アベレージ編#2_ドラコン王者 安楽プロの飛距離UPレッスン

ゴルフのスイングは人それぞれ個性的です。
その構え、アドレスにも個性があふれていますが、飛んで、曲がらないアドレスの取り方があるとすれば是非知りたいですね。
上手な人たちのヒントが参考になるかも知れないですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回は、アドレスの取り方について説明したいと思います。
僕がドライバーショットを打つにあたっていちばん大事な部分というのはアドレスの取り方、アドレスですね、アドレス、形です。
その形を僕自身は、ニュートラルポジジョンと名づけているんですけれども、そのニュートラルポジションとはどういうことかというと、アドレスの中には股関節、膝の関節、足首の関節、ま、あと肩関節、肘関節、手首の関節ありますけれども、まずいちばん最初にどこを決めるかというと、自分のアドレスの中で決めるポジションというのは股関節です。
股関節を入れます。
なぜ、このような入れ方をするかというと、ここに重い、3キロの重いボールがあります。
で、これを持ち上げる時にいちばん簡単に持ち上げるためには、まず股関節を入れて、膝を入れますね。
膝入れて、手を垂らした状態ね、垂らした状態このだらーんとした状態から持ち上げるとまず腕の力ってそんなに要りませんよね。
これが、手が少し前に出た状態、前に出た状態で持ち上げるようとすると、こう持ち上げることになりますのでものすごく腕の力が要ります。
いちばん理想的な構えというのは直立した状態からまず、股関節にクラブを当てます。
当てた状態からくっと押します。
押すとお尻が出ます。
この状態から、両膝を曲げます。
曲げると同時に、足首の関節も同時に連動して曲がります。
そうすると、ここからジグザグのラインになると思います。
この状態だとまだ胸が張った状態ですから、今度はこの状態から胸の力をスッと抜きます。
抜くと、手が垂れたポジションが出来上がりますよね。
そのポジションでスッと構える。
これが僕自身のニュートラルポジションの作り方です。
これを参考にしてアドレスを作っていただければ、いいアドレスが取れると思いますので、皆さん是非参考にしてみて下さい。

アベレージ編#4_ドラコン王者 安楽プロの飛距離UPレッスン

ゴルフでは、体重移動がよく話題になります。
体重移動をするかしないか、どのくらいまで体重移動するかなど悩ましい問題ですが、これらの問題に簡潔に答えてくれています。

span style=”font-size: large;”>5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回は重心移動について説明したいと思います。
ここの重心をこちらに移動する、重心移動。
またここでもこのメディシングボールが登場するのですけれども、この重いものを向こうによいしょっと投げる場合に、必ず重心というものは移動しますよね?
その場合というのは、必ず頭っていうのは一緒に動くはずですよね。
重心止めたままで、頭止めた状態のままよいしょってやると結局手で投げているだけですよね。
どっちが飛ぶかといえば、絶対的に頭を揺すって投げるほうが飛ぶと思うのですよね。
重いものを持って、投げていただければ、ほとんどの方が頭を揺すって投げることは出来ます。
ただ、ゴルフクラブというものは、軽いですよね。
軽いもので構えます。
ほとんどの方が、構えた状態から右にトップスイング上げる場合に重心移動してません。
やろうと思えば出来ますよね。
これは重心移動をせずに、回転だけで上げている証拠です。
野球のピッチングと一緒です。
右に重心移動で重心掛けます右足に。
頭というものは動きますよね?
ただこれを直立でやろうとすると、右に重心移動出来ません。
必ず右に、軸足の右足に乗せるためには頭はグッと動いてきますから、構えた状態から動きます。
その場合、頭というものは動きますよね、動きます、動きます。
で、その場合、構えた状態から動くのですけれども、動く場合にどこか止めなければいけません。
僕はどこを止めているかというと軸足です、右の軸足。
右の軸足に乗せることによって、頭は動いているのですけれども、ここの背中の軸は動いていませんので、これが僕の重心移動です。
確かに頭というものは動きます。動かしていいです。
止めようとするのではなくて、動かせと言った場合に、こんなに動く人、いませんので。
動かすつもりでも、実際問題はほんの少し動いているだけです。
それを無理に止めようとするから、皆さん重心移動が出来なくなりますので、是非とも構えた状態から逆の動きを入れて、逆の動きから重心移動する、右で支える。
ここまで出来ればきっちりバックスイングまで持って行けますので、是非とも皆さん参考にしてみて下さい。

