フライングエルボーを修正してスライスを直す方法 粕谷 正美

スライスの原因のひとつにフライングエルボーがあります。
ゴルフクラブのフェースの向きが変わってしまって真っ直ぐ飛ばなくなります。
これをストレッチで直してしまおうという企画です。
是非実行してみて下さい。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
フライングエルボーというのは、ひじが外側に向いてしまう動きですけれども、スイング中にひじが外側に向いてしまいますと、クラブフェースが下を向いてしまいます。
いわゆる開いた状態になってしまって、ダウンスイングで開いたフェースが戻らずに、インパクトでオープンフェースになってスライスしてしまう、という原因になります。
フライングエルボーの主な原因は、肩の深層部分のインナーマッスル、この筋肉が硬くなってしまいますとクラブを、自分ではひじを頑張って空けない様にがんばっても、そもそも肩の筋肉が硬くなってしまいますと、フライングエルボーというのは起きてしまいます。
そこで、有効なストレッチをご紹介します。
まず、右手でグリップを持ちます。
そしてシャフトを腕の外側のあたりに当てます。
そして、左手でクラブを上の方にぐーっと持ち上げて、大体この姿勢を10秒くらいキープします。
これを反対側、左のひじですね。
左のひじもこのようにフライングエルボーになっている人が非常に多いです。
まず左手でグリップを握って、シャフトを左腕の外側に当てて、右手でしっかリ上の方に持ち上げてあげる。
このストレッチを10秒くらいキープして、これを2セットから3セットくらい、練習する前とかラウンドの前にやっていただくと、自然にフライングエルボーがなくなってきて、フェースの向きがスクエアな状態を保って、よりストレートなボールが打ちやすくなると思います。
是非試してみて下さい。

スライス退治!左肩を開かないで打つ (1)

ゴルフでやっかいなものがスライスです。
スライスを直すには左肩を開かないように打てと言われる人も多いと思いますが、どうの様にすれば左肩が開かなくなるのでしょう。
ヒントを教えてくれています。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
今日は、ズバリ身体の正面とはどんな感じかというのを説明したいと思います。
一般にですね、はい、構えて下さい、バックスイングして、戻してくる、クラブ戻してきて、身体の正面。
プロならこのような身体の正面、捉えることができますけど、アマチュアの場合はトップから上げて、だいたい正面戻してきた時には身体は開いています。
ね、身体は開いてインパクトしてしまう。
そうするとやっぱりボールが左右に散らばるので、本当の意味で正面というのを説明したいと思います。
回れ右して下さい。
そしてクラブをボールに合わせて下さい。
こんな感じですね。
そして、クラブを上げて下さい。
肩のラインに、はい。
そして、少し正面ですね、肩、身体が左肩開かないようにクラブうまく半径合わせて丸く戻してきます。
もう一回、はい、もう一回やってください。
こんどはグイっと左ひざがグッと、左ひざの方に、前に体重乗ってきます。
はい、こんな感じですね。
じゃあ、一回打ってみましょう。
はい、ナイスショット。
クラブ、身体をパスして行ったんですね。
もう一回、素振りだけやってみてください。
クラブが身体をパスして身体開いていませんね。
そのまま正面向いてください。
もう一回。
クラブを戻してきて、上げて、クラブを正面に戻す。
はい、そのまま右足前に出して正面向いてみてください。
もう一回上げてみてください。
バックスイング、左肩開かないように、こんな感じ。
もう一回。
右肩置いておいちゃうのです、右肩を開かない、そう半身ですよね、身体こっち向いてますものね、こっち、斜め右向いてますものね。
右手付けてみてください。
こんな感じがね、身体の正面なのですよ。
一般の方はね、左の肩が開くのが早いです。
じゃあ、そんな感じで一発打ってみましょう。
はい、ありがとう。
是非、皆さんも、今の半身の形で打つドリル是非、やってみてください。
誰でも丸く、左腕のクラブの半径変わらなければ届きますので、皆さんにもお勧めです。

