ゴルフ飛距離アップレッスン タイガーウッズもやってる「ミート率を上げて飛ばす」方法

飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げることは大切です。
でも、ミート率を上げる方がもっと易しいかもしれません。
その、ミート率を上げるレッスン方法を紹介します。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム
g2
今回の飛距離アップレッスンは、ミート率を上げて効率よくボールを飛ばすのをテーマにやっていこうと思います。
ミート率とは自の持っているパワーを最大限ボールに伝えるということです。
ミート率を上げる上で、いちばん重要なのはスイング中、アドレスで出来たこの前傾角度をスイング中キープして、スイングするのが重要になってます。
上手く当たらなかったり、強い当たりが出ないという方の多くは、アドレスの前傾角度よりインパクトで伸び上がってスイングしています。
そこで注意するポイントなのですけども、アドレスでお尻の位置がスイング中変わらないように常に意識しながらスイングしましょう。
例えば壁にお尻をつけて、壁からお尻が離れないようにスイングするというのがポイントになってます。
では、1球打ってみたいと思います。
このように前傾角度をキープしてスイングできると、自然と力強いインパクトになります。
是非試してみて下さい。

ゴルフレッスン「飛距離アップ」ドライバーの入射角

ゴルフで飛ぶ弾道とは打ち出し角度が高くてボールのスピン量が少ない弾道です。
ここではその飛ぶ弾道を得るための練習方法が公開されています。
ぜひ参考にしてみてください。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回はドライバーの入射角度についてお話したいと思います。
ドライバーで最も飛ぶ弾道は高弾道、そしてスピン量の少ない球になります。
まず、ドライバーでは高い打ち出し角度が必要になってきます。
どういう事かというと、ボールがあって、ドライバーのロフトが9度、10度なのでボールの最下点から上がり際でボールを捉えるのが重要になってきます。
このように上から入ってしまうと、打ち出し角度が低くスピン量が多い、飛ばない弾道になってしまいます。
そこで練習方法を紹介したいと思います。
まず、ピンチングウェッジを持ってもらって、ボールをティアップします。
そして、ティをあまり打たないようにボールだけを払い打つような感覚でスイングします。
では、一度やってみたいと思います。
ボールだけをクリーンに払い打つようにしてください。
そうすることでドライバーをアッパーブローで打てて、打ち出し角度の高い、スピン量の少ない飛ぶ弾道にすることが出来ると思います。

[動画有り]伸びやかなスイングをする簡単裏ワザ

ゴルフでは、今よりももっと飛距離が欲しい、遠くへ飛ばしたいと誰もが思っています。
いいスイングなのに飛距離が出ない、という人も多いのではないでしょうか。
ちょっとした動きでより遠くへ飛ばせる方法があるとしたら、これを参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーの飛距離アップのためのポイントを説明していきます。
今回のポイントは何かというと、足です。
ドライバーでスピードを出してクラブを振るときに、重要な要素は何かというと、上半身の動きももちろんありますけれども、下半身の動き、これがすごく大事になってきます。
その下半身を動かし易くする、そのための一つ、練習法をお伝えします。
やっていただきたいのは、構えて、この状態から足を右かかと、左かかとを上げるように、歩くようなイメージでかかとを上げていきましょう。
こういう感じですね、右上げる、左上げる。
この動きをアドレスをしたら行っていただいて、この動きのままアドレスをして、いちど止まったら、そこからまた同じように右かかとを上げて、右かかとを下ろして振り上げる。
そして下ろすときには左かかとを下ろしてくると、この足の動きに連動させてクラブを振っていきましょう。
多くの飛距離が出ない方というのは、一度再現してみますけれど、アドレスをしたら下半身が固まってしまって、ジーッと止まった状態から腕だけでこうスイングするような形になりがちです。
今のような、足踏み、これを積極的に使うことによって足を使うイメージというのが促進されます。
こういったイメージですね。
この状態から一度アドレスを作り、同じように右かかとを上げて、踏み下ろしてフィニッシュ。
このように足を使うことによってスイング全体が大きくなり、よりスピードも出やすくなってきます。
こういった感じですね。
アドレスでじとっと止まっているのではなくて、足踏みをしてそのイメージで、スイング中も足を使ってスイングしましょう。
このフットワーク、とても大事ですよ。