アベレージ編#1_ドラコン王者 安楽プロの飛距離UPレッスン

ゴルファーの多くがやっぱり難しい、と思ってしまうクラブがドライバーです。
でも、考え方によってはもっともやさしいクラブになるかもしれません。
それはどのような考え方なのでしょうか、知りたいですね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回はドライバーショットの考え方について説明したいと思います。
皆様は14本あるクラブの中で、ドライバーがいちばん難しいクラブと思っている方がたくさんみえると思います。
ドライバーよりも9番アイアン、ショートアイアン、7番アイアンの方がやさしいと思われている方がたくさんいると思いますけれども、ドライバーというのは打つ場所を選ぶ事が出来ます。
例えばティグラウンドの左端にティアップしたり、右端にティアップしたり、あとはティの高さも自分で低くしたり高くしたり打つライを変えることが出来ますよね。
それというのは14本ある中でドライバーだけですよね?
他のショットはあるがままの状態で打たなければいけないのですけれど、ドライバーに関しては自分で、いろいろな調整が出来る状態で打つことが出来ますので、まずそれが他のショットとだいぶ違う部分だと思います。
あとはドライバーヘッドとボールをきちっと当てなければいけない、でも、それというのは昔と違って、今のクラブというのはこのヘッドの部分が大きくなっていますね。
昔は本当に僕の握りこぶしくらいの大きさだったと思うのですけれども、今は1.5倍もしくは2倍近い大きさになっていますので、昔よりも当たるのです。
昔よりも当てやすいです。
それはヘッドもでかいですし、道具も良くなっています。
ただ、やはり皆さんドライバー構えます、しっかりと当ててきっちり飛ばそうとしますよね?

当てなきゃいけないと思って打つから難しくなると思うのですけれども、僕自身の考え方というのは構えて、まず構えて動けば絶対に当たるのです。
ボールに当たる。
当てるのではなくて、動けば当たる、そういう考え方で僕自身はドライバーショット、打ってます。
構えて動けば当たっちゃう。
構えて、動けば、当たっちゃう。
ただ、それは皆さんが思うのは、安楽さんだからそう思えるという方がたくさんみえると思いますけれど、これはほんのちょっとしたコツ。
ちょっとしたコツさえつかんでいただければ、当てるスイングではなくて、当たるスイングに転換させることはものすごく簡単ですからそのコツを今から皆さんにお教えしたいと思います。

