ゴルフレッスン「飛距離アップ」ドライバーの入射角

ゴルフで飛ぶ弾道とは打ち出し角度が高くてボールのスピン量が少ない弾道です。
ここではその飛ぶ弾道を得るための練習方法が公開されています。
ぜひ参考にしてみてください。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回はドライバーの入射角度についてお話したいと思います。
ドライバーで最も飛ぶ弾道は高弾道、そしてスピン量の少ない球になります。
まず、ドライバーでは高い打ち出し角度が必要になってきます。
どういう事かというと、ボールがあって、ドライバーのロフトが9度、10度なのでボールの最下点から上がり際でボールを捉えるのが重要になってきます。
このように上から入ってしまうと、打ち出し角度が低くスピン量が多い、飛ばない弾道になってしまいます。
そこで練習方法を紹介したいと思います。
まず、ピンチングウェッジを持ってもらって、ボールをティアップします。
そして、ティをあまり打たないようにボールだけを払い打つような感覚でスイングします。
では、一度やってみたいと思います。
ボールだけをクリーンに払い打つようにしてください。
そうすることでドライバーをアッパーブローで打てて、打ち出し角度の高い、スピン量の少ない飛ぶ弾道にすることが出来ると思います。

飛距離アップ・方向性アップ ゴルフレッスン リリース感覚ドリル

プロのようにカッコいいフィニッシュを決めたいと、ゴルファーなら誰もが思うはずです。
力が入っているようには見えないのに飛んでフィニッシュも決まる。
そんなプロのようなフィニッシュの作り方をとてもユニークな方法で教えてくれていますので、必見です。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
みなさん、こんにちは。
今日は、この短いゴルフクラブを実際に投げてみるという、リリース感覚を養うドリルをご紹介したいと思います。
よく、こういう風に、腕をフィニッシュ側まで一生懸命加速させようとして、その衝撃がフィニッシュで背中まで回り込んで、よく、あー背中が痛い、身体が硬いとかよく言われる方がいるのですが、それは身体が硬いのではなくですね、実際、このゴルフクラブをフィニッシュまで腕を加速させようとしているが為に、ここで衝撃が止められない。
そうすると、どうしても背中がこう、曲げられてしまうような動作になっている方がよくいます。
そういう方にはですね、こう、ゴルフクラブを投げるような感覚、そうするとゴルフスイングというのは加速させるのはこの時点でもう終了しています。
実際、ここからプロのようなフィニッシュっていうのはクラブは、ふわっと滑らかに止まっている映像をよく見ると思いますが、それはもう、クラブをここで投げてしまう、そういう感覚が、プロのようなスイングには存在しています。
そういう感覚を養うのに実際にゴルフクラブを投げてみる、そういうことをお勧めしたいと思います。
実際の打ちっぱなし場でゴルフクラブを投げてしまうと、大変みなさんに迷惑がかかりますが、こういうインドアの練習場ではですね、そういうことがやり易くなってます。
こういう風に構えて、実際にゴルフクラブを投げてみる。
ゴルフクラブの先端を、ターゲットに突き刺すような感覚で投げてみる。
先端を。
そうすると、ゴルフスインがですね、ここで終わっている感覚、ここからは惰性でふわっと巻きついてくる。
惰性でふわっ。
それを、あっ、いたたたた。
こういうフィニッシュの方にですね、是非お勧めしたいドリルです。
是非いちど、お試しください。

