[動画有り]伸びやかなスイングをする簡単裏ワザ

ゴルフでは、今よりももっと飛距離が欲しい、遠くへ飛ばしたいと誰もが思っています。
いいスイングなのに飛距離が出ない、という人も多いのではないでしょうか。
ちょっとした動きでより遠くへ飛ばせる方法があるとしたら、これを参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーの飛距離アップのためのポイントを説明していきます。
今回のポイントは何かというと、足です。
ドライバーでスピードを出してクラブを振るときに、重要な要素は何かというと、上半身の動きももちろんありますけれども、下半身の動き、これがすごく大事になってきます。
その下半身を動かし易くする、そのための一つ、練習法をお伝えします。
やっていただきたいのは、構えて、この状態から足を右かかと、左かかとを上げるように、歩くようなイメージでかかとを上げていきましょう。
こういう感じですね、右上げる、左上げる。
この動きをアドレスをしたら行っていただいて、この動きのままアドレスをして、いちど止まったら、そこからまた同じように右かかとを上げて、右かかとを下ろして振り上げる。
そして下ろすときには左かかとを下ろしてくると、この足の動きに連動させてクラブを振っていきましょう。
多くの飛距離が出ない方というのは、一度再現してみますけれど、アドレスをしたら下半身が固まってしまって、ジーッと止まった状態から腕だけでこうスイングするような形になりがちです。
今のような、足踏み、これを積極的に使うことによって足を使うイメージというのが促進されます。
こういったイメージですね。
この状態から一度アドレスを作り、同じように右かかとを上げて、踏み下ろしてフィニッシュ。
このように足を使うことによってスイング全体が大きくなり、よりスピードも出やすくなってきます。
こういった感じですね。
アドレスでじとっと止まっているのではなくて、足踏みをしてそのイメージで、スイング中も足を使ってスイングしましょう。
このフットワーク、とても大事ですよ。