[動画有り]左にぽーんと体重移動する裏ワザ

ゴルフ初心者のみならず、上級者の人でも出てしまうダフリですが、どうすれば止まるのか、解決方法を知りたいです。
ここで良いヒントをご覧ください。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーでの、コースで出てしまうミスへの対処法、というのをお伝えして行きます。
今回の内容は何かというと、ドライバーでダフってしまう、こうやって地面を叩いてしまう、そういった時への対処法です。
まず、ドライバーでスイングをする際に理想的な動きというのは、振り下ろしてきてクラブが最下点を迎え、そこから少し上がりながら当たる、アッパーブローという形が理想的です。
そうなのですが、ダフってしまったというのは、その最下点がもっともっと手前になりすぎてしまう、その結果手前の地面を叩く、という方が多くいらっしゃるんですね。
ですのでアッパーブローといってもボールの直前で最下点を迎えて、少し上がりながら当たる形が理想なのですけれど、あまり過度に最下点が手前過ぎても良くないので、そうなってしまっている方への対処法になります。
その、最下点が手前にずれてしまっている方というのは、簡単に言うと体重が右に残りすぎてしまっている方です。
そうすると、どうしてもクラブの最下点というのがどんどん手前になってくる傾向があるのです。
ですので体重移動というのを意識してあげると、最下点の位置がだんだんボールの方に寄って行き、過度にダフるというのが消えて行きます。
そこでのひとつの練習法です。
それは何かというと、右足のかかとをあらかじめ少しアドレスの状態から浮かして、このままスイングをして行きましょう。
そうすると、スイングのイメージとしましては、右足かかとを上げておくことで、まずバックスイングで右へ過度に体重移動というのはしづらくなります。
ほぼイメージとしては5対5の体重のまま、その場で振り上げるようなイメージになるでしょう。
そしてダウンスイングでは、かかとを付けられないので右足に体重を残しておくというのが少し難しくなるので自然と左にぽんと乗りやすくなるという傾向があるのですね。
ですので、かかとを上げてバックスイングで右にズレすぎない、そしてダウンスイングで左足にスムーズに乗ってゆく。
こういった体重移動が促され、結果的に最下点の位置がだんだんボール方向に寄って、ダフりというのが出づらくなってきます。
ですので、かかとを上げるスイングというのをひとつやってみると良いかと思います。
一度、打ってみます。
構え、そして右足かかとをあらかじめ浮かします。
浮かした状態で、バックスイングでは右に動きずらいですけどもそのまま回転して、左足に乗って行く。
で、フィニッシュではしっかり右足に体重が残らないような、こういった状態を作ってみてください。
これによってダフリというのは消えてくるのでドライバーを含め、アイアンやフェアウェーウッドなどでもやってみると良いでしょう。

ダウンスイングの体重移動でドライバーの飛距離をアップさせる方法とは?

ゴルフでは体重移動がうまくいかずに飛距離を損する人が多くいます。
プロゴルファーみたいに体重移動で思い切りボールを飛ばして行く練習方法を見つけました。
参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回紹介するドリルは、ドライバーの飛距離をアップさせる、左足ティ打ち込みドリルというドリルになります。
このドリルを行う時にはティをご用意していただきたいのですが、このようなショートホールのアイアンで使うような低めのティをご用意して下さい。
じゃあ、ちょっとやってみましょうか。
まずはこの短いティを地面に刺し込みます。
全部差し込まず、少しだけティを浮かせて差し込んで下さい。
で、このティの上に左足の左側面を乗せます。
このときには左足の左側面が浮いた状態でオッケーですのでこの状態でアドレスします。
この状態からいつもどおりバックスイングを上げ、トップのポジションからダウンスイングをスタートさせる時に、腕の動きをスタートさせると同時にこのティを地面に踏んづけて下さい。
そうするとこのように、ティが地面に刺さります。
トップのポジションから、左足の左側面のティを地面に打ち込んで振って行く。
そうすると自然と体重が左側に乗るようになります。
飛距離がアップしない原因の一つというのが、ダウンスイング時に正しくターゲット方向に体重移動が出来ず、身体の右側に上半身が残ってしまってスイングしてしまうと距離は出なくなってしまいます。
このようにトップのポジションから左足の左側面の下にあるティを地面に踏んづけることによって、自然と体重移動が生まれます。
体重移動が生まれることによって、下半身がターゲット方向に移動して、それと一緒に上半身もターゲット方向に移動して、正しい体重移動を生むことが出来ます。
例えばサッカーの選手でも、ボールを蹴る時には左足が軸足になって、右足が蹴り足になります。
この蹴り足の右足はボールを蹴る時に動いても良いのですけども、左足がしっかり軸足となって踏ん張る事が出来なければ、正しくボールをヒットすることが出来なくなってしまいます。
このドリルを行うことによって、左の体重移動が出来るだけではなく、左足をしっかり踏ん張って左足を軸足にする練習も出来ます。
次回からも本日ご紹介したようなドリルをご紹介して行きますので、頑張って、一緒に上達して行きましょう。

ゴルフ上達練習法!! プロゴルフコーチが教えるバーディ スイング ドライバー アプローチ アイアンの丸秘レッスン!!

