コースでシャンクが出てしまった時の即席の直し方、すぐ直ってしまう方法

ゴルフの上級者も初心者も問わず悩まされるのがシャンクです。
一度シャンクが出ると、止まらなくなる厄介なシロモノです。
どうにか一回で止める方法はないものでしょうか。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日は、コースでシャンクが出てしまった時の即席の直し方、すぐ直ってしまう方法を皆さんにご紹介したいと思います。
まず皆さん、シャンクってどうやって出るかはご存知でしょうか?
シャンクというのは人によっては先に当たるとか、ネックに当たるとか色々なことを言うのですが、この、ネックですね、シャンク打ったあとウェッジを見てみて下さい。
多分、この辺り、この辺りにボールの跡が付いているはずです。
つまり、フェースではなくてネック、ネックでボールを打ってしまうのが原因なのです。
それはスイングの何が原因かというと、アドレスした手の位置にインパクトの時に手が戻って来ない。
アドレスよりも手が身体から離れたところに戻ってきた時になり易いのですね。
ですから、アドレスした位置に手が戻ってくれば、何の問題もありません。
そのためには二つの方法があります。
その打ち方をご説明したいと思います。
まず、アドレスをして、どうやってシャンクになるかというとこの、アドレスの状態よりも手が外へ来た時にネックに当たってシャンクになるのですね。
こういう状態、なぜそういうことが起こるかというと、右の膝が早く前へ出てしまうとアドレスした位置よりも外へ行ってしまうことがあるのですね。
ですから、即席でシャンクを直す一つの方法としては、いつものアドレスをした状態から右のつま先を外側に向けます。
この状態で普通に打ってみてください。
まず、この状態だと右の膝が前へ出ることがないので、手が自分のアドレスした位置に戻りやすいです。
では、もう一つの方法です。
もう一つの方法は、通常フェースの真ん中でボールを構えてアドレスしますが、フェースの先、トウではなくて、トウよりも少し離したところにボールをアドレスして、ここで通常のアドレスですね。
このアドレスから、いま、トウの先に外したボールを打ってください。
そうすると、手が少しぐらい外へ出ていって、ちょうどボールに合うということですね。
そのままだと先に当たってしまうので、必ずそういう時は右サイドが動いてくれてボールをちゃんと捉えてくれるはずです。
この状態のアドレスから打ってみてください。
必ず右サイドが正確に動いてボールをちゃんと上げてくれます。
この二つの方法があります。
私は、お勧めするのは後者の方ですね。
ボールを先の方でアドレスして打ってみて下さい。
また、それがどうも違和感があるようでしたら、普通のアドレスから右足のつま先を後ろに開いて、それでスイングしてみて下さい。
この二つの方法、どちらかをおやりになれば必ず、一回でもうシャンクは止まってしまいます。
是非試してみて下さい。

あしたのゴルフ~傾向と対策~「ドライバーのクラブ特性編」

初心者ゴルファーの人には難しいクラブと思われているドライバー。
でも、ドライバーで遠くへ飛ばせたらとても気持ちがいいですよね。
そのドライバーの特性とはどんなものなのでしょう。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーが、どのような仕組みで遠くに、正確に飛ぶかということが、最新機器を使って判ってきました。
これを3つのカテゴリーに分けてみたいと思うのですね。
まずひとつはクラブ軌道、そして打点、そして3つめはフェース向きです。
この3要素が組み合わさることによってボールがどこに、どのような球筋で飛ぶかということが決定されています。
ドライバーというのがどのような特徴を持っているかというと、やはりこのラウンド、そしてバルジ、フェース面に丸みがあるわけです。
ですから、まずですね、ヒールに当たることによってボールは約5度くらい左に飛び出す特徴があります。
そしてトウ側に当たっても約5度右に飛び出します。
もちろん、芯を中心にして丸みがありますからその中間ですと2・5度、3度といったところ、左右に飛び出す可能性があるわけですけれど。
そしてもひとつ、フェース向き。
フェース向きに関して言いますと、芯に当たったときは当然真っ直ぐ行くということになりますが、これは打点という要素も噛み合わさってですね、左右打ち出し角度がズレてきますので、仮にオープンフェースで当たっても、ヒールに当たってしまいますと時には左に出ることがあるわけです。
これがよりこのドライバーというクラブを難しくしてしまっているわけです。
それをですね、今回皆様の、答えていただいたいくつかの質問事項の中で、その原因というのを発見いたしました。
それによって、適切に皆様に合った処方箋を選んで頂くということが、この中で皆様にやっていただくことです。
そしてもう一点、軌道という面に関して言いますと、プロはインサイドイン軌道、もしくはインサイドストレート軌道になりやすいです。
多くのアマチュアの方は軌道に関しましてはストレートイン軌道、もしくはアウトサイドイン軌道になりやすいわけです。
これはですね、ドライバーというのは基本的にはボールを左足かかと線上付近にですね、置くというのが基本になっています。
ボールポジションが左になればなるほど当然クラブというのはイントウイン軌道をやっていますから、当然左にあればあるほど軌道面はカット軌道になってきやすいわけです。
ただ、プロゴルファーのスイングを見ていただければ判るようにフォロースルーが大きいですよね。
この大きさそのものが、フォロースルーの時のクラブがストレートに出てくる長さを示しているわけです。
ですから、軌道面に関しては、あなたがどのような軌道かというのを発見して、すべてこの3要素ですね、軌道、フェース向き、打点、あなたはどういう動きになっているかというのをしっかりと指摘させていただいて、そこで正しい処方箋を皆様に提供したいな、という風に考えております。

