初心者レッスン⑤「ボールの位置は結構大事!」 板倉由姫乃の『ゼロからゴルフ!』

ゴルフでは、良いスイングしたのにボールが曲がったり、上手く打てなかったりすることがあります
そんな時は、ボールの位置をチェックしてみるのも良いかもしれません。
ボールの位置が間違っていたために良いショットが打てないのではもったいないですよね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
上手に上げられましたか?
今回は、ボールの位置。
ボールの位置って、意外と大事なんですよ。
もう、どこへ置いてもいいじゃん、みたいに思っているそこのあなた! ダメ!
ボールの位置でナイスショットになるか、ミスショットになるかが決まってしまいます。
どうしてボールの位置が大事かというと、ゴルフは再現性が大事なのですね。
再現性とは何かっていうと、ゴルフは、毎回同じ動きをします。
毎回同じ動きをしてボールを打って行くと、ボールが綺麗に飛んで行きます。
毎回同じ動きをしているのに、ボールの位置が違ったら打てると思いますか?
ボールの手前を打ってしまったり、上を打ってしまったり、色々なミスが起こりますね。
なので、ボールの位置は決めていきましょう。
ボールの位置、アイアンはちょうど真ん中くらいです。
アイアンは真ん中。
そして、ドライバーは、左かかと前くらいですね。
そしてフェアウェーウッドはアイアンとドライバーのちょうど真ん中くらいなので、やや左足に寄り気味です。
最初はこの3種類に分けて良いと思うのですけど、そのあと慣れてきたら、7番アイアンを真ん中にして、クラブが長くなっていけばいくほど左にズラしてみたりして、自分が打ちやすいところを見つけてみてください。
毎回ボールの位置を同じところにするとボールは綺麗に飛んで行きますよ。
少し、意識してみてください。
では、頑張ってくださいね。

初心者レッスン④「クラブが上がっていませんよ~!」 板倉由姫乃の『ゼロからゴルフ!』

ゴルフではボールに対してしっかりしたセットアップが出来ても、そこからいざクラブを上げる時、テークバックで間違った方向や、間違ったやり方で上げてしまうと良いショットは打てません。
どうやったらゴルフ初心者の方が上手くテークバックが出来るのでしょうか。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
こんにちは~
さあ、今回はグリップとアドレス、構えが決まったので、これからやっと、打ちま~す。
ボールを打っていきますよ。
その時に、ボールを打つためにまずどう注意するかというと、テークバック、振り上げるんですね。
クラブを上げてみます。
クラブを上げる、それが綺麗に出来るとその後の動きがとてもスムーズに出来ます。
あんまり効率よくない上げ方をしてしまうと、それ以降の動きがとてもしにくくなってしまうのですね。
なので、綺麗にクラブを上げましょう。
よくあるミスとしては、始めたばかりの方や女性、力のない方に多いのですけど、ヘッドから上げずに手で上げてしまう。
手から上げてしまうと、重たく感じたりとか、振り上げにくかったり、テークバックしにくかったりします。
なので、ここでもコツがあります。
まず、ヘッドから動かす、ヘッドから上げて行きましょう。
手からではなくて、ヘッドから上げます。
そして、ヘッドを上げてからさらに、身体も回して行きましょう。
こんなふうに上げられると、とても綺麗なテークバック、上げ方ができて、そのあとの動作がとても楽になります。
ゴルフしやすくなりますよ。
それでは皆さん、この上げ方でボールを打ってみてください。

