ゴルフスイングの基本 インパクト

ゴルフスイングでは構えやスタンスなど色々な要素がありますが、ボールを打つ基本であるインパクトについても色々な考え方があります。
特に初心者がどう考えて実践すれば良いかについてはこの動画が役に立つと思います。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
インパクトについてです。
インパクトとはボールとクラブが当たる瞬間のことを言いますが、インパクトで大事なのは、まずは身体の中心がボールの位置で、クラブもボールの一直線上で両腕もそれを挟むように身体の真正面で、垂直になるような形でボールと当たってあげると効率がいいと思います。
身体が前にずれて当たっていたりとか、このようにクラブだけが先に当たってしまうと効率が悪くなってしまいますので、身体の中心がボールのライン上にある時に、腕とクラブと全てが一直線上にあって当たってくれるとまず、良いということが判ります。
ボールの位置なのですが、よく身体の中心より左と言われるのですが、それはなぜかというと身体を回転してゆく過程の中で、身体の動きというのは軸を中心なのですけれど、少し左へシフトしてゆく動きがありますのでボールを左に置いておくことでインパクトで当たる瞬間に、身体の中心部分にちょうどボールの位置がくるようになる。
そしてよく耳にするハンドファーストといって、手の方がクラブヘッドより少し前に出た状態で当たるという、こういう状態がありますが、これは身体を回してゆけばほとんどの場合ヘッドが手を追い越すということは絶対にありませんので、何も考えずに身体を回して行けばこのように少し手が前に出た状態になりますので、あまり自分の手の意識でこのように前に出す練習をして行くとこのようにフェースが開いたりして、それを修正するのに手を返すという動きが入ってきたりしてしまいますので、まずは身体の中心でしっかりと身体を回して捉えてあげるというのが大切になりますのでそこを注意してやってみて下さい。

初心者レッスン⑥「足踏みしながらイチ、ニッ!」 板倉由姫乃の『ゼロからゴルフ!』

ゴルフでは、ボールを遠くへ飛ばすには体重移動が大切と言われます。
体重移動と言っても、初心者の人には難しいものですが、ここでやさしく解説しています。
まずは参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ゴルフの動きの中で、大事なポイントは二つあります。
まず一つは回転運動、二つ目は体重移動です。
その中から今回は体重移動をしてみたいと思うのですけど、みなさん、うっ、空振り、ないですか? あっ、ダフって痛い、ないですか?
これを防ぐために体重移動が必要になってきます。
手で打たずに脚も動かしていきましょう。
体重移動を何故、したほうがいいかと言うと、まずは体重移動をすることによって体重をかけられるので飛距離が出たりとか、体重移動をすることによってボールに当たりやすくなります。
空振りとかが少なくなりますよ。
そして身体もスムーズに回せるようになります。
なので、皆さん体重移動をしていってみましょう。
体重移動も、これもコツがあるのです。
体重移動のコツは、まずひざ、ひざです。
ひざを使っていくと体重移動がスムーズに出来ます。
なので、左ひざを右ひざに寄せて、右ひざを左ひざに寄せて、イチ、ニ、イチ、ニという感じでヒザを交互に寄せてみて下さい。
そうすると、あら不思議!
体重移動が出来ちゃいます。
みなさん、やってみてくださいね。
ひざの動きが出来たら、それにリズムをプラスするともっと簡単になります。
左ひざを右ひざに寄せる、これをイチとします。
左ひざに右ひざを寄せる、これを二としますよ。
そして左ひざを右に寄せてイチ、ニ、イチ、ニ、イチ、ニ、イチ、ニ、イチ、ニ、という感じで、リズムを刻みながら体重移動するとずっと簡単になります。
皆さん、練習場でやってみて下さい。

