スライス退治!左肩を開かないで打つ (1)

ゴルフでやっかいなものがスライスです。
スライスを直すには左肩を開かないように打てと言われる人も多いと思いますが、どうの様にすれば左肩が開かなくなるのでしょう。
ヒントを教えてくれています。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
今日は、ズバリ身体の正面とはどんな感じかというのを説明したいと思います。
一般にですね、はい、構えて下さい、バックスイングして、戻してくる、クラブ戻してきて、身体の正面。
プロならこのような身体の正面、捉えることができますけど、アマチュアの場合はトップから上げて、だいたい正面戻してきた時には身体は開いています。
ね、身体は開いてインパクトしてしまう。
そうするとやっぱりボールが左右に散らばるので、本当の意味で正面というのを説明したいと思います。
回れ右して下さい。
そしてクラブをボールに合わせて下さい。
こんな感じですね。
そして、クラブを上げて下さい。
肩のラインに、はい。
そして、少し正面ですね、肩、身体が左肩開かないようにクラブうまく半径合わせて丸く戻してきます。
もう一回、はい、もう一回やってください。
こんどはグイっと左ひざがグッと、左ひざの方に、前に体重乗ってきます。
はい、こんな感じですね。
じゃあ、一回打ってみましょう。
はい、ナイスショット。
クラブ、身体をパスして行ったんですね。
もう一回、素振りだけやってみてください。
クラブが身体をパスして身体開いていませんね。
そのまま正面向いてください。
もう一回。
クラブを戻してきて、上げて、クラブを正面に戻す。
はい、そのまま右足前に出して正面向いてみてください。
もう一回上げてみてください。
バックスイング、左肩開かないように、こんな感じ。
もう一回。
右肩置いておいちゃうのです、右肩を開かない、そう半身ですよね、身体こっち向いてますものね、こっち、斜め右向いてますものね。
右手付けてみてください。
こんな感じがね、身体の正面なのですよ。
一般の方はね、左の肩が開くのが早いです。
じゃあ、そんな感じで一発打ってみましょう。
はい、ありがとう。
是非、皆さんも、今の半身の形で打つドリル是非、やってみてください。
誰でも丸く、左腕のクラブの半径変わらなければ届きますので、皆さんにもお勧めです。

2015年8月13日 スライス退治!左肩を開かないで打つ (1) はコメントを受け付けていません。 スライスの直し方