初心者は「頭を動かさない」当たるようになったら頭は動かしてみる。

初心者ゴルファーの方は頭は動かさないようにとアドバイスされます。
頭を動かさないことを意識するあまり、クラブを気持ちよく振れないこともあるのではないでしょうか。
ここではクラブを気持ちよく振るためのヒントをもらえます。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
左足のつま先が開いてしまうという質問で、膝の送りに問題があるのか?
というお話をいただきました。
基本的に、膝の送りを意識している人の問題点としては、頭の位置がこのようにうまく動かずに回転してくればいいのですが、膝を送るということは、下半身が先に前にいくということなので、上半身が比較的このように倒れやすい状態があります。
下半身を動かす意識、下半身主導などでの意識を持っている人というのは頭を残すというよりは、右に倒れることを注意しなくてはなりません。
ですから、あまり頭を残して打つというよりは、打ったあとは頭は少し前に乗せていくようなイメージで打って頂いたほうが、足の送りとタイミングが合うと思います。
あまりに残しすぎて、こういう状態になってフェースが開いたりとか、右へ飛んでしまったりとか、それで手を返してフックっていう方が多いので、なるべく、膝は動かしても構いませんので打ったあとは少し頭を前に、あまりこう、乗せていかないで、前に乗せていくようなイメージを少し持って練習していただくとリズムがよくなってくると思います。
ボールを打ったら、頭を前に動かす。
こうすることでタイミングよくスイングが出来ると思いますので試してみて下さい。

初心者はまずこのドリルをして下さい!すぐ当たるようになります(1)

ゴルフ初心者にとってクラブにボールが当たるかどうかが大変な問題ですね。
すぐにボールにクラブが当たるようになる方法はないものでしょうか。
そんなドリルがあったら是非知りたいですよね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
テニスボールを使って対人のキャッチボールをする。
例えば胸の前に行ったら5点とか、腰から下は3点とか、頭から上は1点とかそういう風に楽しく出来るんです。
これの良いところはボールの下にヘッドを入れるということを覚えることなのですね。
そうすると重心も低くなるし、バックスイングを大きく上げることがないのですね。
身体が起き上がるほど振り上げない。
腰の高さから腰の高さへ振り幅が収まってきますので、コンパクト且つ、スイートスポットに宛てる練習になるのですね。
ではやってみましょう。
初めてやりますね。
大きすぎちゃった、こういうことになるのですね、最初はね。
ちょっと動かしてみて。
ね、このくらいですね。
振り幅こんなもん。
ほら、フェースの面が返ってないですね。
フェースの面が返らない、返るとボールの頭を引っ叩いてしまいますから、ボールの下にあくまで入れるということですね、腰の高さから。
じゃ、やってみましょう、もう一回。
フェースをボールの下に入れて、ボールを乗せるように。
あっ、浮きました。
ちょっと強いけれど、浮きました、ボールが浮きました。
もうちょっと柔らかく打ってみましょう。
もうちょっと柔らかく、振り幅を小さくして。
はい、また浮きました。
これ、なかなかボール浮かないんですよ、最初。
彼女、とても上手です。
はい、身体起き上がらないように。
あっ、これは浮いちゃったね。
はい、もう一回。
前傾が起き上がると頭叩き易いので、はい、もう一回どうぞ。
フェースをボールの下に入れてあげましょう。
身体起き上がらないように。
はい、ナイス!浮き上がりましたね。
こんな感じでね、ビギナーの方、ほんと初めて今日クラブを持ったのですけれども、練習してあげるとボール当たるかな、当たらないかなという不安を払拭出来るので、是非みなさんも参考にして下さい。