アベレージ編#5_ドラコン王者 安楽プロの飛距離UPレッスン

ゴルフでは、ゴルフクラブを振り上げたときのトップの位置、自分のクラブがどこへ上がっているのかトップの位置って気になりませんか。
でも、それは気にしなくて良いという考え方があります。
それはなぜでしょう。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
それでは今回はトップスイング、トップについて説明したいと思います。
トップというと、要はフラットなトップ、アップライトなトップいろいろあります。
僕自身、トップというものについて考えたことはあまりありません。
なぜかというと、トップというのはアドレスをしました、そこから動きと重心移動でクラブを上げました。
そして上げたところからトップで折り返しますよね。
僕自身トップへ向って上げているというイメージないのですよ。
あくまでも折り返し地点だから、そうすると、上がりました、必ずこの状態から上がった反動で下りてきます。
自分の限界のところがトップです。
どこかというのは全く気にしたことはありません。
ただひとつ気にしているのは、この状態からイチ、ニ、サン、はい、構えておいてイチ、ニ、サン、そうするとリズムさえ揃えれば、ここの上がる位置ってだいたい一定なのですよ。
そのトップへ持ってくるリズムを一定にするためにはどこを動かしているかというと足ですから、ここから左、右、左。
ここから左、右、左、この3拍子を足で取っていただければ手の位置というのは必ず一定になります。
皆さん、行進するときにイチ、ニ、イチ、ニと行進します。
その場合、その二拍子というものは多分、足で取ると思います。
足でリズムさえ取れば、手の位置というのは必ず一定になりますので。
二拍子取りながら、一歩目がここで、二歩目がここで、三歩目ここでなどは絶対に無いですから。
イチ、二、イチ、二、イチ、二と同じところに来ますよね。
それを、この状態からイチ、二、サン、そのトップというのは二とサンの間のどこかですよね。
そうすると、リズムさえ一定ならば同じところにしか上がってきませんので、これが僕のトップですし、切り返し、トップの部分になりますので、僕自身はイチ、二、サン。
安楽さんのトップはどこですか、と聞かれたら二とサンの間、これがトップです、それくらいにしか僕は考えていません。
このような事を、皆さん参考にして頂ければ、ご自分のトップというものが判らないと思います、どこに上がっているかは。
判らなくて良いと思うものを判ろうとすると、スイングの流れが止まりますので是非とも皆さんこれを参考に一度やってみて下さい。

アベレージ編#4_ドラコン王者 安楽プロの飛距離UPレッスン

ゴルフでは、体重移動がよく話題になります。
体重移動をするかしないか、どのくらいまで体重移動するかなど悩ましい問題ですが、これらの問題に簡潔に答えてくれています。

span style=”font-size: large;”>5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回は重心移動について説明したいと思います。
ここの重心をこちらに移動する、重心移動。
またここでもこのメディシングボールが登場するのですけれども、この重いものを向こうによいしょっと投げる場合に、必ず重心というものは移動しますよね?
その場合というのは、必ず頭っていうのは一緒に動くはずですよね。
重心止めたままで、頭止めた状態のままよいしょってやると結局手で投げているだけですよね。
どっちが飛ぶかといえば、絶対的に頭を揺すって投げるほうが飛ぶと思うのですよね。
重いものを持って、投げていただければ、ほとんどの方が頭を揺すって投げることは出来ます。
ただ、ゴルフクラブというものは、軽いですよね。
軽いもので構えます。
ほとんどの方が、構えた状態から右にトップスイング上げる場合に重心移動してません。
やろうと思えば出来ますよね。
これは重心移動をせずに、回転だけで上げている証拠です。
野球のピッチングと一緒です。
右に重心移動で重心掛けます右足に。
頭というものは動きますよね?
ただこれを直立でやろうとすると、右に重心移動出来ません。
必ず右に、軸足の右足に乗せるためには頭はグッと動いてきますから、構えた状態から動きます。
その場合、頭というものは動きますよね、動きます、動きます。
で、その場合、構えた状態から動くのですけれども、動く場合にどこか止めなければいけません。
僕はどこを止めているかというと軸足です、右の軸足。
右の軸足に乗せることによって、頭は動いているのですけれども、ここの背中の軸は動いていませんので、これが僕の重心移動です。
確かに頭というものは動きます。動かしていいです。
止めようとするのではなくて、動かせと言った場合に、こんなに動く人、いませんので。
動かすつもりでも、実際問題はほんの少し動いているだけです。
それを無理に止めようとするから、皆さん重心移動が出来なくなりますので、是非とも構えた状態から逆の動きを入れて、逆の動きから重心移動する、右で支える。
ここまで出来ればきっちりバックスイングまで持って行けますので、是非とも皆さん参考にしてみて下さい。