ゴルフ グリップの位置 – 今井純太郎

ゴルフでは、使うクラブによってグリップと身体の位置関係がばらばらになっている人を見ます。
安定して飛ばすにはグリップの位置はとても大切になります。
ここではグリップの位置をそろえる練習方法を教えてくれます。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日は、グリップの位置、このグリップの、アドレスした時の位置ですね。
この位置がどのクラブでも一定になっていると言うことをお伝えしたいと思います。
まず、グリップの位置ですが、これは他の動画レッスンを参考にしてもらって、左腕と胸が、こう、一定のところに来ます。
そこでアドレスをしますとグリップは必ず左のももの内側に来ます。
これは7番アイアンですが、7番アイアンですとボールは真ん中の辺に来ますのでこの位置になり、そしてフェースはこの位置になりこのような形になります。
この時に見てもらうと、シャフトから腕、これが一直線になっている感じになります。
これがこのようになったりとか、また、このようになってしまっては駄目です。
これがショートアイアンになってくるとどうなるかと言いますと、今度はボールは右の位置に来ます。
しかしグリップはここの関係が一緒ですので、この位置です。
そして先ほどの7番アイアンと同じように、このシャフトの裏ラインはこのラインを通って、腕を通って一直線になります。
それでは今度はドライバーです。
ドライバーですと、ボールは左のかかと線上のやや前方になります。
ですので、クラブがかかとの線上に来ます。
そしてその位置から腕を胸の上に乗せて構えます。
そうなりますと、このグリップの位置というのは左ももの内側に来ると思います。
3本を一緒に構えるとこのような形になります。
これがドライバー、そしてこれがミドルアイアン、そしてショートアイアンはこのような形になります。
全てが同じ位置に来ます。
これが後方からですとどうなるかと言いますと、当然ですが、ここが一緒ですのでこのような感じになります。
この距離を保ってもらって同じようになります。
そしてこれになりますと、ほぼ一緒ですのでこうなりまして、ここを同じに保ってぐっと前傾して、このような形になります。
ショートアイアンも同じようにこの関係を保って、このような状態にして、そして前傾します。
どのクラブでも、グリップエンドから身体の距離、これはこの状態になります。
前方ですと、構えた時点では全てがももの内側に来る。
このようなグリップの位置が出来るように練習してみて下さい。

【長岡プロのゴルフレッスン】 「肩を入れる位置」とはここ!肩を回す練習法

ゴルフのラウンド前にはストレッチをする人も多いと思います。
怪我の予防やナイスショットの為には大切なこのストレッチですが、ひとつ加えることでしっかり肩が回ったスイングを体得できる、そんなストレッチを紹介します。
是非、試してみてください。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ラウンド前などにしっかりストレッチなどを皆さんすると思うのですけれど、その時にしっかり肩を回して腕の長さを変えないというイメージを持つための、ちょっとした練習ドリルを紹介したいと思います。
普通にクラブを構えてしまうのではなくて、こういう風に左手は通常の握り方、右手をそのままクラブのネックの方まで手のひらを正面に向けたま握ります。
左手は通常の握り方です。
この状態で、肩の線とシャフトが平行になるように台形の形を作ります。
そして、この状態でしっかりこの台形の形がひし形になってしまったり、腕だけで上げようとするのではなくて、
しっかり背骨を意識して肩を回していきます。
この時も、肩のラインとシャフトの線が平行になるようなイメージを持ち、台形の形を変えないように身体を回転させるイメージを持ちます。
そしてこの場所で、横から見ますとある程度ここで、シャフトが少し斜めになっているようなイメージを持たれるといいと思います。
そして、右手をストーンと落としてやると、けっこう綺麗な形でプレーン上に乗ったバックスイングの途中のハーフスイングあたりの形ですけど、しっかり肩が回っている状態の、いい形になると思うので、こういう形をイメージされるとすごくいいと思います。
フォロースルーでも一緒で、今度は手を入れ替えた状態で握って、右肩を押し込んでいきます。
膝がここでぴょんと伸びてしまったり、身体が流れたりしないようにしっかり顔の場所、後ろの背骨の場所を意識してしっかり回転していきます。
この位置で、少し手をこの場所から入れ替えてクラブを持ってやると、振り抜いていった時の形としてはいい形になっていると思うので、この場所を目がけてスイングをするんだという意識を持たれるといいと思います。
こういう形になってきます。
ここでも台形の形を変えないようなイメージを持ちます。
バックスイングではこういう形。
インパクトしたら手の向きを入れ替えて、振り抜いてやる。
そうすると背骨に対して身体がしっかり回るというイメージが付くと思うので、ストレッチ効果もありますから、ラウンド前などに皆さんもこういうのを少し、やってみて下さい。

