ゴルフスイングの基本 インパクト

ゴルフスイングでは構えやスタンスなど色々な要素がありますが、ボールを打つ基本であるインパクトについても色々な考え方があります。
特に初心者がどう考えて実践すれば良いかについてはこの動画が役に立つと思います。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
インパクトについてです。
インパクトとはボールとクラブが当たる瞬間のことを言いますが、インパクトで大事なのは、まずは身体の中心がボールの位置で、クラブもボールの一直線上で両腕もそれを挟むように身体の真正面で、垂直になるような形でボールと当たってあげると効率がいいと思います。
身体が前にずれて当たっていたりとか、このようにクラブだけが先に当たってしまうと効率が悪くなってしまいますので、身体の中心がボールのライン上にある時に、腕とクラブと全てが一直線上にあって当たってくれるとまず、良いということが判ります。
ボールの位置なのですが、よく身体の中心より左と言われるのですが、それはなぜかというと身体を回転してゆく過程の中で、身体の動きというのは軸を中心なのですけれど、少し左へシフトしてゆく動きがありますのでボールを左に置いておくことでインパクトで当たる瞬間に、身体の中心部分にちょうどボールの位置がくるようになる。
そしてよく耳にするハンドファーストといって、手の方がクラブヘッドより少し前に出た状態で当たるという、こういう状態がありますが、これは身体を回してゆけばほとんどの場合ヘッドが手を追い越すということは絶対にありませんので、何も考えずに身体を回して行けばこのように少し手が前に出た状態になりますので、あまり自分の手の意識でこのように前に出す練習をして行くとこのようにフェースが開いたりして、それを修正するのに手を返すという動きが入ってきたりしてしまいますので、まずは身体の中心でしっかりと身体を回して捉えてあげるというのが大切になりますのでそこを注意してやってみて下さい。

初心者レッスン⑥「足踏みしながらイチ、ニッ!」 板倉由姫乃の『ゼロからゴルフ!』

ゴルフでは、ボールを遠くへ飛ばすには体重移動が大切と言われます。
体重移動と言っても、初心者の人には難しいものですが、ここでやさしく解説しています。
まずは参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ゴルフの動きの中で、大事なポイントは二つあります。
まず一つは回転運動、二つ目は体重移動です。
その中から今回は体重移動をしてみたいと思うのですけど、みなさん、うっ、空振り、ないですか? あっ、ダフって痛い、ないですか?
これを防ぐために体重移動が必要になってきます。
手で打たずに脚も動かしていきましょう。
体重移動を何故、したほうがいいかと言うと、まずは体重移動をすることによって体重をかけられるので飛距離が出たりとか、体重移動をすることによってボールに当たりやすくなります。
空振りとかが少なくなりますよ。
そして身体もスムーズに回せるようになります。
なので、皆さん体重移動をしていってみましょう。
体重移動も、これもコツがあるのです。
体重移動のコツは、まずひざ、ひざです。
ひざを使っていくと体重移動がスムーズに出来ます。
なので、左ひざを右ひざに寄せて、右ひざを左ひざに寄せて、イチ、ニ、イチ、ニという感じでヒザを交互に寄せてみて下さい。
そうすると、あら不思議!
体重移動が出来ちゃいます。
みなさん、やってみてくださいね。
ひざの動きが出来たら、それにリズムをプラスするともっと簡単になります。
左ひざを右ひざに寄せる、これをイチとします。
左ひざに右ひざを寄せる、これを二としますよ。
そして左ひざを右に寄せてイチ、ニ、イチ、ニ、イチ、ニ、イチ、ニ、イチ、ニ、という感じで、リズムを刻みながら体重移動するとずっと簡単になります。
皆さん、練習場でやってみて下さい。

ゴルフ グリップの位置 – 今井純太郎

ゴルフでは、使うクラブによってグリップと身体の位置関係がばらばらになっている人を見ます。
安定して飛ばすにはグリップの位置はとても大切になります。
ここではグリップの位置をそろえる練習方法を教えてくれます。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日は、グリップの位置、このグリップの、アドレスした時の位置ですね。
この位置がどのクラブでも一定になっていると言うことをお伝えしたいと思います。
まず、グリップの位置ですが、これは他の動画レッスンを参考にしてもらって、左腕と胸が、こう、一定のところに来ます。
そこでアドレスをしますとグリップは必ず左のももの内側に来ます。
これは7番アイアンですが、7番アイアンですとボールは真ん中の辺に来ますのでこの位置になり、そしてフェースはこの位置になりこのような形になります。
この時に見てもらうと、シャフトから腕、これが一直線になっている感じになります。
これがこのようになったりとか、また、このようになってしまっては駄目です。
これがショートアイアンになってくるとどうなるかと言いますと、今度はボールは右の位置に来ます。
しかしグリップはここの関係が一緒ですので、この位置です。
そして先ほどの7番アイアンと同じように、このシャフトの裏ラインはこのラインを通って、腕を通って一直線になります。
それでは今度はドライバーです。
ドライバーですと、ボールは左のかかと線上のやや前方になります。
ですので、クラブがかかとの線上に来ます。
そしてその位置から腕を胸の上に乗せて構えます。
そうなりますと、このグリップの位置というのは左ももの内側に来ると思います。
3本を一緒に構えるとこのような形になります。
これがドライバー、そしてこれがミドルアイアン、そしてショートアイアンはこのような形になります。
全てが同じ位置に来ます。
これが後方からですとどうなるかと言いますと、当然ですが、ここが一緒ですのでこのような感じになります。
この距離を保ってもらって同じようになります。
そしてこれになりますと、ほぼ一緒ですのでこうなりまして、ここを同じに保ってぐっと前傾して、このような形になります。
ショートアイアンも同じようにこの関係を保って、このような状態にして、そして前傾します。
どのクラブでも、グリップエンドから身体の距離、これはこの状態になります。
前方ですと、構えた時点では全てがももの内側に来る。
このようなグリップの位置が出来るように練習してみて下さい。