【ビデオ】ホントは教えたくないハンドファースト練習法

ゴルフではアイアンショットの憧れはダウンブローだと思います。
しっかりボールを捉えて飛距離も伸びるダウンブローを習得するための練習方法の紹介です。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日は、アイアンでハンドファーストを作り、飛距離アップを図ろう、という話をします。
アイアンは、ハンドファーストでインパクト出来ればロフトが立ち、球が強く飛び飛距離アップすることが出来ます。
ただ、それが判っていてもハンドファーストでインパクトが出来ない、ハンドファーストはどうやったら出来るか、どういった練習をしたら出来るのかが判らないという方も少なくないはずです。
今日は、私がいままでやってきた中で、いちばん効果のあったハンドファーストの練習、そしてそれは今でもレッスンで、ハンドファーストが出来ない方へ必ずいちばん最初にやってもらっているドリルでもあります。
それを今日、皆さんにご紹介いたします。
そのために必要なものがあります。
タオルです。
タオルを四つ折にして使います。
どう使うかというと、ボールの手前に置くだけなのです。
ボールの手前に置くといっても必ずスイング軌道上に置いてください。
なぜ、スイング軌道上に置くかというと、このタオルには触ってはいけないというルールを付けるからです。
テークバック、もしくはダウンスイングでクラブヘッドがタオルに触らないように気を付けてください。
それでは、打っていってみます。
最初は肩から肩へのスイングで始めていくといいと思いますが、自信がなければビジネスゾーンからでも構いません、腰から腰のスイングでも構いません。
これでまず、しっかりと打つことが出来たら5センチ、10センチ、どんどんと近づけていってみます。
いちばん近づけても20センチで構わないと思います。
ただ20センチになるとずいぶん近く感じると思います。
20センチです。これを肩から肩で打っていきますが、この時にやはりちょっと近いなぁ、と感じ過ぎてしまって、テークバック、そしてダウンスイングで当てたくないという気持ちから、トップで左足体重そして軸ブレ、という動きを起こしてしまう人がたまにいます。
しっかりと、ボールを同じ目線から見ることによって左体重そして軸ブレといったものを防いでいきたいです。
同じようにしっかりと右足に体重を乗せて、打っていく。
これをするとハンドファーストが強くなります。
クラブをテークバックで高い位置に上げて、そして下ろしていく。
こうすると、勝手にハンドファーストが出来るんですね。
ハンドファーストが出来ていない方はどうなってしまうかというと、クラブヘッドを早くほどいてしまって、落としてしまう動きが入ってくるので、こうなります。
タオルと一緒にボールも飛んでいってしまいますね。
こういったことが起こってしまったら、残念ながらハンドファーストが出来ていないので、しっかりとビジネスゾーン、小さいスイングから丁寧に練習していくことをお勧めします。
ハンドファーストが出来れば、簡単に飛距離は上がります。
そうすることでひとつ番手が下がって打てるので、グリーンに乗せるショットというのは確率が上がってきます。
そうすれば、皆さんの飛距離はどんどん良くなっていきます。
飛距離アップをすることでスコアアップ、というのは繋がっているわけでもありませんが、きっと易しくなってくるはずです。
ゴルフが易しくなってくると思います。
飛距離アップをするために、これからも皆さんへどんどんアドバイス、いろいろな練習方法をご紹介していこうと思っております。
是非一緒に頑張っていきましょう。

右肩が突っ込んでしまう【その1】アドレス右手下の感覚?

ゴルフのスイングに関する悩みはたくさんありますが、右肩が突っ込んでしまうというのも、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
その原因と、対処法です。
参考にしてみてください。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
右肩が突っ込んでしまうというお悩みについてです。
右肩が突っ込んでしまうという事は色々な原因が重なってますが、まずアドレスについてです。
アドレスが、右手がこう、長い状態で持っているような人というのは最初から右肩が下がった状態になっていますので、右肩が突っ込むというのはいわゆる右が下がったりとか、身体が傾いたり、左に傾いたりということで右腕の長さが変わってしまったり、クラブが大きく飛び出してしまったりということで右肩が出ている感覚になってしまう、というのが原因になります。
それをしないために、まずアドレスで右手が構えた時にあまり、こう持っていると右手って上にあるのですが、意外とアドレス構えた時になると、やはり下になっているので下のほうで持っているような感覚になってしまいますので、まずはそこを身体の前で構えて、左右均等で持っているような感覚、で、右手の方がこうやって持っていると上にあるような状態を維持してアドレスに入ってゆくという感覚を持つということが大切になります。
最初からこのように下に持っているようなイメージですと、右手で下にこう届かせて、すくっているような形になってしまいますので、右手が上にあった状態をキープしたまま上から入れていくようなイメージで打っていただければボールに当たりやすいですし、右肩が出なくなります。
このように下に、一回右手が下にいってから上げようとしてしまうとすくい打ちのような形になってしまいますので、そのへんに気をつけて、身体の前で左右均等に持っているような形で、そのまま上からボールが叩けるような姿勢を作っていけると右肩が出ないようなイメージが付いてくるのではないかなと思います。