【逆説のゴルフ】アイアンをアッパーブロー、ドライバーをダウンブローに打ってみる。

ゴルフでよく話題になることが、ドライバーとアイアンではスイングが違うのか、同じなのかということです。
いろいろな意見や見解があるようですが、初心者の人は、まずはクラブの入射角を揃えるということも大切なのかもしれません。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーになると、どのようにクラブを戻してよいのかわかりません、というご質問がきました。
おそらくアイアンや、クラブによって入射角がまちまちというか、イメージもまちまちになっているのだと思います。
入射角のイメージが変わってしまうのは別に構わないのですが、基本的にニュートラルなスイングをしたらどのスイングでも同じようにクラブが入ってくる入射角が同じイメージにしておかないと、入射角を作るのはクラブの長さの作用で入射角が少しずつ変わってきますので、自分で打ち込むとか、払うようなイメージはある意味応用になってきますので、まずは自分で同じように振って球が出るという事が大切になります。
ですからアイアンの場合はおそらく少し打ち込み気味に打っていて、ドライバーになると少しアッパー軌道というか下から上に動かしているようなイメージがあるのではないかと思います。
ですから逆をやって、アイアンはあまり打ち込まないでボールだけをさらっと打つようなイメージにして頂いて、ドライバーに関してはこのように少し、あんまりこの、下の領域を使わないでボールの高さ分で平行に滑らかに動いてくるようなイメージで、打つ練習などをしてボールを綺麗に入射角を揃えて行くということが大切なのではないかなと思います。
ドライバーだとアッパー軌道、アイアンだとダウンブローみたいなイメージがあるのですが、入射角は全部、最初は同じようなイメージでまず作って、そこから少し上から入れるとか、少しこう、下からすくうみたいなイメージを付け足して行けるようになると色々な引き出しが増えて良いのではないかと思います。