初心者レッスン③「アドレスでゴルフが決まる!」板倉由姫乃の『ゼロからゴルフ!』

ゴルフクラブは握れたけど、どうやって構えるの?
ゼロから始める初心者のゴルファーが最も悩むのが構え方、すなわちアドレスの仕方だと思います。
ナイスショットの8割はアドレスで決まるともいわれますのでどこを気をつけて構えればよいのか教えてもらいましょう。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
グリップが握れたら、次は構え方、アドレスといいます。
アドレスを、今回はやっていきます。
アドレス、ゴルフ場に行くと、なんだか「ん?」というアドレス。
あんまりカッコよくないアドレスしている方、たまに見かけますよね?
ゴルフをやる上で綺麗なスイング、女性の方も美しいスイングを目指している方は多いと思うのですけど、その為には絶対、まずはアドレスですよ。
アドレスが上手だと、ゴルフ全体が動き易くなりますからね。
そして、アドレスで大事な項目、5つあります。
まず1つ、肩、腰、ひざ、足、これを目標方向に真っ直ぐ向けます。
そして、2は、重心は真ん中、それか、真ん中より少し右ですね。
3つめ。
スタンス幅。
スタンス幅は肩幅強、肩幅強でいいと思います。
で、4つめ。
グリップエンド、このクラブから自分までの距離はこぶし2個前後、1個半から2個分くらいがちょうどよく動き易いところだと思います。
そして最後に、5つめはこれがいちばん大事だと思うのですが、背中の反り具合ですね。
猫背になってしまったりだとかしてる人、いると思うのですがそれじゃダメですよ。
お尻と背中の間をちょっと反って、そして股関節に重心を乗せて、ひざを軽く曲げます。
難しいのですけれど、この5つが出来れば動き易いゴルフのアドレスが出来ると思います。
それでは皆さん、やってみてください。
頑張ってね。

ドライバーの正しいフェイスの向きと置き方とは?

ゴルフクラブのフェイスの向きはナイスショットに欠かせません。
特に最近多い可変式ドライバーの正しいフェイスの向きはなかなかわかりづらいもの。
何か良い方法は、ないものでしょうか。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
可変式ドライバーのフェースの合わせ方についてです。
シャフトを抜き差ししてフェイスの向きが変わる、可変式のドライバーがあります。
それの合わせ方を教えて下さい、というご質問が来ました。
基本的に抜いて、挿し方によってフェイスが左向いたり、右向いたりというのは出来るというのが、この可変式ドライバーの特徴なのですが、単純にこのヘッド姿勢が標準的なヘッド姿勢だとしたら、クローズに入れてちょっと被ってるということは、こういう風に、このような形でシャフトが刺さってるということです。
ですから、可変式のドライバーをしなくても、ロフトを変えるにはこのようにするだけでクローズになりますし、こう構えれば開いて構えられるわけです。
そういうふうに、ただ入れ替えているというだけなので、フェイスが開いたり閉じたり、いうふうになっているわけです。
ただ、ここで気をつけたいのが、本来こういう形でクラブを構えているものを、このような状態で構えるとして、ボールは確かに左に行きやすくなります。
ただ、このときに、クラブが上がるイメージとしては少し外に上がりやすい形になります。
逆に、このように開いて構えていると、こういうふうにインサイドといって内側に引けるような動きになりやすいです。
ですからまず、可変式のこういう閉じたり開いたりというのに頼らないようになるべく真っ直ぐの状態で練習することを、やはりお勧めします。
そのあとで、ちょっと調整で閉じたり開いたりというのは良いと思うのですが、やはり閉じてる人というのは、外に上げて、戻す時に開いてこう、逆に下りてきてしまうというくせがありますし、このように開いて構えていると、インサイドに上げて、閉じながら打つという動きが強くなってしまいます。
ですから、可変して調整するということはもちろん大事だと思うのですが、スイングの基本としてはやはりクラブを作った人が、こう構えて下さいというような、普通の状態で持っていただいてなるべく打てるように、まず最初は練習することが大切だと思います。

初心者レッスンゴルフスイングの基本 インパクト

ゴルフスイングの基本はインパクトにあります。
インパクトがショットの成否を分けるといっても良いでしょう。
では、初心者が良いインパクトを迎えるためにはどうのような方法があるのでしょう。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
インパクトについてです。
インパクトとは、ボールとクラブが当たる瞬間の事です。
当たる瞬間というのはボールに当てる事を意識すると、どうしてもこのようにクラブを手や、腕で強く当てよう、当てようという意識になってしまうのです。
インパクトというのはそういう意識がある中で、何とか通過してゆく、そういうイメージを持ちたいです。
インパクトは、どのように捉えたいかというと、やっぱり、自分の軸、軸があるところで一緒に捉えたい。
軸がズレたところで一緒に当たっても、力が伝わらないし、逆にこのようになって当たっても、伝わりにくいです。
一緒に軸のところで、この軸のところでインパクトしてあげる。
そうすることで、力がいちばん伝わりやすいです。
実際のインパクトは、このようにアドレスから、アドレスのように戻るというのが基本ですが、実際は手の位置が少し左側にある状態で、ハンドファーストというのですが、少し、手と身体の方が少し左を向いた状態、ちょっと早い状態で当たるといちばん正解です。
イメージは、アドレスの位置にこのように戻ってくる。