[動画有り]伸びやかなスイングをする簡単裏ワザ

ゴルフでは、今よりももっと飛距離が欲しい、遠くへ飛ばしたいと誰もが思っています。
いいスイングなのに飛距離が出ない、という人も多いのではないでしょうか。
ちょっとした動きでより遠くへ飛ばせる方法があるとしたら、これを参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーの飛距離アップのためのポイントを説明していきます。
今回のポイントは何かというと、足です。
ドライバーでスピードを出してクラブを振るときに、重要な要素は何かというと、上半身の動きももちろんありますけれども、下半身の動き、これがすごく大事になってきます。
その下半身を動かし易くする、そのための一つ、練習法をお伝えします。
やっていただきたいのは、構えて、この状態から足を右かかと、左かかとを上げるように、歩くようなイメージでかかとを上げていきましょう。
こういう感じですね、右上げる、左上げる。
この動きをアドレスをしたら行っていただいて、この動きのままアドレスをして、いちど止まったら、そこからまた同じように右かかとを上げて、右かかとを下ろして振り上げる。
そして下ろすときには左かかとを下ろしてくると、この足の動きに連動させてクラブを振っていきましょう。
多くの飛距離が出ない方というのは、一度再現してみますけれど、アドレスをしたら下半身が固まってしまって、ジーッと止まった状態から腕だけでこうスイングするような形になりがちです。
今のような、足踏み、これを積極的に使うことによって足を使うイメージというのが促進されます。
こういったイメージですね。
この状態から一度アドレスを作り、同じように右かかとを上げて、踏み下ろしてフィニッシュ。
このように足を使うことによってスイング全体が大きくなり、よりスピードも出やすくなってきます。
こういった感じですね。
アドレスでじとっと止まっているのではなくて、足踏みをしてそのイメージで、スイング中も足を使ってスイングしましょう。
このフットワーク、とても大事ですよ。

ゴルフ上達レッスン 大きなフォローで飛距離アップ

ゴルフスイングで、たまにフィニッシュが小さくまとまってしまう人がいます。
どうせなら、プロゴルファーみたいに大きなフィニッシュを取りたいです。
その練習ドリルの紹介です。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
皆さんこんにちは。
今日は、フォロースルーを少し綺麗に取れるドリルをご紹介します。
よく、ここでクラブをたたんでしまう人や、小さくなってしまう人を良く見かけますが、こういう人に取っておきのドリルですので実践してみて下さい。
ボールを打たずに素振りで行います。
アドレスして、バックスイングは普通に上げて、インパクト直前で右手を離します。
もう一度、振ってみます。
このようにインパクト直前で右手を離すとフォローがクラブの重みで大きく取ることが出来ます。
皆さん、一度実践してみて下さい。
以上です。

