アベレージ編#2_ドラコン王者 安楽プロの飛距離UPレッスン

ゴルフのスイングは人それぞれ個性的です。
その構え、アドレスにも個性があふれていますが、飛んで、曲がらないアドレスの取り方があるとすれば是非知りたいですね。
上手な人たちのヒントが参考になるかも知れないですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回は、アドレスの取り方について説明したいと思います。
僕がドライバーショットを打つにあたっていちばん大事な部分というのはアドレスの取り方、アドレスですね、アドレス、形です。
その形を僕自身は、ニュートラルポジジョンと名づけているんですけれども、そのニュートラルポジションとはどういうことかというと、アドレスの中には股関節、膝の関節、足首の関節、ま、あと肩関節、肘関節、手首の関節ありますけれども、まずいちばん最初にどこを決めるかというと、自分のアドレスの中で決めるポジションというのは股関節です。
股関節を入れます。
なぜ、このような入れ方をするかというと、ここに重い、3キロの重いボールがあります。
で、これを持ち上げる時にいちばん簡単に持ち上げるためには、まず股関節を入れて、膝を入れますね。
膝入れて、手を垂らした状態ね、垂らした状態このだらーんとした状態から持ち上げるとまず腕の力ってそんなに要りませんよね。
これが、手が少し前に出た状態、前に出た状態で持ち上げるようとすると、こう持ち上げることになりますのでものすごく腕の力が要ります。
いちばん理想的な構えというのは直立した状態からまず、股関節にクラブを当てます。
当てた状態からくっと押します。
押すとお尻が出ます。
この状態から、両膝を曲げます。
曲げると同時に、足首の関節も同時に連動して曲がります。
そうすると、ここからジグザグのラインになると思います。
この状態だとまだ胸が張った状態ですから、今度はこの状態から胸の力をスッと抜きます。
抜くと、手が垂れたポジションが出来上がりますよね。
そのポジションでスッと構える。
これが僕自身のニュートラルポジションの作り方です。
これを参考にしてアドレスを作っていただければ、いいアドレスが取れると思いますので、皆さん是非参考にしてみて下さい。

ゴルフ上達練習法!! プロゴルフコーチが教えるバーディ スイング ドライバー アプローチ アイアンの丸秘レッスン!!

プロのスイングを見ていると、腰から始まる豪快なスイングで打って行くプロが多いですね。
あんな風に打ってみたいと思って真似しても上手くゆきません。
上手く行かない原因と、私達が気持ちよく打てる方法をここでは教えてくれています。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
実際にプロのスイングとか見ますと、スローモーションや連続写真で見ると、トップのポジションからダウンスイングの始動時に腰からスイングをスタートしているという選手が多くいます。
実際、トップのポジションからプロのスイングというのは手からでも肩からでもなく腰からスイングをスタートしている人っていうのが多くいらっしゃいます。
トップのポジションから、腰からダウンスイングをスタートしても、プロの選手は肩と腕が遅れを取らずにしっかり腰に付いていけてる状態なのです。
で、アマチュア選手がそれを真似て、トップのポジションから腰から行こうとすると、腰だけが行ってしまいやすくなります。
そうすると、肩も腕も腰に付いて行けず、腰だけターゲット方向に移動して肩と腰が遅れた状態でインパクトしてしまいます。
これは絶対にいけません。
プロ選手は確かにトップのポジションから、腰からダウンスイングをスタートさせているのですが、そのあと肩と腕が腰に遅れをとらずしっかり付いて行きます。
石川遼選手などはトップのポジションから思い切り腰から行きます。
そのあとしっかり肩と腕も腰に付いて行きます。
インパクトの瞬間などはもう身体が、腰が思い切り回っている状態なのですが、肩と腕が遅れをとらずしっかり付いて行っています。
なので球筋が安定しています。
アマチュア選手は絶対にこれを真似ないで下さい。
トップのポジションから腰から行こうとして、腕と肩が遅れをとると球筋は絶対に安定しません。
なので、トップのポジションから、腰から行っても肩と腕がしっかり付いて行くことが出来れば問題ないですが、トップのポジションから腰から先に行ってしまうと、高い確率で肩と腕が追い付けなくなってしまいます。
なのでこの1つめのスイングの、方向性を重視するスイングではトップのポジションから、腰から絶対に行きません。
腰からではなくて、肩からスタートさせます。
これは方向性を重視するためです。
なので絶対に腰からダウンスイングをスタートさせず、左肩からスタートさせて、それに腰が付いてくるというスイングを意識して下さい。

