ダウンスイングの体重移動でドライバーの飛距離をアップさせる方法とは?

ゴルフでは体重移動がうまくいかずに飛距離を損する人が多くいます。
プロゴルファーみたいに体重移動で思い切りボールを飛ばして行く練習方法を見つけました。
参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回紹介するドリルは、ドライバーの飛距離をアップさせる、左足ティ打ち込みドリルというドリルになります。
このドリルを行う時にはティをご用意していただきたいのですが、このようなショートホールのアイアンで使うような低めのティをご用意して下さい。
じゃあ、ちょっとやってみましょうか。
まずはこの短いティを地面に刺し込みます。
全部差し込まず、少しだけティを浮かせて差し込んで下さい。
で、このティの上に左足の左側面を乗せます。
このときには左足の左側面が浮いた状態でオッケーですのでこの状態でアドレスします。
この状態からいつもどおりバックスイングを上げ、トップのポジションからダウンスイングをスタートさせる時に、腕の動きをスタートさせると同時にこのティを地面に踏んづけて下さい。
そうするとこのように、ティが地面に刺さります。
トップのポジションから、左足の左側面のティを地面に打ち込んで振って行く。
そうすると自然と体重が左側に乗るようになります。
飛距離がアップしない原因の一つというのが、ダウンスイング時に正しくターゲット方向に体重移動が出来ず、身体の右側に上半身が残ってしまってスイングしてしまうと距離は出なくなってしまいます。
このようにトップのポジションから左足の左側面の下にあるティを地面に踏んづけることによって、自然と体重移動が生まれます。
体重移動が生まれることによって、下半身がターゲット方向に移動して、それと一緒に上半身もターゲット方向に移動して、正しい体重移動を生むことが出来ます。
例えばサッカーの選手でも、ボールを蹴る時には左足が軸足になって、右足が蹴り足になります。
この蹴り足の右足はボールを蹴る時に動いても良いのですけども、左足がしっかり軸足となって踏ん張る事が出来なければ、正しくボールをヒットすることが出来なくなってしまいます。
このドリルを行うことによって、左の体重移動が出来るだけではなく、左足をしっかり踏ん張って左足を軸足にする練習も出来ます。
次回からも本日ご紹介したようなドリルをご紹介して行きますので、頑張って、一緒に上達して行きましょう。