インパクトで左脇があきスライスが出ます。直し方を教えて下さい。

ゴルフではインパクトで左ひじが引けてしまって打っている人を多く見かけます。
ボールの行方も定まらないですし、カッコ悪いですね。
これを直す良い方法はないのでしょうか、是非これをご覧下さい。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
インパクトで左脇が空いてスライスが出てしまいますというご質問をいただきました。
インパクトで左脇が空いていると、確かにスライスしてしまうのですが、左脇が空くのでスライスするのではなくて、左脇が空くことでフェースの向きが開いてボールに当たるので、こう、スライスしてしまうという状態だと思います。
ですから左脇が空いていること自体にスライスする原因、というよりは開いたことによってフェースが開いてしまうというのが原因になります。
ですから、あまりフェースを開かないようにしていれば逆にひじがそんなに身体にくっついていなくてもスライスはしません。
で、ひじの考え方としては、意外とみなさんひじをこのように空いてしまいますから、スライスして右に行くというイメージがあるので、何とかこう、身体にすごくくっつけようとするのですが、これだと逆に身体が回る幅がここにありませんので、ブレーキをかけた状態で身体を回さなければいけませんので、最終的にはフォローで止まってしまって手が返って引っかけなどが出てしまいます。
それを合わせようとするとやはりこのように開いてしまいますので、ある程度バックスイングでも右ひじの空間というのはこのように身体の前にありますので、反対側のフォロー側にもあまりこう、ひじを身体にくっつけるというよりはひじがこのへんに空間があるようなイメージで、この空間に向って身体がこう回ってきて、最終的にはわきが締まっているというようなイメージがあるといいのではないかなと思います。
意外と、締めようとして最終的には空いてしまいますので、空いている空間の中に身体が回ってくるようなイメージで振っていただいた方が自然に当たりますので、あまり締めるというよりは、逆に少しゆとりがある感じのまま身体をしっかり回すという事を考えていただいた方が最終的にひじが伸びやすくなってきますので、変なふうに引けたりというのは少なくなってくると思いますので、注意して練習してみて下さい。

2015年8月8日 インパクトで左脇があきスライスが出ます。直し方を教えて下さい。 はコメントを受け付けていません。 スライスの直し方