【長岡プロのゴルフレッスン】 「肩を入れる位置」とはここ!肩を回す練習法

ゴルフのラウンド前にはストレッチをする人も多いと思います。
怪我の予防やナイスショットの為には大切なこのストレッチですが、ひとつ加えることでしっかり肩が回ったスイングを体得できる、そんなストレッチを紹介します。
是非、試してみてください。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ラウンド前などにしっかりストレッチなどを皆さんすると思うのですけれど、その時にしっかり肩を回して腕の長さを変えないというイメージを持つための、ちょっとした練習ドリルを紹介したいと思います。
普通にクラブを構えてしまうのではなくて、こういう風に左手は通常の握り方、右手をそのままクラブのネックの方まで手のひらを正面に向けたま握ります。
左手は通常の握り方です。
この状態で、肩の線とシャフトが平行になるように台形の形を作ります。
そして、この状態でしっかりこの台形の形がひし形になってしまったり、腕だけで上げようとするのではなくて、
しっかり背骨を意識して肩を回していきます。
この時も、肩のラインとシャフトの線が平行になるようなイメージを持ち、台形の形を変えないように身体を回転させるイメージを持ちます。
そしてこの場所で、横から見ますとある程度ここで、シャフトが少し斜めになっているようなイメージを持たれるといいと思います。
そして、右手をストーンと落としてやると、けっこう綺麗な形でプレーン上に乗ったバックスイングの途中のハーフスイングあたりの形ですけど、しっかり肩が回っている状態の、いい形になると思うので、こういう形をイメージされるとすごくいいと思います。
フォロースルーでも一緒で、今度は手を入れ替えた状態で握って、右肩を押し込んでいきます。
膝がここでぴょんと伸びてしまったり、身体が流れたりしないようにしっかり顔の場所、後ろの背骨の場所を意識してしっかり回転していきます。
この位置で、少し手をこの場所から入れ替えてクラブを持ってやると、振り抜いていった時の形としてはいい形になっていると思うので、この場所を目がけてスイングをするんだという意識を持たれるといいと思います。
こういう形になってきます。
ここでも台形の形を変えないようなイメージを持ちます。
バックスイングではこういう形。
インパクトしたら手の向きを入れ替えて、振り抜いてやる。
そうすると背骨に対して身体がしっかり回るというイメージが付くと思うので、ストレッチ効果もありますから、ラウンド前などに皆さんもこういうのを少し、やってみて下さい。

フライングエルボーを修正してスライスを直す方法 粕谷 正美

スライスの原因のひとつにフライングエルボーがあります。
ゴルフクラブのフェースの向きが変わってしまって真っ直ぐ飛ばなくなります。
これをストレッチで直してしまおうという企画です。
是非実行してみて下さい。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
フライングエルボーというのは、ひじが外側に向いてしまう動きですけれども、スイング中にひじが外側に向いてしまいますと、クラブフェースが下を向いてしまいます。
いわゆる開いた状態になってしまって、ダウンスイングで開いたフェースが戻らずに、インパクトでオープンフェースになってスライスしてしまう、という原因になります。
フライングエルボーの主な原因は、肩の深層部分のインナーマッスル、この筋肉が硬くなってしまいますとクラブを、自分ではひじを頑張って空けない様にがんばっても、そもそも肩の筋肉が硬くなってしまいますと、フライングエルボーというのは起きてしまいます。
そこで、有効なストレッチをご紹介します。
まず、右手でグリップを持ちます。
そしてシャフトを腕の外側のあたりに当てます。
そして、左手でクラブを上の方にぐーっと持ち上げて、大体この姿勢を10秒くらいキープします。
これを反対側、左のひじですね。
左のひじもこのようにフライングエルボーになっている人が非常に多いです。
まず左手でグリップを握って、シャフトを左腕の外側に当てて、右手でしっかリ上の方に持ち上げてあげる。
このストレッチを10秒くらいキープして、これを2セットから3セットくらい、練習する前とかラウンドの前にやっていただくと、自然にフライングエルボーがなくなってきて、フェースの向きがスクエアな状態を保って、よりストレートなボールが打ちやすくなると思います。
是非試してみて下さい。

ゴルフ飛距離アップレッスン タイガーウッズもやってる「ミート率を上げて飛ばす」方法

飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げることは大切です。
でも、ミート率を上げる方がもっと易しいかもしれません。
その、ミート率を上げるレッスン方法を紹介します。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム
g2
今回の飛距離アップレッスンは、ミート率を上げて効率よくボールを飛ばすのをテーマにやっていこうと思います。
ミート率とは自の持っているパワーを最大限ボールに伝えるということです。
ミート率を上げる上で、いちばん重要なのはスイング中、アドレスで出来たこの前傾角度をスイング中キープして、スイングするのが重要になってます。
上手く当たらなかったり、強い当たりが出ないという方の多くは、アドレスの前傾角度よりインパクトで伸び上がってスイングしています。
そこで注意するポイントなのですけども、アドレスでお尻の位置がスイング中変わらないように常に意識しながらスイングしましょう。
例えば壁にお尻をつけて、壁からお尻が離れないようにスイングするというのがポイントになってます。
では、1球打ってみたいと思います。
このように前傾角度をキープしてスイングできると、自然と力強いインパクトになります。
是非試してみて下さい。