[動画有り]左にぽーんと体重移動する裏ワザ

ゴルフ初心者のみならず、上級者の人でも出てしまうダフリですが、どうすれば止まるのか、解決方法を知りたいです。
ここで良いヒントをご覧ください。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーでの、コースで出てしまうミスへの対処法、というのをお伝えして行きます。
今回の内容は何かというと、ドライバーでダフってしまう、こうやって地面を叩いてしまう、そういった時への対処法です。
まず、ドライバーでスイングをする際に理想的な動きというのは、振り下ろしてきてクラブが最下点を迎え、そこから少し上がりながら当たる、アッパーブローという形が理想的です。
そうなのですが、ダフってしまったというのは、その最下点がもっともっと手前になりすぎてしまう、その結果手前の地面を叩く、という方が多くいらっしゃるんですね。
ですのでアッパーブローといってもボールの直前で最下点を迎えて、少し上がりながら当たる形が理想なのですけれど、あまり過度に最下点が手前過ぎても良くないので、そうなってしまっている方への対処法になります。
その、最下点が手前にずれてしまっている方というのは、簡単に言うと体重が右に残りすぎてしまっている方です。
そうすると、どうしてもクラブの最下点というのがどんどん手前になってくる傾向があるのです。
ですので体重移動というのを意識してあげると、最下点の位置がだんだんボールの方に寄って行き、過度にダフるというのが消えて行きます。
そこでのひとつの練習法です。
それは何かというと、右足のかかとをあらかじめ少しアドレスの状態から浮かして、このままスイングをして行きましょう。
そうすると、スイングのイメージとしましては、右足かかとを上げておくことで、まずバックスイングで右へ過度に体重移動というのはしづらくなります。
ほぼイメージとしては5対5の体重のまま、その場で振り上げるようなイメージになるでしょう。
そしてダウンスイングでは、かかとを付けられないので右足に体重を残しておくというのが少し難しくなるので自然と左にぽんと乗りやすくなるという傾向があるのですね。
ですので、かかとを上げてバックスイングで右にズレすぎない、そしてダウンスイングで左足にスムーズに乗ってゆく。
こういった体重移動が促され、結果的に最下点の位置がだんだんボール方向に寄って、ダフりというのが出づらくなってきます。
ですので、かかとを上げるスイングというのをひとつやってみると良いかと思います。
一度、打ってみます。
構え、そして右足かかとをあらかじめ浮かします。
浮かした状態で、バックスイングでは右に動きずらいですけどもそのまま回転して、左足に乗って行く。
で、フィニッシュではしっかり右足に体重が残らないような、こういった状態を作ってみてください。
これによってダフリというのは消えてくるのでドライバーを含め、アイアンやフェアウェーウッドなどでもやってみると良いでしょう。

2015年7月19日 [動画有り]左にぽーんと体重移動する裏ワザ はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法