プロのスイングを見ていると、腰から始まる豪快なスイングで打って行くプロが多いですね。
あんな風に打ってみたいと思って真似しても上手くゆきません。
上手く行かない原因と、私達が気持ちよく打てる方法をここでは教えてくれています。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
実際にプロのスイングとか見ますと、スローモーションや連続写真で見ると、トップのポジションからダウンスイングの始動時に腰からスイングをスタートしているという選手が多くいます。
実際、トップのポジションからプロのスイングというのは手からでも肩からでもなく腰からスイングをスタートしている人っていうのが多くいらっしゃいます。
トップのポジションから、腰からダウンスイングをスタートしても、プロの選手は肩と腕が遅れを取らずにしっかり腰に付いていけてる状態なのです。
で、アマチュア選手がそれを真似て、トップのポジションから腰から行こうとすると、腰だけが行ってしまいやすくなります。
そうすると、肩も腕も腰に付いて行けず、腰だけターゲット方向に移動して肩と腰が遅れた状態でインパクトしてしまいます。
これは絶対にいけません。
プロ選手は確かにトップのポジションから、腰からダウンスイングをスタートさせているのですが、そのあと肩と腕が腰に遅れをとらずしっかり付いて行きます。
石川遼選手などはトップのポジションから思い切り腰から行きます。
そのあとしっかり肩と腕も腰に付いて行きます。
インパクトの瞬間などはもう身体が、腰が思い切り回っている状態なのですが、肩と腕が遅れをとらずしっかり付いて行っています。
なので球筋が安定しています。
アマチュア選手は絶対にこれを真似ないで下さい。
トップのポジションから腰から行こうとして、腕と肩が遅れをとると球筋は絶対に安定しません。
なので、トップのポジションから、腰から行っても肩と腕がしっかり付いて行くことが出来れば問題ないですが、トップのポジションから腰から先に行ってしまうと、高い確率で肩と腕が追い付けなくなってしまいます。
なのでこの1つめのスイングの、方向性を重視するスイングではトップのポジションから、腰から絶対に行きません。
腰からではなくて、肩からスタートさせます。
これは方向性を重視するためです。
なので絶対に腰からダウンスイングをスタートさせず、左肩からスタートさせて、それに腰が付いてくるというスイングを意識して下さい。

ダウンスイングの力みのない正しい入り方とは?

ゴルフでは目から入る景色や、気持ちが逸ってしまうと力んでしまいます。
そして結果は良くないことが多いです。
力まずにダウンスイングに入るには、どうすれば良いのでしょう。
これを参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ダウンスイングの入り方についてです。
ダウンスイングの入り方は、まず、色々ありますね。
身体を回して左足に踏み込んだりとか、右足を蹴るとか、腰を切ってゆくとか色々あります。
本日の場合は本当に力を入れない為の方法、ですから最初は打ってる感じがしないかもしれませんが、まず、バックスイングで身体でクラブをしっかり、身体を右に向けていただいて、手はあまり曲げず、垂直くらいにしていきます。
で、垂直くらいにしていただいて、クラブが垂直になるとですね、手元のだいたい上の状態にヘッドがありますので、だいたいこう、あまり女性の方でも支えられるくらいの重さになると思います。
これが少しこう、倒れて行くとですね、まあ手とか腕に重さを感じるようになり、重さを感じるようになるとまず、腕が力んできますので、ダウンスイングで力が入ってしまうという原理になってます。
ですから、気をつける事は垂直くらいの体勢から、そのまま垂直にしたままこのクラブが、こうやって落ちる重さ、この垂直に重力で落ちる重さを利用して、手にはクラブは引っかかってはいるのですけど、それを、クラブに手元を下げてもらうような形。
自分で下げに行くのではなくて、腕とクラブが重力でこう、下げられるようなイメージ、そうすると、だいたいクラブ、この時点で身体を最初に回してしまうと手が前に出たりとか、クラブがこう倒れたりするので、ボールに戻りにくくなってしまうのですが、いわゆるインサイドに下ろすというような動きは上手く自然にクラブの重みが手を動かしてくれる、重いので手を動かしてくれる、で、インサイドから入ってくる。
そのまま身体を右に向けてバックスイングしているので、そのまま右向きを、左向きに、今のように変えてゆく。
と、いうのが一応、ダウンスイングの力が入らず、重力で落として頂いて、向きを変える。
これをまず、ゆっくりやってもらう、というのが大事になります。
上げて、落ちたので向きを変える、みたいな形でやっていただくと力みのないダウンスイングが判ると思いますので、是非試してやってみて下さい。