アベレージ編#1_ドラコン王者 安楽プロの飛距離UPレッスン

ゴルファーの多くがやっぱり難しい、と思ってしまうクラブがドライバーです。
でも、考え方によってはもっともやさしいクラブになるかもしれません。
それはどのような考え方なのでしょうか、知りたいですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回はドライバーショットの考え方について説明したいと思います。
皆様は14本あるクラブの中で、ドライバーがいちばん難しいクラブと思っている方がたくさんみえると思います。
ドライバーよりも9番アイアン、ショートアイアン、7番アイアンの方がやさしいと思われている方がたくさんいると思いますけれども、ドライバーというのは打つ場所を選ぶ事が出来ます。
例えばティグラウンドの左端にティアップしたり、右端にティアップしたり、あとはティの高さも自分で低くしたり高くしたり打つライを変えることが出来ますよね。
それというのは14本ある中でドライバーだけですよね?
他のショットはあるがままの状態で打たなければいけないのですけれど、ドライバーに関しては自分で、いろいろな調整が出来る状態で打つことが出来ますので、まずそれが他のショットとだいぶ違う部分だと思います。
あとはドライバーヘッドとボールをきちっと当てなければいけない、でも、それというのは昔と違って、今のクラブというのはこのヘッドの部分が大きくなっていますね。
昔は本当に僕の握りこぶしくらいの大きさだったと思うのですけれども、今は1.5倍もしくは2倍近い大きさになっていますので、昔よりも当たるのです。
昔よりも当てやすいです。
それはヘッドもでかいですし、道具も良くなっています。
ただ、やはり皆さんドライバー構えます、しっかりと当ててきっちり飛ばそうとしますよね?

当てなきゃいけないと思って打つから難しくなると思うのですけれども、僕自身の考え方というのは構えて、まず構えて動けば絶対に当たるのです。
ボールに当たる。
当てるのではなくて、動けば当たる、そういう考え方で僕自身はドライバーショット、打ってます。
構えて動けば当たっちゃう。
構えて、動けば、当たっちゃう。
ただ、それは皆さんが思うのは、安楽さんだからそう思えるという方がたくさんみえると思いますけれど、これはほんのちょっとしたコツ。
ちょっとしたコツさえつかんでいただければ、当てるスイングではなくて、当たるスイングに転換させることはものすごく簡単ですからそのコツを今から皆さんにお教えしたいと思います。

ダウンスイングの体重移動でドライバーの飛距離をアップさせる方法とは?

ゴルフでは体重移動がうまくいかずに飛距離を損する人が多くいます。
プロゴルファーみたいに体重移動で思い切りボールを飛ばして行く練習方法を見つけました。
参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回紹介するドリルは、ドライバーの飛距離をアップさせる、左足ティ打ち込みドリルというドリルになります。
このドリルを行う時にはティをご用意していただきたいのですが、このようなショートホールのアイアンで使うような低めのティをご用意して下さい。
じゃあ、ちょっとやってみましょうか。
まずはこの短いティを地面に刺し込みます。
全部差し込まず、少しだけティを浮かせて差し込んで下さい。
で、このティの上に左足の左側面を乗せます。
このときには左足の左側面が浮いた状態でオッケーですのでこの状態でアドレスします。
この状態からいつもどおりバックスイングを上げ、トップのポジションからダウンスイングをスタートさせる時に、腕の動きをスタートさせると同時にこのティを地面に踏んづけて下さい。
そうするとこのように、ティが地面に刺さります。
トップのポジションから、左足の左側面のティを地面に打ち込んで振って行く。
そうすると自然と体重が左側に乗るようになります。
飛距離がアップしない原因の一つというのが、ダウンスイング時に正しくターゲット方向に体重移動が出来ず、身体の右側に上半身が残ってしまってスイングしてしまうと距離は出なくなってしまいます。
このようにトップのポジションから左足の左側面の下にあるティを地面に踏んづけることによって、自然と体重移動が生まれます。
体重移動が生まれることによって、下半身がターゲット方向に移動して、それと一緒に上半身もターゲット方向に移動して、正しい体重移動を生むことが出来ます。
例えばサッカーの選手でも、ボールを蹴る時には左足が軸足になって、右足が蹴り足になります。
この蹴り足の右足はボールを蹴る時に動いても良いのですけども、左足がしっかり軸足となって踏ん張る事が出来なければ、正しくボールをヒットすることが出来なくなってしまいます。
このドリルを行うことによって、左の体重移動が出来るだけではなく、左足をしっかり踏ん張って左足を軸足にする練習も出来ます。
次回からも本日ご紹介したようなドリルをご紹介して行きますので、頑張って、一緒に上達して行きましょう。