⑥「ドライバーのボールの位置!」 GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」

ゴルフでは、ドライバーとアイアンのボールの位置は同じなのか、違うのかで多くの初心者ゴルファーが悩んでいるようです。
でも、実はそれぞれのクラブの特性を知れば、解決してしまうかもしれません。
ドライバーでボールが上がらない、という悩みがある人には良いヒントになるかもしれません。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回は、ドライバーのボールの位置。
まずですね、そもそもアイアンです。
アイアンとドライバーの違い、大きな違いがひとつあります。
アイアンというのは、円を描いてきて、上がり際でボールを捉えると思っている方が非常に多いです。
ボールの先に跡が付くのです。
と、言うことは、ボールの手前に最低点というのが来るのではないということです。
最低点の手前でボールを拾うことが出来るので、アイアンはナイスショットが生まれるのです。
ただ、ドライバーはですね、この、角度が無いので最低点の手前でボールを捉えてしまうと壁になって、余計ボールが上がらない状態になってしまいます。
ですので、角度がない分、ドライバーというのはボールをですね、若干左めに置く。
つまりは足の幅が広くなるということです。
ボールの位置をズラす必要はあまりないですけれども、若干左寄りにはなってきます。
なので、ドライバーのイメージ、入射角ですね、アイアンと同じようにガッコンと打つわけではなくて、構えました、すると大体自分の身体の中心というのはおへその前ですから、構えた、おへそのところで一旦、円が落ちて上がるよ、の時に当たるのでナイスショット、クリーンショットが生まれるのです。
上がり際でボールを当てて行く事によって、ボールが楽に上がります。
それ、今から打つのですか?
はい。
ドライバーはこう、長いので、前傾が浅くなるにしても、もうほとんど棒立ちなので、これ、飛びそうにも見えないでしょ?
少し不安かもしれないのですけれど。
これぐらい?
もっともっともっと、グッと。オッケー
へえ?
はい、どうぞ。
ほらー。ナイスショット。
ありがとうございます。
嘘は言いません。

あしたのゴルフ~傾向と対策~「ドライバーのクラブ特性編」

初心者ゴルファーの人には難しいクラブと思われているドライバー。
でも、ドライバーで遠くへ飛ばせたらとても気持ちがいいですよね。
そのドライバーの特性とはどんなものなのでしょう。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーが、どのような仕組みで遠くに、正確に飛ぶかということが、最新機器を使って判ってきました。
これを3つのカテゴリーに分けてみたいと思うのですね。
まずひとつはクラブ軌道、そして打点、そして3つめはフェース向きです。
この3要素が組み合わさることによってボールがどこに、どのような球筋で飛ぶかということが決定されています。
ドライバーというのがどのような特徴を持っているかというと、やはりこのラウンド、そしてバルジ、フェース面に丸みがあるわけです。
ですから、まずですね、ヒールに当たることによってボールは約5度くらい左に飛び出す特徴があります。
そしてトウ側に当たっても約5度右に飛び出します。
もちろん、芯を中心にして丸みがありますからその中間ですと2・5度、3度といったところ、左右に飛び出す可能性があるわけですけれど。
そしてもひとつ、フェース向き。
フェース向きに関して言いますと、芯に当たったときは当然真っ直ぐ行くということになりますが、これは打点という要素も噛み合わさってですね、左右打ち出し角度がズレてきますので、仮にオープンフェースで当たっても、ヒールに当たってしまいますと時には左に出ることがあるわけです。
これがよりこのドライバーというクラブを難しくしてしまっているわけです。
それをですね、今回皆様の、答えていただいたいくつかの質問事項の中で、その原因というのを発見いたしました。
それによって、適切に皆様に合った処方箋を選んで頂くということが、この中で皆様にやっていただくことです。
そしてもう一点、軌道という面に関して言いますと、プロはインサイドイン軌道、もしくはインサイドストレート軌道になりやすいです。
多くのアマチュアの方は軌道に関しましてはストレートイン軌道、もしくはアウトサイドイン軌道になりやすいわけです。
これはですね、ドライバーというのは基本的にはボールを左足かかと線上付近にですね、置くというのが基本になっています。
ボールポジションが左になればなるほど当然クラブというのはイントウイン軌道をやっていますから、当然左にあればあるほど軌道面はカット軌道になってきやすいわけです。
ただ、プロゴルファーのスイングを見ていただければ判るようにフォロースルーが大きいですよね。
この大きさそのものが、フォロースルーの時のクラブがストレートに出てくる長さを示しているわけです。
ですから、軌道面に関しては、あなたがどのような軌道かというのを発見して、すべてこの3要素ですね、軌道、フェース向き、打点、あなたはどういう動きになっているかというのをしっかりと指摘させていただいて、そこで正しい処方箋を皆様に提供したいな、という風に考えております。

ドライバーの正しいフェイスの向きと置き方とは?