⑧「ドライバーテンプラ予防!」 GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」

ゴルフでは初心者の人がやってしまうテンプラ。
ゴルフクラブに傷は付くし、飛距離は損するし、困りますね。
そのテンプラが、打ち方だけではなく、スイングのちょっとした考え方の変更だけで防げるとしたら、その方法を知りたいですよね。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回はドライバー編、テンプラ予防です。
ここに当たらないように注意です。
私のいちばんの課題なので頑張ります。
ドライバーの時、どのように当ててゆくイメージか、ちょっとスローモーションで。
こうやりたいな、と思ってます。
こうやりたいな、と。
はい。
どちらかと言ったらボールを目がけてきますよね。
目がけます。
ボール、打ってやる、と思ってますね。
思ってます。
ドライバーのイメージっていうのはガッコンで止まるんです。
これテンプラします。
どうするかって言うと、だいたいこの円ていうのはおへそが自分の身体の中心ですよね。
おへそがここにあります。
て、ことは円の中心ていうのをイメージ、ここなのです。
判ったかもしれない。
それで左に行ったときにちょっと浮いたところで当たるんですね。
そうです。
いったん、円がここで落ちて、上がるの、のときに当たるからクリーンに当たります。
なるほど。おへそ全然意識してなかったです。
どちらかと言ったら、テンプラはしなくても、ティがバキバキ折れちゃうとか。
折れます。
グッドショット。
あっ、残ってる。
残ってます。
先生、どうでした?
もう、顔が物語ってます。
キラッキラしてますね。
嬉しかったです。こんなにも変わるんですね。
そうです。おそらく今まではテンプラにならないにしてもどうしてもティに当たったりとか不協和音が入りましたね。
今みたいにクリーンにボールだけを打ったっていう感覚っていうのが少なかったんじゃないかなと思います。
今までそういうのがなかったです。残っていたのがびっくりしました、ティが。
忘れないように練習し続けます。
はい、頑張ってください。
ありがとうございました。