インパクトで左脇があきスライスが出ます。直し方を教えて下さい。

ゴルフではインパクトで左ひじが引けてしまって打っている人を多く見かけます。
ボールの行方も定まらないですし、カッコ悪いですね。
これを直す良い方法はないのでしょうか、是非これをご覧下さい。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
インパクトで左脇が空いてスライスが出てしまいますというご質問をいただきました。
インパクトで左脇が空いていると、確かにスライスしてしまうのですが、左脇が空くのでスライスするのではなくて、左脇が空くことでフェースの向きが開いてボールに当たるので、こう、スライスしてしまうという状態だと思います。
ですから左脇が空いていること自体にスライスする原因、というよりは開いたことによってフェースが開いてしまうというのが原因になります。
ですから、あまりフェースを開かないようにしていれば逆にひじがそんなに身体にくっついていなくてもスライスはしません。
で、ひじの考え方としては、意外とみなさんひじをこのように空いてしまいますから、スライスして右に行くというイメージがあるので、何とかこう、身体にすごくくっつけようとするのですが、これだと逆に身体が回る幅がここにありませんので、ブレーキをかけた状態で身体を回さなければいけませんので、最終的にはフォローで止まってしまって手が返って引っかけなどが出てしまいます。
それを合わせようとするとやはりこのように開いてしまいますので、ある程度バックスイングでも右ひじの空間というのはこのように身体の前にありますので、反対側のフォロー側にもあまりこう、ひじを身体にくっつけるというよりはひじがこのへんに空間があるようなイメージで、この空間に向って身体がこう回ってきて、最終的にはわきが締まっているというようなイメージがあるといいのではないかなと思います。
意外と、締めようとして最終的には空いてしまいますので、空いている空間の中に身体が回ってくるようなイメージで振っていただいた方が自然に当たりますので、あまり締めるというよりは、逆に少しゆとりがある感じのまま身体をしっかり回すという事を考えていただいた方が最終的にひじが伸びやすくなってきますので、変なふうに引けたりというのは少なくなってくると思いますので、注意して練習してみて下さい。

スライスしないテークバック

ゴルフをする上で、なかなか厄介なのがスライスです。
そのスライスが、テークバックの上げ方に工夫を加えるだけで直るとしたら嬉しいですね。
どのような方法なのでしょうか。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
今回紹介するのは、スライスをなくす為のテークバックを紹介していきたいと思います。
スライスをなくす為のテークバックなど、聞いたことがないと思われる方も多いと思います。
が、しかし、スイング軌道で、ダウンスイングの時にスイング軌道がカットスイングからインパクトに入るときに、このようにカットスイングで入ってしまう方は、テークバックの上げる方向が大きく影響していると思います。
それでは紹介していきたいと思います。
それではまず、スライスの原因となるスイング軌道から紹介していきたいと思います。
このようにボールにアドレスした場合、両肩とボールを結ぶこのラインですね、プレーンに対して、ダウンスイングでこのプレーンを追い越してしまって、このようにアウトサイドからインパクト、このようにインパクトしてしまうものがスライスのいちばんの原因となります。
もっとも、スライスをなくす為にはこのラインよりインサイドからインパクトしてゆく事によってボールにドロー回転、フック回転をかけることによってスライスをなくすのですが、この、インサイドからの軌道を作るために練習をする方をよく見ますが、練習されている方を見ると、よく、インサイドを意識しすぎてテークバックでもインサイドに上げようとされている方が多いと思います。
このようにインサイドにテークバックをしてしまうと、このように右ひじと身体に空間が無くて窮屈な状態になります。
この状態でトップを上げてしまうとクラブが下りるところがないので、身体が開いてからインパクト、いわゆるやっぱりカットスイングになってしまうので、テークバックをインサイドに上げすぎるということが、逆に悪循環、カットスイングを作ってしまう原因になります。
ですので今回紹介したいのは、テークバックではインサイドではなくアウトサイドに上げて、ここにクラブの、ダウンスイングの時にクラブが落ちてくるふところを作るというのをポイントとして紹介したいと思います。
それでは、アウトサイドにテークバックを上げると、どのような点でメリットがあるのか紹介していきたいと思います。
テークバックで、アウトサイドに上げるということは、グリップが身体から遠く、大きなトップを作れる、というメリットがあります。
また、このお腹の前ですね、右ひじの下、ここにふところというのですが、テークバックした際、アウトサイドに上げた場合、ここが広くなる。
ここを広くすることによって、ダウンスイングで身体に右ひじが付いてインサイド、という形でヘッドスピードも上がる。
なので、今回はインサイドにテークバックした場合と、アウトサイドにテークバックした場合の違いを打ち比べてみたいと思います。
みて頂いた通り、テークバックの上げる方向を変えるだけで、ダウンスイングの方向が、カットスイングがインサイドに直すことがわかりました。
皆さんもいちど、試してみて下さい。
本日はこれで終了となります。
ありがとうございました。