ゴルフクラブのフェイスの向きはナイスショットに欠かせません。
特に最近多い可変式ドライバーの正しいフェイスの向きはなかなかわかりづらいもの。
何か良い方法は、ないものでしょうか。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
可変式ドライバーのフェースの合わせ方についてです。
シャフトを抜き差ししてフェイスの向きが変わる、可変式のドライバーがあります。
それの合わせ方を教えて下さい、というご質問が来ました。
基本的に抜いて、挿し方によってフェイスが左向いたり、右向いたりというのは出来るというのが、この可変式ドライバーの特徴なのですが、単純にこのヘッド姿勢が標準的なヘッド姿勢だとしたら、クローズに入れてちょっと被ってるということは、こういう風に、このような形でシャフトが刺さってるということです。
ですから、可変式のドライバーをしなくても、ロフトを変えるにはこのようにするだけでクローズになりますし、こう構えれば開いて構えられるわけです。
そういうふうに、ただ入れ替えているというだけなので、フェイスが開いたり閉じたり、いうふうになっているわけです。
ただ、ここで気をつけたいのが、本来こういう形でクラブを構えているものを、このような状態で構えるとして、ボールは確かに左に行きやすくなります。
ただ、このときに、クラブが上がるイメージとしては少し外に上がりやすい形になります。
逆に、このように開いて構えていると、こういうふうにインサイドといって内側に引けるような動きになりやすいです。
ですからまず、可変式のこういう閉じたり開いたりというのに頼らないようになるべく真っ直ぐの状態で練習することを、やはりお勧めします。
そのあとで、ちょっと調整で閉じたり開いたりというのは良いと思うのですが、やはり閉じてる人というのは、外に上げて、戻す時に開いてこう、逆に下りてきてしまうというくせがありますし、このように開いて構えていると、インサイドに上げて、閉じながら打つという動きが強くなってしまいます。
ですから、可変して調整するということはもちろん大事だと思うのですが、スイングの基本としてはやはりクラブを作った人が、こう構えて下さいというような、普通の状態で持っていただいてなるべく打てるように、まず最初は練習することが大切だと思います。

初心者レッスンゴルフスイングの基本 インパクト

ゴルフスイングの基本はインパクトにあります。
インパクトがショットの成否を分けるといっても良いでしょう。
では、初心者が良いインパクトを迎えるためにはどうのような方法があるのでしょう。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
インパクトについてです。
インパクトとは、ボールとクラブが当たる瞬間の事です。
当たる瞬間というのはボールに当てる事を意識すると、どうしてもこのようにクラブを手や、腕で強く当てよう、当てようという意識になってしまうのです。
インパクトというのはそういう意識がある中で、何とか通過してゆく、そういうイメージを持ちたいです。
インパクトは、どのように捉えたいかというと、やっぱり、自分の軸、軸があるところで一緒に捉えたい。
軸がズレたところで一緒に当たっても、力が伝わらないし、逆にこのようになって当たっても、伝わりにくいです。
一緒に軸のところで、この軸のところでインパクトしてあげる。
そうすることで、力がいちばん伝わりやすいです。
実際のインパクトは、このようにアドレスから、アドレスのように戻るというのが基本ですが、実際は手の位置が少し左側にある状態で、ハンドファーストというのですが、少し、手と身体の方が少し左を向いた状態、ちょっと早い状態で当たるといちばん正解です。
イメージは、アドレスの位置にこのように戻ってくる。