【ビデオ】ボール並べて曲げないショットを/絶対気をつけてほしいこと

ゴルフでは、自分では上手く打ったつもりでも方向が左右にズレてしまったためにグリーンに乗らない、バンカーに捕まった、などということがよくあります。
この、左右のズレを修正する良い練習方法を紹介しています。
参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回は、コースでボールが右へ行ったり左へ行ったり、ターゲットに対して打ち出し方向が左右へズレることによって狙った方向へ行かない、といった悩みを持った方に有効な練習方法を紹介していきたいと思います。
ボールが左へ飛び出す原因は、インパクトでスイング軌道が外側から内側のアウトサイド軌道が原因となります。
逆にボールが右へ飛び出してしまう人は、インパクトでのスイング軌道が内側から外側に振られるインサイドアウト軌道が原因となるわけですが、インパクトでのスイング軌道を改善する練習方法を今回は紹介していきたいと思います。
まず、ボールが左へ飛び出してしまう方、アウトサイドイン軌道になっている方は実際に打つボールの右奥と左手前にボールをセットして、真ん中のボールにアドレスを行っていきます。
この時、クラブが外から内のアウトサイドイン軌道になってしまうと、右奥と左手前のボールを打ってしまいますので左右のボールを打たないように真ん中のボールだけ捉えるように打っていきます。
逆に、ボールが右へ飛び出してしまう、内側から外のインサイドアウト軌道になっている方は、実際に打つボールの右手前と左奥に、このように斜めにボールをセットしていきます。
そして、真ん中のボールにアドレスを行って、内側から外に振ってしまうと右手前と左奥のボールを打ってしまいますので、左右のボールを打たないように、真ん中のボールだけ捉えるようにスイングを行っていきます。
このように、実際のボールの左右斜めにボールを置くことでインサイドアウトやアウトサイドイン軌道を視覚的に抑制してくれますので、軌道が改善され、そしてボールの打ち出し方向が安定してくるというわけなのです。
是非、ボールの打ち出し方向が左右ズレてしまうという悩みを持った方は、こんな練習方法を試してみて下さい。

スライス退治!左肩を開かないで打つ (1)

ゴルフでやっかいなものがスライスです。
スライスを直すには左肩を開かないように打てと言われる人も多いと思いますが、どうの様にすれば左肩が開かなくなるのでしょう。
ヒントを教えてくれています。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
今日は、ズバリ身体の正面とはどんな感じかというのを説明したいと思います。
一般にですね、はい、構えて下さい、バックスイングして、戻してくる、クラブ戻してきて、身体の正面。
プロならこのような身体の正面、捉えることができますけど、アマチュアの場合はトップから上げて、だいたい正面戻してきた時には身体は開いています。
ね、身体は開いてインパクトしてしまう。
そうするとやっぱりボールが左右に散らばるので、本当の意味で正面というのを説明したいと思います。
回れ右して下さい。
そしてクラブをボールに合わせて下さい。
こんな感じですね。
そして、クラブを上げて下さい。
肩のラインに、はい。
そして、少し正面ですね、肩、身体が左肩開かないようにクラブうまく半径合わせて丸く戻してきます。
もう一回、はい、もう一回やってください。
こんどはグイっと左ひざがグッと、左ひざの方に、前に体重乗ってきます。
はい、こんな感じですね。
じゃあ、一回打ってみましょう。
はい、ナイスショット。
クラブ、身体をパスして行ったんですね。
もう一回、素振りだけやってみてください。
クラブが身体をパスして身体開いていませんね。
そのまま正面向いてください。
もう一回。
クラブを戻してきて、上げて、クラブを正面に戻す。
はい、そのまま右足前に出して正面向いてみてください。
もう一回上げてみてください。
バックスイング、左肩開かないように、こんな感じ。
もう一回。
右肩置いておいちゃうのです、右肩を開かない、そう半身ですよね、身体こっち向いてますものね、こっち、斜め右向いてますものね。
右手付けてみてください。
こんな感じがね、身体の正面なのですよ。
一般の方はね、左の肩が開くのが早いです。
じゃあ、そんな感じで一発打ってみましょう。
はい、ありがとう。
是非、皆さんも、今の半身の形で打つドリル是非、やってみてください。
誰でも丸く、左腕のクラブの半径変わらなければ届きますので、皆さんにもお勧めです。