初心者は2つの形のアプローチを覚えれば100切りを狙えます。

初心者ゴルファーにとってやはりアプローチは難しいようです。
距離感は?打ち方は?
ゴルフコースに出たときの為にぜひとも覚えておきたいですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
初心者の人が覚えたいアプローチについてです。
初心者の人がまず覚えたいアプローチというのが、基本的に何も手で合わせないで、身体のこのように向きを、右、左と変えていって、クラブがこの、身体の正面にある状態からそのまま右向き、左向きでボールを打っていって、カップに寄せられるようにしてゆくことが大切です。
二種類必要なのは、腰の高さのアプローチと、あと、頭くらいの高さのアプローチ、この二種類があれば、グリーン周りの大体の距離、打てると思います。
腰ぐらいでだいたい20ヤード付近のアプローチ、このように、腰の高さから腰の高さ、このあたりがだいたい10ヤード、20ヤード付近のアプローチになります。
次に頭の高さ、頭から頭、頭から頭、これでだいたい30ヤード、40ヤードの距離を打つことが出来ます。
ですからあまり色々やらずにこの二種類で、同じクラブでこの二種類の振り幅を練習して頂くことで、意外とアプローチの距離が安定してきます。
いちばん良くないのは感じで合わせ、最初に合わせばっかりやってしまう。
強かったから弱く、弱くだったからちょっと強くっていうのを繰り返してしまいますので、まずはフォームで、腰の高さだったらこのくらい飛ぶ、頭の高さだったらこのくらい飛ぶ、という感覚を一回自分で判っていただくということが大切になります。
その中で弱めとか強めというのが出てくると思いますので、まずはこの、腰の高さのアプローチ、そしてヘッドが頭の高さのアプローチ、この二つを練習してみて下さい。
そして二つの振り幅の時の注意点が、この必ず、フェースの向きと自分の傾いた前傾がこう、後ろから見たときだいたい同じくらいに、腰の位置でも頭の位置でもだいたいこのように斜めになっている、前傾と同じような形になっている状態をキープして頂いて、なるべく打つようにしましょう。
そしてクラブの方向はこの身体の幅の中くらいにこう、入れるようにします。
こっちに来過ぎたりするとフェースが開いてしまいますので、身体の中になるべく入れてスイングする。
それを気を付けてやってみて下さい。

【初心者向けゴルフレッスン】ウェッジを使ったアプローチショット(アプローチの打ち方編)

ゴルフ初心者の方が良い当たりをして、グリーンの近くまでボールを運べたのに、アプローチがうまく行かずにグリーンオーバーしたり、ざっくりダフッたりしては楽しさも半減してしまいます。
スコアを縮めるためにはアプローチの打ち方も研究しておきたいですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日は、アプローチの構えをレッスンで直していきたいと思います。
まずはアドレスなのですけれど、先ほどのアドレス、7番アイアンくらいのアドレスと一緒の構えでアプローチをしていたのですね。
今日はまず、アドレスを直すということで、アプローチの構えというのは、基本的に今日やるのは10ヤードくらいのアプローチなのですけれども、ほぼ、足と足がくっつくくらい右足が左足によって行く、というのが10ヤードくらいのアプローチなのですけれども、ちょっと右足を寄せてもらっていってもいいですか?
この時に、基本的につま先の前にボールがあるような感じがすると思うのですけれども、7番アイアンの時と一緒で、左足のかかとからヘッド1個分というのは実は変わらないんです。
で、このままちょっと左足に重心がかかるような感じで構えてみましょうか。
で、バックスイングも、例えばここら辺まで上げて、上げたと同様左も同じ分だけふり幅は行くという感じでちょっと打ってみましょう。
そうですね。
そのような感じでアプローチは打って行きましょう。

「だふる」原因の3つのポイントとは?

ゴルフの初心者が必ず悩むのがダフりです。
せっかくナイスショットを打ったのに、次のショットが大ダフりでもったいないことをした経験は誰にもあると思います。
では、ダフる原因とはどこにあるのでしょう。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
初心者がダフってしまう、3つのポイントについてです。
右手がダフって痛くなってしまっているという事だったので、ご質問の通り右手がダフって痛くなってしまっている人のために、まず、姿勢を必ず真っ直ぐ、ゴルフって右手の方が下にあって、普通に構えると右に傾きやすいです。
で、さらにボールを上げたかったりとか、雑誌とかに書いてあるハンドファーストっていって、手を前に出す意識を持っていえると、こういう風にハンドファーストにするっていうより、手は前に出て、身体だけ前に出てこういう形で構えている方っていうのがまず、結構多いです。
ですからまずは、正面にしっかりと真っ直ぐ立って頂いて、まっすぐクラブを置く。
グリップはフックグリップとか、こう、ウィークとか色々な握り方があるのですが、まず左右対称にクラブを挟むというか、左右均等な割合で摑んでいるような形で左右対称ぐらいの気持ちでまずは基本的に立って頂く。
基本的にまっすぐのイメージで立って頂くというのが、まずひとつ大事です。
こういう風になっていると最初の姿勢から手前にダフるようなイメージになってしまいますので、まずは真っ直ぐ、鏡など見ながら姿勢をまず正すということが、まずひとつ大事です。
で、ふたつめには今度はバックスイングです。
バックスイングに入るときに、この骨盤の位置が左に動いて回転してしまう人は、クラブの落ちる場所って自分の身体の真ん中に落ちますので、身体の真ん中がズレる分だけ戻ってこれないと手前に落ちてしまいます。
ですから、バックスイングの状態で、骨盤の位置が、多少ズレてもいいのですけど、なるべくズレないようにして身体を回して行く。
これが大事になります。
動かずに身体を回す。
これが大事になります。
そして3つめは、クラブを振り上げない、という事ですね。
クラブを上に振り上げて行くというよりは、まずはテークバックから地面を擦る様な形でクラブヘッドがしっかり低いところから上がっていって、身体が回ったから高い位置に移動しているという感覚で打つことが大事です。
自分で持ち上げればやはりこう、上から下に落として行くという動きが強くなってしまいますので、クラブが低く長く動いて、身体を回した円で戻ってくるような形でブーンと振って頂くことが大切です。
その3つを気をつけて打てば、大体ボールが当たって、ダフったりトップしたりというのは無くなります。
ですから、軸を真っ直ぐ、そして左右バランスを取った構えから身体をこう、流れですね、流れを起こさないようなイメージで、あとは低く長く上げて行って頂いて、回転でボールを打って行く。
この3つをまず意識して練習してみて下さい。