その中で、少しだけこのように左への意識があると、ボールとクラブの力の伝わり方はいいです。

ドライバーのゴルフレッスン初心者

ドライバーのゴルフレッスンを受けるときにはまず、クラブを振るということを覚えなければなりません。
ではその、クラブを振るという時にはどういった事に注意をすればよいのでしょうか。
ここではそれを判り易く教えてくれています。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
やっぱり今のも手の始動になっています。
こう行ってしまうよね。
1コ前は良かったのだけど、左肩がこうやって回るということ。
簡単に言うと、右向いて左向く。
クラブが動いているのがわかるでしょ?
こうやって振るのと、グルルンと回るだけ。
アドレスとかは別に良いのですか?
細かいところより、まずは身体を回すことですね。
腕じゃなくて。
左肩が始動になって、左肩から行く。
ビデオで見ればわかる通り、すごくクラブの動きが大きいでしょ。
腕が伸びやかになりました。
左肩から始まって。
簡単に言うと右向きます。
左肩がリードして、最後まで行って左向きます。
これだけ。
この基本動作がまずあった状態で、グリップが決まってきます。
手で行こうとすると、手が自分の身体の真正面から外に外に行こうとします。
でも、肩が主導で行くと、クラブこういう風に振られちゃうから引っ張ってあげます。
こうやって離れないように。
外に使うのではなくて、肩が先に行ってクラブが離れないようにググと。
肩が先に行くと、手の使い方が違ってきます。
では行ってみましょうか。
気持ちいいでしょ?
凄い。
すばらしい。
ゴルフでいうと、打球のスポーツでいうと全てのスポーツの中でいちばんボールが飛ぶんじゃないかな。
そうするとやっぱりこれがやっぱりゴルフのいちばんの魅力だから。
こんなところをまず体験してみると、ゴルフ面白いでしょ?

ドライバーの打ち方

プロゴルファーや上手な人は何気なく、さっさとティアップしてドライバーを打っているように見えます。
でも、きっと上手く打つための方法があるはずです。
ドライバーの打ち方、うまく打つ為の打ち方とはどんな事を注意すれば良いのか調べてみましょう。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーの打ち方を説明したいと思います。
まず、ティアップをします。
目標に対してティを刺します。
このときのティの高さなのですが、構えた時にドライバーのフェースと上のクラウンのつぎはぎの部分がちょうどボールの赤道付近になる位の高さが望ましいと思います。
あまりにも低すぎてしまったり、あまりにも高いティアップだと、ボールのスピン量が変わってしまうので、大体の基本はボールが半分、ドライバーのヘッドよりも出るくらいという風に基準として覚えておくと良いと思います。
もちろん、アゲンストだったりフォローの風によって、球の高さを打ち分けてゆくという時などには低くしたり、高くティアップして風に乗せたりとか色々調整しますけど、基本はそういう形だと思っています。
ボールの位置なのですが、目安はかかと線上です。
そして、スタンスの幅が、肩幅がスタンスの足の内側に入るくらい開くというのがおおよその目安です。
ただ、それも個人によって差はありますからスタンスが少し狭めの人もいれば、ワイドスタンスで凄く飛ばしてゆこうというスタンスを取る人もいます。
ただ、目安的には肩幅が足の内側に入るくらいです。
そしてボールの位置はかかと線上。
ボールの位置もかかと線上よりボール1個分中に入れたり、1個半くらい中に入れたりと、それも打ちたい時によって多少変わります。
次にいつも通りのルーティンで、後ろから見まして目標をイメージしたらセットアップに入ります。
この時にドライバーの構え方として、注意点としてはボールがアイアンに比べると左かかと線上寄りに入ってきますので、どうしても目が左側にあるボールを見てしまうとおへそとか胸もボールを見てしまう。
そうなると目標に対して肩が開いた格好になってしまいます。
そうするとバックスイングで肩の入りが浅いところから振りにいきますから、胸が開いたところで当たってしまうので、ボールをこすってしまい距離が落ちるし、方向性も悪くなるという現象が起きやすいです。
なので、左側にボールが来たとしても、身体の中心はここになります。
ボールはただ左にあるだけなので、この自分の中央というものを意識して、そこに対してちゃんと身体が正面を向いているかどうか、意識します。
そうすることで、肩のライン、腰、膝のラインが目標方向に基本、スクエア、平行になるという感覚を作ってみてください。
どうしてもボールが左にありますから、今言ったように身体が左に向きやすくなる。
そうすると顔の位置も、ボールよりも確かにビハインド・ザ・ボールにはなっているのですけれど、身体が左に突っ込んだ状態で構えてしまいますと、バックスイングでのけぞってしまったりとか、肩の入りが浅い現象が起きます。
なので、ちゃんと中央に身体のラインがある状態。
正面はここです。
そしてこの、下に置いたスタンスの中央の線をなるべくイメージして、そこよりも深く肩が回るように意識しましょう。
ボールに対して肩がここで入ってしまったと思っても、実際に肩の回転が浅い状態の人が結構、多いです。
なので、しっかり肩を回す事が大事です。
ドライバーの場合は、アッパーブローに当たりますから、ダウンスイング下りてきて最下点、ほとんど身体の中央で最下点を迎えます。
そしてクラブがなだらかに、少し上がり際でティアップされたボールに当たります。
なので、少し上がり際でボールに当たりますから、ティアップされているボールがアッパーブローでしっかり飛んで行くという形になります。
そういったところを気を付けると良いと思います。