インパクトで左脇があきスライスが出ます。直し方を教えて下さい。

ゴルフではインパクトで左ひじが引けてしまって打っている人を多く見かけます。
ボールの行方も定まらないですし、カッコ悪いですね。
これを直す良い方法はないのでしょうか、是非これをご覧下さい。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
インパクトで左脇が空いてスライスが出てしまいますというご質問をいただきました。
インパクトで左脇が空いていると、確かにスライスしてしまうのですが、左脇が空くのでスライスするのではなくて、左脇が空くことでフェースの向きが開いてボールに当たるので、こう、スライスしてしまうという状態だと思います。
ですから左脇が空いていること自体にスライスする原因、というよりは開いたことによってフェースが開いてしまうというのが原因になります。
ですから、あまりフェースを開かないようにしていれば逆にひじがそんなに身体にくっついていなくてもスライスはしません。
で、ひじの考え方としては、意外とみなさんひじをこのように空いてしまいますから、スライスして右に行くというイメージがあるので、何とかこう、身体にすごくくっつけようとするのですが、これだと逆に身体が回る幅がここにありませんので、ブレーキをかけた状態で身体を回さなければいけませんので、最終的にはフォローで止まってしまって手が返って引っかけなどが出てしまいます。
それを合わせようとするとやはりこのように開いてしまいますので、ある程度バックスイングでも右ひじの空間というのはこのように身体の前にありますので、反対側のフォロー側にもあまりこう、ひじを身体にくっつけるというよりはひじがこのへんに空間があるようなイメージで、この空間に向って身体がこう回ってきて、最終的にはわきが締まっているというようなイメージがあるといいのではないかなと思います。
意外と、締めようとして最終的には空いてしまいますので、空いている空間の中に身体が回ってくるようなイメージで振っていただいた方が自然に当たりますので、あまり締めるというよりは、逆に少しゆとりがある感じのまま身体をしっかり回すという事を考えていただいた方が最終的にひじが伸びやすくなってきますので、変なふうに引けたりというのは少なくなってくると思いますので、注意して練習してみて下さい。

アベレージ編#5_ドラコン王者 安楽プロの飛距離UPレッスン

ゴルフでは、ゴルフクラブを振り上げたときのトップの位置、自分のクラブがどこへ上がっているのかトップの位置って気になりませんか。
でも、それは気にしなくて良いという考え方があります。
それはなぜでしょう。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
それでは今回はトップスイング、トップについて説明したいと思います。
トップというと、要はフラットなトップ、アップライトなトップいろいろあります。
僕自身、トップというものについて考えたことはあまりありません。
なぜかというと、トップというのはアドレスをしました、そこから動きと重心移動でクラブを上げました。
そして上げたところからトップで折り返しますよね。
僕自身トップへ向って上げているというイメージないのですよ。
あくまでも折り返し地点だから、そうすると、上がりました、必ずこの状態から上がった反動で下りてきます。
自分の限界のところがトップです。
どこかというのは全く気にしたことはありません。
ただひとつ気にしているのは、この状態からイチ、ニ、サン、はい、構えておいてイチ、ニ、サン、そうするとリズムさえ揃えれば、ここの上がる位置ってだいたい一定なのですよ。
そのトップへ持ってくるリズムを一定にするためにはどこを動かしているかというと足ですから、ここから左、右、左。
ここから左、右、左、この3拍子を足で取っていただければ手の位置というのは必ず一定になります。
皆さん、行進するときにイチ、ニ、イチ、ニと行進します。
その場合、その二拍子というものは多分、足で取ると思います。
足でリズムさえ取れば、手の位置というのは必ず一定になりますので。
二拍子取りながら、一歩目がここで、二歩目がここで、三歩目ここでなどは絶対に無いですから。
イチ、二、イチ、二、イチ、二と同じところに来ますよね。
それを、この状態からイチ、二、サン、そのトップというのは二とサンの間のどこかですよね。
そうすると、リズムさえ一定ならば同じところにしか上がってきませんので、これが僕のトップですし、切り返し、トップの部分になりますので、僕自身はイチ、二、サン。
安楽さんのトップはどこですか、と聞かれたら二とサンの間、これがトップです、それくらいにしか僕は考えていません。
このような事を、皆さん参考にして頂ければ、ご自分のトップというものが判らないと思います、どこに上がっているかは。
判らなくて良いと思うものを判ろうとすると、スイングの流れが止まりますので是非とも皆さんこれを参考に一度やってみて下さい。