打ち急いでスイングが早い人のゆっくり打つための練習法とは?

ゴルフではベテランゴルファーも初心者の人も打ち急いでミスしてしまうことが多くあります。
打ち急いでスイングが早くなって、ミスしてしまう。
打ち急ぎを修正するためのドリルにはどのようなものがあるのでしょう。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
スイングをゆっくり振るための練習法です。
スイングをゆっくり振るには、まず練習法としてはいちばんクラブの中で重い、サンドウェッジを使います。
サンドウェッジを使って、40ヤードから50ヤードくらいのアプローチをフルスイングというか、フルサイズのスイングでアプローチする練習をします。
その時に気をつけたいのが、ロブショットのように手首を主体にしてボールの下を潜らせるような形で打っていくと、やはり手首や腕を使うとスイングは早くなり易いので、手首や腕を使わずに、フェースを少しだけ開いた状態にして、身体の回転に沿ってこう、40、50を打ってあげるような練習をすると良いです。
身体だけ回していって、40、50をこのように打っていく。
そうすることでゆったりとした、身体で動かすことによってゆっくりとしたスイングが身について行きます。
身体で回したスピードで打って行く。
これが大事になります。
身体で回したスピードで、ボールをこのように打って行く。
これが大事になります。
あまり急角度でこう、手首でこう鋭角に打ったりしないで、もう構えた通りただ身体が回って戻ってくる感覚を意識してそのまま、こう身体で回してあげるとゆったりしながらフェースにボールが乗っかったような感触で打てるようになるので、フルスイングの、普通のショットにも良い影響を与えてくれますので、こういう練習をしていただくと少しゆっくりボールを打てるようになりますので、是非練習してみて下さい。

ヘッドスピードを一瞬にして上げて飛距離アップする方法

ゴルフではヘッドスピードが上がれば飛距離が増すと言われています。
では、どうすればヘッドスピードが上がるのでしょう?
一瞬にしてヘッドスピードが上がる方法があるとしたら。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ヘッドスピードを一瞬にして上げて、飛距離をアップさせるための方法をご紹介したいと思います。
バックスイングというのはゆっくり、大きく上げる事によって、ヘッドスピードが増して、飛距離がアップします。
そういう言われ方もしますけれど、例えば、バックスイングを速く上げることによって左の肘が極端に曲がってしまって、スイングの弧、いわゆるスイングアークが小さくなってしまっている方にとってはゆっくり、大きく上げることによって、スイングアークが大きくなって、ヘッドスピードが上がり飛距離がアップするということはあると思うのですけれども、実際にはバックスイングというのは速く上げれば上げるほどヘッドスピードは上がります。
例えば私の場合、通常のリズムで打ちますと、これくらいのバックスイングのスピードで上げて打つのですけれど、今度はかなり高速でバックスイングをしてみたいと思います。
このようなかたちです。
おそらく最初に振ったヘッドスピードよりも、あとに振ったヘッドスピードの方が、おそらく2から3メートル毎秒速くなっていると思います。
これは、どんな方でもバックスイングを速く上げることによって、ヘッドスピードというのは筋肉の反射で速くなります。
ただ、この、高速のバックスイングというのは非常にバランスも取りにくいし、リズムを取りにくいので方向性はどうしても悪くなってしまいます。
ですからこれはあくまでもヘッドスピードを上げるための練習として取り組んで頂いて、その練習が終わったあとに、このように左足を上げて素振りをします。
ボールを打ってもらってもいいのですけれど、1本足で素振りをして頂いて最後はこの練習を終えるようにして下さい。
1本足というのはリズムが自然にゆっくりになります。
なので、ゆっくりとしたバックスイングの中でも、最初に高速でバックスイングした時のヘッドスピードが出せるように繋げてゆきます。
そういう練習をして頂けると自分のリズムで振った時も、速く、高速でバックスイングしたヘッドスピードに近づくことが出来ると思います。
これで飛距離アップは間違いありません。
是非、練習してみて下さい。