【ビデオ】ホントは教えたくないハンドファースト練習法

ゴルフではアイアンショットの憧れはダウンブローだと思います。
しっかりボールを捉えて飛距離も伸びるダウンブローを習得するための練習方法の紹介です。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今日は、アイアンでハンドファーストを作り、飛距離アップを図ろう、という話をします。
アイアンは、ハンドファーストでインパクト出来ればロフトが立ち、球が強く飛び飛距離アップすることが出来ます。
ただ、それが判っていてもハンドファーストでインパクトが出来ない、ハンドファーストはどうやったら出来るか、どういった練習をしたら出来るのかが判らないという方も少なくないはずです。
今日は、私がいままでやってきた中で、いちばん効果のあったハンドファーストの練習、そしてそれは今でもレッスンで、ハンドファーストが出来ない方へ必ずいちばん最初にやってもらっているドリルでもあります。
それを今日、皆さんにご紹介いたします。
そのために必要なものがあります。
タオルです。
タオルを四つ折にして使います。
どう使うかというと、ボールの手前に置くだけなのです。
ボールの手前に置くといっても必ずスイング軌道上に置いてください。
なぜ、スイング軌道上に置くかというと、このタオルには触ってはいけないというルールを付けるからです。
テークバック、もしくはダウンスイングでクラブヘッドがタオルに触らないように気を付けてください。
それでは、打っていってみます。
最初は肩から肩へのスイングで始めていくといいと思いますが、自信がなければビジネスゾーンからでも構いません、腰から腰のスイングでも構いません。
これでまず、しっかりと打つことが出来たら5センチ、10センチ、どんどんと近づけていってみます。
いちばん近づけても20センチで構わないと思います。
ただ20センチになるとずいぶん近く感じると思います。
20センチです。これを肩から肩で打っていきますが、この時にやはりちょっと近いなぁ、と感じ過ぎてしまって、テークバック、そしてダウンスイングで当てたくないという気持ちから、トップで左足体重そして軸ブレ、という動きを起こしてしまう人がたまにいます。
しっかりと、ボールを同じ目線から見ることによって左体重そして軸ブレといったものを防いでいきたいです。
同じようにしっかりと右足に体重を乗せて、打っていく。
これをするとハンドファーストが強くなります。
クラブをテークバックで高い位置に上げて、そして下ろしていく。
こうすると、勝手にハンドファーストが出来るんですね。
ハンドファーストが出来ていない方はどうなってしまうかというと、クラブヘッドを早くほどいてしまって、落としてしまう動きが入ってくるので、こうなります。
タオルと一緒にボールも飛んでいってしまいますね。
こういったことが起こってしまったら、残念ながらハンドファーストが出来ていないので、しっかりとビジネスゾーン、小さいスイングから丁寧に練習していくことをお勧めします。
ハンドファーストが出来れば、簡単に飛距離は上がります。
そうすることでひとつ番手が下がって打てるので、グリーンに乗せるショットというのは確率が上がってきます。
そうすれば、皆さんの飛距離はどんどん良くなっていきます。
飛距離アップをすることでスコアアップ、というのは繋がっているわけでもありませんが、きっと易しくなってくるはずです。
ゴルフが易しくなってくると思います。
飛距離アップをするために、これからも皆さんへどんどんアドバイス、いろいろな練習方法をご紹介していこうと思っております。
是非一緒に頑張っていきましょう。

右肩が突っ込んでしまう【その1】アドレス右手下の感覚?

ゴルフのスイングに関する悩みはたくさんありますが、右肩が突っ込んでしまうというのも、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
その原因と、対処法です。
参考にしてみてください。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
右肩が突っ込んでしまうというお悩みについてです。
右肩が突っ込んでしまうという事は色々な原因が重なってますが、まずアドレスについてです。
アドレスが、右手がこう、長い状態で持っているような人というのは最初から右肩が下がった状態になっていますので、右肩が突っ込むというのはいわゆる右が下がったりとか、身体が傾いたり、左に傾いたりということで右腕の長さが変わってしまったり、クラブが大きく飛び出してしまったりということで右肩が出ている感覚になってしまう、というのが原因になります。
それをしないために、まずアドレスで右手が構えた時にあまり、こう持っていると右手って上にあるのですが、意外とアドレス構えた時になると、やはり下になっているので下のほうで持っているような感覚になってしまいますので、まずはそこを身体の前で構えて、左右均等で持っているような感覚、で、右手の方がこうやって持っていると上にあるような状態を維持してアドレスに入ってゆくという感覚を持つということが大切になります。
最初からこのように下に持っているようなイメージですと、右手で下にこう届かせて、すくっているような形になってしまいますので、右手が上にあった状態をキープしたまま上から入れていくようなイメージで打っていただければボールに当たりやすいですし、右肩が出なくなります。
このように下に、一回右手が下にいってから上げようとしてしまうとすくい打ちのような形になってしまいますので、そのへんに気をつけて、身体の前で左右均等に持っているような形で、そのまま上からボールが叩けるような姿勢を作っていけると右肩が出ないようなイメージが付いてくるのではないかなと思います。