ゴルフ スライス修正法 インサイドアウト編 – 今井純太郎

ゴルファーなら一度は経験するプッシュスライスやシャンク。
ゴルフをするのがイヤになったり、怖くてクラブを振れなくなったりもします。
そんなプッシュスライスやシャンクを防ぐ方法があるとしたら気になりますね。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
今回は、インサイドアウトに行って目標より右に出てスライスが多い方、またはシャンクなど出てしまう方、そういう方の修正方法をお伝えしたいと思います。
まずひとつはバックスイングですが、バックスイングでよくクラブをこちらに引く、また、体重移動をしないといけないのでこのままバックスイングをして肩が落ちてしまう。
そうしますと身体が回転運動ではなく、こういう運動になってしまうので、上下の運動ですね、そうすると、クラブがこうありますと身体が揺れるとこのようにインサイドから落ちてきやすくなります。
と、いうことで、まずバックスイングで左肩が落ちないように、または腰が横にスエーしないように、ということをチェックしてもらうことをお勧めします。
もうひとつは、今度、トップに行ったとき、トップまで行ったとします。
その状態から、ボールというのは下にあるので、このようにトップに行った時点ではクラブは上にあります。
下のものを上から打とうとしますと、どうしても上から下、上から下の動作になり、この肩が極端に上がってくるという状態になります。
と、いうことで綺麗にバックスイングが出来たとしてみても、そのまま下にあるボールを上から打とうとして、ってなりますと、クラブは当然上から下に動くとこう、インに入りますので、もうひとつのチェックポイントはトップからダウンスイングでこの肩が上がらないように、このようにならないように、これが、このままスーッと、同じ状態で下りてくる。
このような練習をすることをお勧めします。
最後にもう一つ、インサイドに入るとはどういうことかと言いますと、いろいろと連結しているのですが、インに入る腕を意識することも出来ます。
クラブがインサイドに入るということは、腕が浮きます。
こうなると極端にインからアウトに行き、先ほども言ったようにシャンクになってしまったりします。
と、いうことでもう一つ気をつけたいのは、この腕がトップから胸に、胸から離れないように胸にそのまま付いたまま行く。
こうなりますと、トップから腕が離れず、胸に付けようと思いますとインからは下りずに、しっかりとこう、下りてくるようになります。
と、いうことで、この3つのポイント、バックスイングでは腰が移動する、肩が落ちる、こういうことが無いように。
また、トップから、上から下に打とうとして肩が上がり過ぎないように。
そしてもう一つは、このまま腕が身体から離れないように。
それらの感じをチェックしてもらうと、インサイドアウトでプッシュスライス、シャンクなどが修正されてきますので、皆さん、一度試してみて下さい。

【ゴルフレッスン】5秒でできるスライスしないスイング軌道!

ゴルフで多くの人が経験し、悩むのがスライスです。
スコアも、飛距離も損してしまうスライス。
いったいスライスはどういう原因で発生して、どうすれば直るのかを知りたいですね。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
今回はスライスしないスイング軌道です。
スライスの原因は主に、スイング軌道とクラブフェースの向きになります。
スライスする方のほとんどは、アウトサイドインのカット軌道になってしまっています。
そこで、正しいスイング軌道を説明したいと思います。
では、まずアドレス。
アドレスをします。そしてボールと自分の右肩に線を引きます。
この線の内側から入ってくるとアウトサイドインのカット軌道にはなりません。
それでは一度打ってみたいと思います。
それでは練習方法を紹介したいと思います。
まず、通常のアドレスから右足を後方に少し引いて構えます。
その時に肩が、目標と平行になるようにして下さい。
この構えをすることでクラブヘッドがインサイドから振り下ろしやすくなります。
スライサーの方が早く振ろうとすると、どうしても上体が力んでアウトサイドから下りやすくなってしまうので、通常より5割スイングスピードを落として、まずはゆっくりめにインサイドから振り下ろすように練習してみて下さい。