その中で、少しだけこのように左への意識があると、ボールとクラブの力の伝わり方はいいです。

初心者向け簡単ゴルフレッスン

これからゴルフに取り組みたい、ゴルフをしてみたいという初心者の方にはゴルフクラブをどう振れば良いのかなど、判らないことばかりだと思います。
初心者向けに判り易く、簡単なレッスンがあればいいのに、という方は是非参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日は、初心者ゴルファーのためのクラブの握り方からフルスイングまでの基本の流れを簡単に説明します。
それではクラブの握り方から説明します。
クラブは正面に構えて頂いて、横から軽く握ってゆきます。
その時に、クラブを持ち上げた時に手首に負担がかからないようにいちばん自然な形で握ってもらうのが自分にいちばん合っているグリップの握り方になります。
この時に、肘がこうなったり、こうなったりしないように、真っ直ぐに上げた時に肘と手首に負担がかからないような握り方をします。
そして右手ですが、右手は左手の親指をそっと包み込むように握ってゆきます。
その時も、同じように手首を、クラブヘッドを持ち上げた時に手首が無理のない動きができるような握り方にしてゆきます。
右手の小指の位置は、左手の人差し指と中指の間にそっと乗るようにします。
なるべくグリップに力を入れないように、上下どう振ってもあまり手首や肘に負担がかからない柔らかい握り方をしてゆきます。
そして、正しいグリップが出来たら今度は立ち方になります。
アドレスは、足はまず肩幅に開きます。
足を肩幅に開いたら、今度は前傾を取ってゆきます。
前傾ですが、曲げてゆく時に、背中から丸まるのではなくて、しっかり背筋を伸ばしたら、その背筋を伸ばしたまま股関節から曲げてゆきます。
ちょうど曲げる角度は肩の真下に手がくるような、この場所にアドレスを取れるようになったらいいです。
このポジションで、このお尻の位置の高さのまま、膝を少し、軽く曲げます。
この時に、太ももの裏のこの場所が少し張るような感覚が正しいアドレスです。
では、さっそく振ってゆきましょう。
まず、正しいアドレスが出来たら、ここからここの、結ばれた三角形のラインを崩さないまま上げてゆきます。
おへそと一緒に上げてゆきます。
この時、必ずおへそも一緒に回してゆきます。
真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ下ろす。
時計でいったら5時から7時、8時から4時、という形で右ひだり対称のスイングをしてゆきます。
それでは、最後は三角形を崩さないまま、大きく円を描いてゆきます。
膝の位置がなるべく暴れないようにしてゆきましょう。
如何でしたか。
ゴルフは楽しくやるのがいちばんです。
Let’S EnjoyGolf!

バックスイングでの腕の使い方は振り上げない!!