ドライバーを曲げずに飛ばすための練習方法とは?

ゴルフではドライバーが真っ直ぐ遠くへ飛ぶと、やはり気持ちがいいものです。
でも、曲がってしまってはスコアを崩してしまうし、ゴルフが面白くなくなってしまいます。
曲げずに飛ばすにはどういう練習方法があるのでしょうか。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーを打ち急いでしまったり、力が入ってしまう人は、ドライバーでチップショットをします。
ドライバーで100ヤードくらいを狙っていただいて、100ヤードにしっかり、真っ直ぐ行くようにフルスイングで、ドライバーで打っていただく。
それが大事です。
こういうスイングを常に練習場で少し練習しておくことで、身体がゆっくり振れるようになってきます。
100ヤード狙って。
しかし芯はしっかり食って、真っ直ぐボールが出てゆくように振ってゆきます。
そうすることで、変に手でねじったりとか、身体が突っ込んだりということが無くなってきますので、しっかりと100ヤードくらいを狙ってゆっくり、軽くアプローチショットのように打ってゆきます。
それが、だんだんミート率が上がってきたらすこしずつアプローチを100ヤードから150ヤードとか200ヤードくらいにしていって、少しボールが飛ぶように、今、自分も200ヤードくらいの気持ちで打ったのですけれど、やはりちょっと振ろうとすると身体が反応して結構スピードが出てしまいますので、今くらいの形で打っていただいても全然問題ないという事になります。
ですから最初弱めにしていって、で、最後自分の飛距離に到達する頃には軽く打っているのに、自分の飛距離が打つことが出来ると思います。
是非やってみてください。

スライスの原因はアウトサイドインの軌道がすべてではありません。

アウトサイドインの軌道が直ったのに、まだスライスが出てしまうとお悩みのゴルファーも多いのではないでしょうか?
では、そのスライスの原因とはいったい何なのでしょう。
ゴルフでのスライスをなくすための試みを研究します。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
スライスの原因についてです。
スライスの原因として主に考えられるのが、バックスイングをこのようにして身体の前方からクラブが下りてきて、打つ方向に対して被さるように入ってきて左へ抜けてしまう、アウトサイドインという状態が、大体スライスの原因と言われています。
しかし、アウトサイドインばかりを気にして、どうしても皆さんインサイドアウトといって背中側からクラブを下ろすような形で振りぬいていくスイングを目指して良くのですが、意外とそれが逆の原因で、振り遅れていってクラブが後からついてくる状態になって、そのせいでフェースが開いてボールに当たってしまうことで右へ飛んでしまうというミスになっていると思います。
ですから、意外と皆さん結構このアウトサイドインという軌道を最初に気にして凄い、何とかインサイドから、インサイドからっていう感じでスイングを作っていくのですが、むしろ軌道は最初、やはり軌道を変えるのって難しいので、まずは身体の動きでクラブをちゃんと振りきれるようなスイングを目指して作っていったほうが良いです。
インサイドアウトであろうが、アウトサイドインであろうが、腕で操作しているうちはどっちの軌道でもやはりうまくボールが飛んでくれませんので、あまり軌道をこう下ろすとかというのを気にしすぎるよりは、まずは身体の動きを常に考えてその身体の動きが適正になってくればクラブの軌道というのもだんだん整ってきますので、自分で腕だけでこう、軌道を変えたり、こう打ったりというのを考えないように注意して下さい。
スライスの原因としてはアウトサイドインとかっていうよりは、どっちかというと身体が開いて逆にインサイドから来てスライス打っている人の方が多いこともあるので注意してみて下さい。