ゴルフ上達レッスン 大きなフォローで飛距離アップ

ゴルフスイングで、たまにフィニッシュが小さくまとまってしまう人がいます。
どうせなら、プロゴルファーみたいに大きなフィニッシュを取りたいです。
その練習ドリルの紹介です。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
皆さんこんにちは。
今日は、フォロースルーを少し綺麗に取れるドリルをご紹介します。
よく、ここでクラブをたたんでしまう人や、小さくなってしまう人を良く見かけますが、こういう人に取っておきのドリルですので実践してみて下さい。
ボールを打たずに素振りで行います。
アドレスして、バックスイングは普通に上げて、インパクト直前で右手を離します。
もう一度、振ってみます。
このようにインパクト直前で右手を離すとフォローがクラブの重みで大きく取ることが出来ます。
皆さん、一度実践してみて下さい。
以上です。

【ビデオ】ボール並べて曲げないショットを/絶対気をつけてほしいこと

ゴルフでは、自分では上手く打ったつもりでも方向が左右にズレてしまったためにグリーンに乗らない、バンカーに捕まった、などということがよくあります。
この、左右のズレを修正する良い練習方法を紹介しています。
参考にしてみて下さい。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
今回は、コースでボールが右へ行ったり左へ行ったり、ターゲットに対して打ち出し方向が左右へズレることによって狙った方向へ行かない、といった悩みを持った方に有効な練習方法を紹介していきたいと思います。
ボールが左へ飛び出す原因は、インパクトでスイング軌道が外側から内側のアウトサイド軌道が原因となります。
逆にボールが右へ飛び出してしまう人は、インパクトでのスイング軌道が内側から外側に振られるインサイドアウト軌道が原因となるわけですが、インパクトでのスイング軌道を改善する練習方法を今回は紹介していきたいと思います。
まず、ボールが左へ飛び出してしまう方、アウトサイドイン軌道になっている方は実際に打つボールの右奥と左手前にボールをセットして、真ん中のボールにアドレスを行っていきます。
この時、クラブが外から内のアウトサイドイン軌道になってしまうと、右奥と左手前のボールを打ってしまいますので左右のボールを打たないように真ん中のボールだけ捉えるように打っていきます。
逆に、ボールが右へ飛び出してしまう、内側から外のインサイドアウト軌道になっている方は、実際に打つボールの右手前と左奥に、このように斜めにボールをセットしていきます。
そして、真ん中のボールにアドレスを行って、内側から外に振ってしまうと右手前と左奥のボールを打ってしまいますので、左右のボールを打たないように、真ん中のボールだけ捉えるようにスイングを行っていきます。
このように、実際のボールの左右斜めにボールを置くことでインサイドアウトやアウトサイドイン軌道を視覚的に抑制してくれますので、軌道が改善され、そしてボールの打ち出し方向が安定してくるというわけなのです。
是非、ボールの打ち出し方向が左右ズレてしまうという悩みを持った方は、こんな練習方法を試してみて下さい。

