ゴルフスイングの基本 インパクト

ゴルフスイングでは構えやスタンスなど色々な要素がありますが、ボールを打つ基本であるインパクトについても色々な考え方があります。
特に初心者がどう考えて実践すれば良いかについてはこの動画が役に立つと思います。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
インパクトについてです。
インパクトとはボールとクラブが当たる瞬間のことを言いますが、インパクトで大事なのは、まずは身体の中心がボールの位置で、クラブもボールの一直線上で両腕もそれを挟むように身体の真正面で、垂直になるような形でボールと当たってあげると効率がいいと思います。
身体が前にずれて当たっていたりとか、このようにクラブだけが先に当たってしまうと効率が悪くなってしまいますので、身体の中心がボールのライン上にある時に、腕とクラブと全てが一直線上にあって当たってくれるとまず、良いということが判ります。
ボールの位置なのですが、よく身体の中心より左と言われるのですが、それはなぜかというと身体を回転してゆく過程の中で、身体の動きというのは軸を中心なのですけれど、少し左へシフトしてゆく動きがありますのでボールを左に置いておくことでインパクトで当たる瞬間に、身体の中心部分にちょうどボールの位置がくるようになる。
そしてよく耳にするハンドファーストといって、手の方がクラブヘッドより少し前に出た状態で当たるという、こういう状態がありますが、これは身体を回してゆけばほとんどの場合ヘッドが手を追い越すということは絶対にありませんので、何も考えずに身体を回して行けばこのように少し手が前に出た状態になりますので、あまり自分の手の意識でこのように前に出す練習をして行くとこのようにフェースが開いたりして、それを修正するのに手を返すという動きが入ってきたりしてしまいますので、まずは身体の中心でしっかりと身体を回して捉えてあげるというのが大切になりますのでそこを注意してやってみて下さい。