スライスの原因はアウトサイドインの軌道がすべてではありません。

アウトサイドインの軌道が直ったのに、まだスライスが出てしまうとお悩みのゴルファーも多いのではないでしょうか?
では、そのスライスの原因とはいったい何なのでしょう。
ゴルフでのスライスをなくすための試みを研究します。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
スライスの原因についてです。
スライスの原因として主に考えられるのが、バックスイングをこのようにして身体の前方からクラブが下りてきて、打つ方向に対して被さるように入ってきて左へ抜けてしまう、アウトサイドインという状態が、大体スライスの原因と言われています。
しかし、アウトサイドインばかりを気にして、どうしても皆さんインサイドアウトといって背中側からクラブを下ろすような形で振りぬいていくスイングを目指して良くのですが、意外とそれが逆の原因で、振り遅れていってクラブが後からついてくる状態になって、そのせいでフェースが開いてボールに当たってしまうことで右へ飛んでしまうというミスになっていると思います。
ですから、意外と皆さん結構このアウトサイドインという軌道を最初に気にして凄い、何とかインサイドから、インサイドからっていう感じでスイングを作っていくのですが、むしろ軌道は最初、やはり軌道を変えるのって難しいので、まずは身体の動きでクラブをちゃんと振りきれるようなスイングを目指して作っていったほうが良いです。
インサイドアウトであろうが、アウトサイドインであろうが、腕で操作しているうちはどっちの軌道でもやはりうまくボールが飛んでくれませんので、あまり軌道をこう下ろすとかというのを気にしすぎるよりは、まずは身体の動きを常に考えてその身体の動きが適正になってくればクラブの軌道というのもだんだん整ってきますので、自分で腕だけでこう、軌道を変えたり、こう打ったりというのを考えないように注意して下さい。
スライスの原因としてはアウトサイドインとかっていうよりは、どっちかというと身体が開いて逆にインサイドから来てスライス打っている人の方が多いこともあるので注意してみて下さい。

ゴルフ スライスの直し方

初心者ゴルファーも、上級者ゴルファーにもやっかいな問題がスライスですね。
何が原因で球がスライスしてしまうのか、どうすればスライスが直るのかについて是非知りたいですね。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
今日はスライスの直し方を、自分なりに説明していきたいと思いますので宜しくお願いします。
スライスの出る人は、基本的にアウトサイドイン、こういう軌道になっちゃっているんですけど、自分の場合は上半身よりも下半身に問題があると思います。
下半身、ちょっとやってみますね。
スライスになる方は、こういう感じの方が非常に多いです。
今のスイングは、ここまではまあ、良いですね。
ここから下半身がこう行ってしまう。
こう行ってしまうことによって、クラブが外から入る。
こう、こういう感じ。
これによって、クラブの行き場がなくなってこっちに逃げる。
これによってスライスの動きになる。
正しい動きというのは、こうインパクトを迎えますね。
そうしたら、打ってから左足1本で立っていられるように。
こういうのが正しい体重移動、足の使い方だと思います。
この形を覚えるために、まず、このドリル。
普段のアドレスはこうです。
そうしたら自分の身体をこっちに持ってきます。
そして、このボールを、身体を前に出しながら真っ直ぐ飛ばす。
そういうドリルです。
もう一球いきます。
これを4、5球続けたら、今度はこの動きと同じ感じで真ん中にあるボールを打っていきます。
この体重移動によって、スライス、アウトサイドインの軌道がなくなると思います。
皆さん、試してみて下さい。

ダウンスイングでドライバーでのプッシュ、振り遅れを治す

初心者だけではなく、ベテランゴルファーでも悩むことがプッシュスライス、右方向へ大きく飛んで行ってしまうことです。
これは、ダウンスイング以降ゴルフクラブを振り遅れてしまう事が原因であるケースがほとんどです。
どうやって直せばよいのでしょう。

ドライバーのスライスを直したい方必見DVD
↓ ↓ ↓
速効!スライス撲滅プログラム【ゴルフ】

g1
ドライバーでの、いわゆる振り遅れ。
右方向に飛んで行ってしまうボールの対処法です。
プッシュボールが出るということは、大体クラブがこのように振り遅れ、身体の方が早く回りすぎて、クラブが後ろに置き去りにされてフェースが開いているか、もしくはクラブが内側からこのように入ってきて、右方向に出てしまう、それがプッシュしてしまう原因です。
ドライバーはヘッドの容量が大きいので、内側から入っていたものを、手を返してこのように合わせようとしても大きい分なかなか力では返ってきてくれません。
まずはこの、後ろから振り遅れてしまうのを直さなくてはいけません。
振り遅れがこのように起きてしまう一番の原因は、やはり下半身の動きが早く、このように行ってしまう人は振り遅れやすいです。
下半身先行というか、切り返しを下半身で、リズムをこのように取りすぎて、調子の良い時にはタイミングが合うのですが、それがこのようにだんだん身体が流れてしまうような動きにつながって右のプッシュ。
クラブと腕がターンせずにそのまま流れていってしまう。
これが原因になります。
ですから意識としては、この股関節より上のパーツだけでクラブを振るようなイメージで身体を回してあげると、意外と上半身が遅れないのですぐ飛び易くなります。
下半身を使えている人というのは上半身を意識して回しても意外と下半身がしっかり動いてくれますので、上半身、上の部分を少し動かして、意識して打つと。
下半身がちょっと早いと、プッシュボールになりやすいです。
使い方としては、足は支えて土台にする下半身、で、上半身で力を出してゆく。
そういうイメージで振っていただけると安定して出球がそろい易いです。