【長岡プロのゴルフレッスン】 「肩を入れる位置」とはここ!肩を回す練習法

ゴルフのラウンド前にはストレッチをする人も多いと思います。
怪我の予防やナイスショットの為には大切なこのストレッチですが、ひとつ加えることでしっかり肩が回ったスイングを体得できる、そんなストレッチを紹介します。
是非、試してみてください。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ラウンド前などにしっかりストレッチなどを皆さんすると思うのですけれど、その時にしっかり肩を回して腕の長さを変えないというイメージを持つための、ちょっとした練習ドリルを紹介したいと思います。
普通にクラブを構えてしまうのではなくて、こういう風に左手は通常の握り方、右手をそのままクラブのネックの方まで手のひらを正面に向けたま握ります。
左手は通常の握り方です。
この状態で、肩の線とシャフトが平行になるように台形の形を作ります。
そして、この状態でしっかりこの台形の形がひし形になってしまったり、腕だけで上げようとするのではなくて、
しっかり背骨を意識して肩を回していきます。
この時も、肩のラインとシャフトの線が平行になるようなイメージを持ち、台形の形を変えないように身体を回転させるイメージを持ちます。
そしてこの場所で、横から見ますとある程度ここで、シャフトが少し斜めになっているようなイメージを持たれるといいと思います。
そして、右手をストーンと落としてやると、けっこう綺麗な形でプレーン上に乗ったバックスイングの途中のハーフスイングあたりの形ですけど、しっかり肩が回っている状態の、いい形になると思うので、こういう形をイメージされるとすごくいいと思います。
フォロースルーでも一緒で、今度は手を入れ替えた状態で握って、右肩を押し込んでいきます。
膝がここでぴょんと伸びてしまったり、身体が流れたりしないようにしっかり顔の場所、後ろの背骨の場所を意識してしっかり回転していきます。
この位置で、少し手をこの場所から入れ替えてクラブを持ってやると、振り抜いていった時の形としてはいい形になっていると思うので、この場所を目がけてスイングをするんだという意識を持たれるといいと思います。
こういう形になってきます。
ここでも台形の形を変えないようなイメージを持ちます。
バックスイングではこういう形。
インパクトしたら手の向きを入れ替えて、振り抜いてやる。
そうすると背骨に対して身体がしっかり回るというイメージが付くと思うので、ストレッチ効果もありますから、ラウンド前などに皆さんもこういうのを少し、やってみて下さい。

2015年9月8日 【長岡プロのゴルフレッスン】 「肩を入れる位置」とはここ!肩を回す練習法 はコメントを受け付けていません。 ゴルフ初心者練習方法