定しません。
なので、トップのポジションから、腰から行っても肩と腕がしっかり付いて行くことが出来れば問題ないですが、トップのポジションから腰から先に行ってしまうと、高い確率で肩と腕が追い付けなくなってしまいます。
なのでこの1つめのスイングの、方向性を重視するスイングではトップのポジションから、腰から絶対に行きません。
腰からではなくて、肩からスタートさせます。
これは方向性を重視するためです。
なので絶対に腰からダウンスイングをスタートさせず、左肩からスタートさせて、それに腰が付いてくるというスイングを意識して下さい。

2015年7月19日 ゴルフ上達練習法!! プロゴルフコーチが教えるバーディ スイング ドライバー アプローチ アイアンの丸秘レッスン!! はコメントを受け付けていません。 ドライバースイングの基本