ヘッドスピードを一瞬にして上げて飛距離アップする方法

ゴルフではヘッドスピードが上がれば飛距離が増すと言われています。
では、どうすればヘッドスピードが上がるのでしょう?
一瞬にしてヘッドスピードが上がる方法があるとしたら。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ヘッドスピードを一瞬にして上げて、飛距離をアップさせるための方法をご紹介したいと思います。
バックスイングというのはゆっくり、大きく上げる事によって、ヘッドスピードが増して、飛距離がアップします。
そういう言われ方もしますけれど、例えば、バックスイングを速く上げることによって左の肘が極端に曲がってしまって、スイングの弧、いわゆるスイングアークが小さくなってしまっている方にとってはゆっくり、大きく上げることによって、スイングアークが大きくなって、ヘッドスピードが上がり飛距離がアップするということはあると思うのですけれども、実際にはバックスイングというのは速く上げれば上げるほどヘッドスピードは上がります。
例えば私の場合、通常のリズムで打ちますと、これくらいのバックスイングのスピードで上げて打つのですけれど、今度はかなり高速でバックスイングをしてみたいと思います。
このようなかたちです。
おそらく最初に振ったヘッドスピードよりも、あとに振ったヘッドスピードの方が、おそらく2から3メートル毎秒速くなっていると思います。
これは、どんな方でもバックスイングを速く上げることによって、ヘッドスピードというのは筋肉の反射で速くなります。
ただ、この、高速のバックスイングというのは非常にバランスも取りにくいし、リズムを取りにくいので方向性はどうしても悪くなってしまいます。
ですからこれはあくまでもヘッドスピードを上げるための練習として取り組んで頂いて、その練習が終わったあとに、このように左足を上げて素振りをします。
ボールを打ってもらってもいいのですけれど、1本足で素振りをして頂いて最後はこの練習を終えるようにして下さい。
1本足というのはリズムが自然にゆっくりになります。
なので、ゆっくりとしたバックスイングの中でも、最初に高速でバックスイングした時のヘッドスピードが出せるように繋げてゆきます。
そういう練習をして頂けると自分のリズムで振った時も、速く、高速でバックスイングしたヘッドスピードに近づくことが出来ると思います。
これで飛距離アップは間違いありません。
是非、練習してみて下さい。

ドライバーを曲げずに飛ばすための練習方法とは?

ゴルフではドライバーが真っ直ぐ遠くへ飛ぶと、やはり気持ちがいいものです。
でも、曲がってしまってはスコアを崩してしまうし、ゴルフが面白くなくなってしまいます。
曲げずに飛ばすにはどういう練習方法があるのでしょうか。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーを打ち急いでしまったり、力が入ってしまう人は、ドライバーでチップショットをします。
ドライバーで100ヤードくらいを狙っていただいて、100ヤードにしっかり、真っ直ぐ行くようにフルスイングで、ドライバーで打っていただく。
それが大事です。
こういうスイングを常に練習場で少し練習しておくことで、身体がゆっくり振れるようになってきます。
100ヤード狙って。
しかし芯はしっかり食って、真っ直ぐボールが出てゆくように振ってゆきます。
そうすることで、変に手でねじったりとか、身体が突っ込んだりということが無くなってきますので、しっかりと100ヤードくらいを狙ってゆっくり、軽くアプローチショットのように打ってゆきます。
それが、だんだんミート率が上がってきたらすこしずつアプローチを100ヤードから150ヤードとか200ヤードくらいにしていって、少しボールが飛ぶように、今、自分も200ヤードくらいの気持ちで打ったのですけれど、やはりちょっと振ろうとすると身体が反応して結構スピードが出てしまいますので、今くらいの形で打っていただいても全然問題ないという事になります。
ですから最初弱めにしていって、で、最後自分の飛距離に到達する頃には軽く打っているのに、自分の飛距離が打つことが出来ると思います。
是非やってみてください。

シャフトをしならせて飛ばす

ゴルフのドライバーショットで大きく飛距離を伸ばすにはシャフトを上手く使うことが大切です。
最大限にシャフトをしならせることが出来ればもっと飛距離は出ます。
うまくシャフトをしならせて、もっと飛ばしたいですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーのシャフト、結構長いのである程度曲がります。
で、ドライバーのシャフトの使い方なのですが、こういう風なしなりをするのはまあ、下ろしてくると普通になってきます。
ただし、打つ瞬間というのはこういった方向の曲がり方もうまく利用できれば距離が伸びるということです。
シャフトっていうのは釣竿と同じような素材で出来ているのですけど、釣竿をもし根元をもってもらって投げてもらうと、こういうしなりの時、そちらか見るとこういうしなり、こちらにしなった時にうまく打てれば最大の飛距離を生むことが出来る。
パーフェクトにこのクラブのシャフトを目いっぱい使うことが出来る。
では、打つのにわざとこう、離してみます。
釣竿のように振ってみます。
この形からしっかり大きく振り切ってゆくと、大きなスイングが出来る。
ただし、つかまずにそのまま打ってしまうとスピードも落ちて、距離も出ないです。
結構、しっかりと伸ばしきって、という事によってクラブのヘッドがいちばんしなります。
このまま、大きなスイングになることが、シャフトの使い方によって出来ます。