飛ばすゴルフ 腰の切れでハーフショットの練習

ゴルフではよく、腰を切れと言われます。
腰を切れといわれても、実際にどうすれば良いのか、どのような練習をすれば良いのかよく判らないのではないでしょうか。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日はね、腰のキレで打つ、ですね。
いま、ハーフショットですよ、ハーフショットを腰の切れでスパーンと打ちます。
はい、ナイス。
もう、ライン出し、アゲインスト。
最高の打ち方ですね。
腰のキレで打つ為の身体の使い方、教えましょう。
こういった板を土踏まず間に挟んだり、膝との間にボールを挟んだりしてね、内腿を鍛えるんですね。
内腿を鍛えると、この捻転差を使えます。
例えば大きなドアを両手で挟んで左に回す。
こっちね、左に回して。
このときに使うんですよ、内腿。
もう一回。
はい、回して、切る、そうそう。
これね、内腿が使えないと身体が流れます。
内腿がだらだらしていると身体が流れちゃうんですね。
ですからしっかりこれ、挟みます。
その時に、腰の使い方も大事です。
これ、ベンホーガンも言ってますけれど、ここに、ゴムバンドが接着されて後ろの壁と繋がっています。
そのゴムバンドを、引っ張る。
はい、こういう使い方ね。
これ、全く腰を置いておいて身体を捻るなんて出来ません。
窮屈になって打てませんから。
これを引っ張る感覚プラス、太ももを硬くして下さい。
これがね、流れちゃダメです、右ひざが伸びてもダメ。
絶対ここは動きません。
しっかりこれ挟んでると出来ますから。
オッケー、この使い方ですね。
あと、今この板、注目して頂きたいのですけど、これね、エイトフィギュア出ましたね。
これ挟んでみてこれイメージしています。
こう来て、右のズボンのこの線上まで、人差し指でこう、なぞってその内側をクルンと回る、こういう使い方をすると内腿も、腰の切れも使えるのですね。
はいじゃ、ちょっと挟んで。
その時に、上半身と下半身の、捻転差を作ることが大事ね。
その時に、腰からスタートし、そうそう、もう一回。
スムーズにやってみましょう。
振っちゃっていい、振っちゃって、そうそうそう、もう一回。
この使い方見てください。なぞっていってそうそうそうそう、一瞬ね、この上半身の、回してみて、肩よりも腰が先に動くんですね、これ。
そうすると、これ見てください、カパッと割れるような感じ、もう一回。
上げて、そう、ここ、振り遅れるんですね。
ちょっとね、振り遅れるというか肩が遅れて来るんですね。
ここがパカッて開く感じね、右のこの辺、袖口のところがカパって開く感じです。
そうすると腰が先に行って、上半身、肩が遅れてくる感じが出来ますね。
スパーンともう一回、捻って、なぞってやってみて。
右手で、スパーンとね、その感じでじゃあ、打ってみましょうか。
これよくやっているんですよ。
今回、夏合宿でも是非これやりたいと思います。
じゃ、もう一回打ってくれる?
しっかりね、土踏まずで挟んで、あのベルトを引っ張る。
その、エイトフィギュアでクルッと。いいです。
もう一回やってみようか。
はい、オッケー、ありがとう。
是非、この練習やってみてください。

⑥「ドライバーのボールの位置!」 GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」

ゴルフでは、ドライバーとアイアンのボールの位置は同じなのか、違うのかで多くの初心者ゴルファーが悩んでいるようです。
でも、実はそれぞれのクラブの特性を知れば、解決してしまうかもしれません。
ドライバーでボールが上がらない、という悩みがある人には良いヒントになるかもしれません。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回は、ドライバーのボールの位置。
まずですね、そもそもアイアンです。
アイアンとドライバーの違い、大きな違いがひとつあります。
アイアンというのは、円を描いてきて、上がり際でボールを捉えると思っている方が非常に多いです。
ボールの先に跡が付くのです。
と、言うことは、ボールの手前に最低点というのが来るのではないということです。
最低点の手前でボールを拾うことが出来るので、アイアンはナイスショットが生まれるのです。
ただ、ドライバーはですね、この、角度が無いので最低点の手前でボールを捉えてしまうと壁になって、余計ボールが上がらない状態になってしまいます。
ですので、角度がない分、ドライバーというのはボールをですね、若干左めに置く。
つまりは足の幅が広くなるということです。
ボールの位置をズラす必要はあまりないですけれども、若干左寄りにはなってきます。
なので、ドライバーのイメージ、入射角ですね、アイアンと同じようにガッコンと打つわけではなくて、構えました、すると大体自分の身体の中心というのはおへその前ですから、構えた、おへそのところで一旦、円が落ちて上がるよ、の時に当たるのでナイスショット、クリーンショットが生まれるのです。
上がり際でボールを当てて行く事によって、ボールが楽に上がります。
それ、今から打つのですか?
はい。
ドライバーはこう、長いので、前傾が浅くなるにしても、もうほとんど棒立ちなので、これ、飛びそうにも見えないでしょ?
少し不安かもしれないのですけれど。
これぐらい?
もっともっともっと、グッと。オッケー
へえ?
はい、どうぞ。
ほらー。ナイスショット。
ありがとうございます。
嘘は言いません。