アベレージ編#5_ドラコン王者 安楽プロの飛距離UPレッスン

ゴルフでは、ゴルフクラブを振り上げたときのトップの位置、自分のクラブがどこへ上がっているのかトップの位置って気になりませんか。
でも、それは気にしなくて良いという考え方があります。
それはなぜでしょう。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
それでは今回はトップスイング、トップについて説明したいと思います。
トップというと、要はフラットなトップ、アップライトなトップいろいろあります。
僕自身、トップというものについて考えたことはあまりありません。
なぜかというと、トップというのはアドレスをしました、そこから動きと重心移動でクラブを上げました。
そして上げたところからトップで折り返しますよね。
僕自身トップへ向って上げているというイメージないのですよ。
あくまでも折り返し地点だから、そうすると、上がりました、必ずこの状態から上がった反動で下りてきます。
自分の限界のところがトップです。
どこかというのは全く気にしたことはありません。
ただひとつ気にしているのは、この状態からイチ、ニ、サン、はい、構えておいてイチ、ニ、サン、そうするとリズムさえ揃えれば、ここの上がる位置ってだいたい一定なのですよ。
そのトップへ持ってくるリズムを一定にするためにはどこを動かしているかというと足ですから、ここから左、右、左。
ここから左、右、左、この3拍子を足で取っていただければ手の位置というのは必ず一定になります。
皆さん、行進するときにイチ、ニ、イチ、ニと行進します。
その場合、その二拍子というものは多分、足で取ると思います。
足でリズムさえ取れば、手の位置というのは必ず一定になりますので。
二拍子取りながら、一歩目がここで、二歩目がここで、三歩目ここでなどは絶対に無いですから。
イチ、二、イチ、二、イチ、二と同じところに来ますよね。
それを、この状態からイチ、二、サン、そのトップというのは二とサンの間のどこかですよね。
そうすると、リズムさえ一定ならば同じところにしか上がってきませんので、これが僕のトップですし、切り返し、トップの部分になりますので、僕自身はイチ、二、サン。
安楽さんのトップはどこですか、と聞かれたら二とサンの間、これがトップです、それくらいにしか僕は考えていません。
このような事を、皆さん参考にして頂ければ、ご自分のトップというものが判らないと思います、どこに上がっているかは。
判らなくて良いと思うものを判ろうとすると、スイングの流れが止まりますので是非とも皆さんこれを参考に一度やってみて下さい。

[動画有り]左にぽーんと体重移動する裏ワザ

ゴルフ初心者のみならず、上級者の人でも出てしまうダフリですが、どうすれば止まるのか、解決方法を知りたいです。
ここで良いヒントをご覧ください。

5ラウンド以内に80~90台に!
↓ ↓ ↓
7日間シングルプログラム

g2
ドライバーでの、コースで出てしまうミスへの対処法、というのをお伝えして行きます。
今回の内容は何かというと、ドライバーでダフってしまう、こうやって地面を叩いてしまう、そういった時への対処法です。
まず、ドライバーでスイングをする際に理想的な動きというのは、振り下ろしてきてクラブが最下点を迎え、そこから少し上がりながら当たる、アッパーブローという形が理想的です。
そうなのですが、ダフってしまったというのは、その最下点がもっともっと手前になりすぎてしまう、その結果手前の地面を叩く、という方が多くいらっしゃるんですね。
ですのでアッパーブローといってもボールの直前で最下点を迎えて、少し上がりながら当たる形が理想なのですけれど、あまり過度に最下点が手前過ぎても良くないので、そうなってしまっている方への対処法になります。
その、最下点が手前にずれてしまっている方というのは、簡単に言うと体重が右に残りすぎてしまっている方です。
そうすると、どうしてもクラブの最下点というのがどんどん手前になってくる傾向があるのです。
ですので体重移動というのを意識してあげると、最下点の位置がだんだんボールの方に寄って行き、過度にダフるというのが消えて行きます。
そこでのひとつの練習法です。
それは何かというと、右足のかかとをあらかじめ少しアドレスの状態から浮かして、このままスイングをして行きましょう。
そうすると、スイングのイメージとしましては、右足かかとを上げておくことで、まずバックスイングで右へ過度に体重移動というのはしづらくなります。
ほぼイメージとしては5対5の体重のまま、その場で振り上げるようなイメージになるでしょう。
そしてダウンスイングでは、かかとを付けられないので右足に体重を残しておくというのが少し難しくなるので自然と左にぽんと乗りやすくなるという傾向があるのですね。
ですので、かかとを上げてバックスイングで右にズレすぎない、そしてダウンスイングで左足にスムーズに乗ってゆく。
こういった体重移動が促され、結果的に最下点の位置がだんだんボール方向に寄って、ダフりというのが出づらくなってきます。
ですので、かかとを上げるスイングというのをひとつやってみると良いかと思います。
一度、打ってみます。
構え、そして右足かかとをあらかじめ浮かします。
浮かした状態で、バックスイングでは右に動きずらいですけどもそのまま回転して、左足に乗って行く。
で、フィニッシュではしっかり右足に体重が残らないような、こういった状態を作ってみてください。
これによってダフリというのは消えてくるのでドライバーを含め、アイアンやフェアウェーウッドなどでもやってみると良いでしょう。