ドライバーショットでナイスショットをするためには腕の使い方も大切です。
特に飛ばしたくて、バックスイングで腕を思い切り振り上げている人を大勢見かけますが、それは正しいのでしょうか。
バックスイングでの腕の使い方はどのようにすれば良いのでしょうか。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
バックスイングでの身体の回し方と、腕の関係についてです。
よく、腕を縦に振るというか、縦に上げる、そして身体は横に回す、このような理論があるのですが、やはり色々組み合わせて、手を返す、腕を上げる、身体を回す、みたいな事を全部組み合わせてやるとゴルフのスイングって、かなり複雑になってしまいますので、まずは基本的には身体を回しただけでクラブを動かすっていうイメージの下で打っていただいた方が、簡単だと思います。
で、ゴルフクラブをこのようにアドレスの状態で持っていると、腰の高さに、前傾なしだとなります。
その時に、身体を右、左と回して行くと、当たり前なのですが、地面と平行に、このように動いて行きます。
これを、前傾して頂くとどうなるかというと、関係はこのように変わっていなくても、前傾すると、だいたいこのへんまではクラブを、身体の回転だけでクラブをこの高さまで上げる事が出来ます。
で、あとはだいたい皆さんがよく言っている、コックといって手首が少し曲がる角度がほんのわずかです。
こういう風に折ったりしなくてもですね、少し手首がヘッドの重みというか、少し軽く曲げるような形で、少しだけ向きを変えてこの辺まで上がるのに、少しクラブを垂直に立てる。
このくらいの動作でも、バックスイングはほぼ完了だと思っていただければ良いので、ほとんど腕を上げたり下げたり、というのはしなくて大丈夫です。
身体の向きだけで、クラブが意外と高いところまで上がりますので、そこまで上げて、あとは向きだけでこのようにボールを打ってゆくことが大切になります。
向きだけで上げる、自分でこのように振り上げたりするとこうやって振り下ろすような動きだったり、回すようにこう、手を下から入れたりというのが出てきてしまいますので、まずは向きを変えたことで、クラブは意外と高い位置に上がってくれるというのが理解できて、そしてそれを上手く実行できるとあまりストレスなく、スイングすることが出来ると思いますので、腕はまず、振り上げないで身体をしっかり向きを変えて、身体を入れ替えて打つ、という事を気をつけてやってみて下さい。

ゴルフ スライス修正法 インサイドアウト編

ゴルフでスライスは打ちたくないものです。
特に多いのが、右に出てさらに右へ曲がってゆくスライスです。
どうすればそのようなスライスを防ぐことが出来るのか、その修正方法を見てみましょう。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
今回は、インサイドアウトに行って、目標より右に出てスライスが多い方、またはシャンクなど出てしまう方。
そういう方の修正方法をお伝えしたいと思います。
まずひとつはバックスイングですが、バックスイングでよくクラブをこちらに引く、また、体重移動しないといけないので、このままバックスイングして肩が落ちてしまう。
こうしますと身体が回転運動ではなくこういう運動になってしまう、上下の運動ですね。
そうすると、こう、クラブがありますと身体が揺れるとこのようにインサイドから落ちてきやすくなります。
と、いうことでまず、バックスイングで左肩が落ちないように、または腰が横にスエーしないように、ということをチェックしてもらうことをお勧めします。
もうひとつは、今度はトップまで行った時、その状態からボールというものは下にあるので、このように、トップに行った時点ではクラブは上にあります。
下のものを上から打とうとしますとどうしても上から下、上から下の動作になります。
この肩が極端に上がってくる、という状態になります。
と、いうことで綺麗にバックスイングが出来たとしても、そのまま下にあるボールを上から打とうとして、ってなりますと、クラブは当然上から下に動くとインに入りますので、もうひとつのチェックポイントはトップからダウンスイングでこの、肩が上がらないように、このようにならないように、これが、このままスーッと同じ状態で下りてくる、このような練習をすることをお勧めします。
最後にもうひとつ、インサイドに入るということはどういうことかと言いますと、色々と連結しているのですが、インに入る、腕を意識する事も出来ます。
クラブがインサイドに入るということは、腕が浮きます。
こうなると極端にインからアウトに行き、先ほども言ったようにシャンクになってしまったりします。
と、いうことでもうひとつ気を付けたいのは、この腕が、トップから胸に、胸から離れないように胸にそのまま、付いたまま行く。
こうなりますと、トップから腕が離れず、胸に付けようと思いますと、インからは下りずにしっかりと下りてくるようになります。
と、言うことで、この3つのポイント、バックスイングでは腰が移動する、肩が落ちるといったことのないように。
また、トップから上から下に打とうとして肩が上がり過ぎないように。
そしてもうひとつは、このまま腕が、身体から離れないように。
それらの感じをチェックしてもらうと、インサイドアウトでプッシュスライス、シャンクなどが修正されてきますので、皆さんいちど試してみて下さい。